「紙幣」にまつわる記事

【独占インタビュー】新紙幣の刷新が決まるも全力でハブられる2000円札… / 今の率直な気持ちを本人に聞いてみた

すでにお伝えしているように、財務省が本日2019年4月9日、紙幣を全面的に刷新することを発表した。肖像画になるのは1万円札が渋沢栄一、5000円札が津田梅子、1000円札が北里柴三郎で、発行は2024年度を予定しているという。しかし、残念ながらそこに2000円札の名前はなかった。

2000年に発行された2000円札。言うまでもなく現役バリバリの紙幣である。にもかかわらず、今回の刷新からは全力でハブられた形だ。500円硬貨でさえ変わるというのに……。そこで、今の率直な気持ちを2000円札ご本人に聞いてみることにしたぞ。当サイト独占取材である。

続きを全部読む

【疑問】新紙幣の肖像画になる「渋沢栄一」「津田梅子」「北里柴三郎」ってどんな人? 調べてみた結果…

30年続いた平成が終わり、令和の時代へ突入する日本。2019年4月9日、そんな新時代を予感させるニュースが報じられた。財務省によると偽造抵抗力強化等の観点から、1万円・5000円・1000円の紙幣を全面的に刷新するという。

このタイミングで紙幣が刷新されるなんて、いかにも新時代っぽくていいではないか。ところで1万円の「渋沢栄一」5000円札の「津田梅子」1000円札の「北里柴三郎」って……誰? お恥ずかしながら知識がなかったので調べてみることにした。

続きを全部読む

【お金コラム】少額の会計で「1万円札を出す客」はもっと申し訳なさそうにしろ

久々にキレたぜ……。つい先日、某中華料理チェーンで昼食をとったんですよ。で、お会計をしようとレジに並んでたんです。そしたら前にいた女性客が、1万円札を出すのが見えました。まあ、そういうことってたまにありますよね。

ただですよ。数百円かそこらの会計で万札を使うのって、ちょっと悪いなと思うじゃないですか。だからお金を出す時、「すんません」とか一言添えたりするじゃないですか。なのに、その女性客の態度ときたら……きたら……お、おお……! 久々にキレちまったぜ。

続きを全部読む

【コラム】会計で2000円札を出す時の「これ紙幣としてちゃんと使えるの……?」感は異常

突然だが、あなたは日本円の紙幣が何種類あるかご存じだろうか? なにやら小学生レベルの質問のように思うかもしれない。しかし、私(あひるねこ)は本気で尋ねている。1000円札、5000円札、1万円札、以上……と見せかけ、実はもう1種類あるのだ。再び聞くが、あなたは2000円札の存在を覚えているだろうか?

2000年に発行された2000円紙幣。18年も経っているにもかかわらず、その姿を見る機会は極端に少ない。しかし、ごくまれに自分の手元に回ってくることがある。財布に入っているからには会計で使おうと思うのだが、そんなとき私は不安になるのだ。これ、紙幣としてちゃんと使えるのか? と。

続きを全部読む

シュレッダーで粉々になった紙は元通りにできるのか / 紙幣を再現する動画が見ていて気が遠くなりそう…

外には漏らせない重要な書類などを処分する際、役に立つのがシュレッダー。ボタンひとつで粉々にしてくれるので、おそらくどのオフィスにも1台は置いてあることだろう。

そんなシュレッダーで粉々になった紙は元通りにできるのか。見ているだけでクラクラするチャレンジを撮影した動画があるので紹介しよう。超難しいジグソーパズルを完成させるなど、「かなり根気がある方だ」と自負している人でも気が遠くなりそうだぞ。

続きを全部読む

【事件か】メルカリに続いてAmazonでも “紙幣らしきもの” が出品されている?「業務用」などと意味不明な記載も

先日、フリマアプリ「メルカリ」において、現金が出品されて話題になった。マネーロンダリングにつながる可能性があるとして、メルカリは現行紙幣の出品を禁止するなど、ちょっとした騒ぎになったことは記憶に新しい。

その後もイタチごっこが続いたものの、事態は沈静化したかと思われた。しかし……。なんとあのAmazonにおいても、“紙幣らしきもの” の出品が確認されたのだ。確認されたというか、私(あひるねこ)が独自に発見してしまったと書くのが正確だろう。以下でその詳細をお伝えしたい。

続きを全部読む

【小ネタ】顔認証アプリで紙幣を撮影すると “ちょっとだけ” オモシロい

スマホをお持ちならば、顔認証アプリをインストールしている方も多いことだろう。以前の記事でご紹介した、「MSQRD」や「Snapchat(スナップチャット)」「SNOW(スノー)」などのカメラアプリの一種である。

レンズを向けるだけで、目をキラキラさせたり、顔を入れ替えたりできる顔認証アプリだが、実は生の人間でなくてもバッチリ機能することをご存じだろうか? 今回は、最も身近な “あの人たち” の顔を、顔認証アプリで撮影してみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

『補正アプリ』で海外の紙幣を「デカ目」と「小さ目」に加工したらこうなった

以前の記事で、最近の画像補正アプリはヤバい、「日本の紙幣を加工したらこうなった」とご紹介した。いつも見慣れた日本紙幣、つまり福沢諭吉に樋口一葉、野口英世の3名を補正アプリで目だけ加工したのだが、そのインパクトはあまりにも大きかった。

そこで今回はその第2弾、海外の紙幣「アメリカ・ドル」「韓国・ウォン」「南アフリカ・ランド」を加工してみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【中国】昏睡状態の男性に高額紙幣をチラつかせて「この金が取れたらあげる!」と叫ぶ → 1年以上ぶりに覚醒

絶望的な状況からの思いもよらぬ大逆転、人はそんな事象のことを「奇跡」と言う。

まさに奇跡としか言えないことが中国で起こったそうだ。昏睡状態が続いていた男性に高額紙幣のニオイをかがせたところ、1年以上ぶりに目を覚ましたというのだ。

続きを全部読む

【中国】嫁のために貯めた金・63万円分が嫁によって切り裂かれる / 夫・銀行「1200円分しか復元できず」

「1万円札の製造コストはたった数十円しかかかっていない」というのは有名な話だ。我々はその紙切れを「○○分の価値としましょう」というルールを決めて生活している。大きな価値はあるが紙幣自体は紙切れ、やはりもろいものには違いない。

中国で、男性が妻のために貯めた5万元(約63万円)が、妻の手によって切り裂かれてしまうという事件が起きた。汗水流して働いた対価だとしても、細かく裂かれてしまってはただの紙だ。しかも復元には困難を極め、男性は大金を失うというピンチに陥っている。

続きを全部読む

カナダでプラスチック製の新100ドル札の流通がスタート! 見た目だけじゃなく偽造防止技術もスゴイ!

先週、カナダで新100ドル札の流通がスタートした。その100ドル札、なんとプラスチック製である。その光沢感あふれるクールな見た目がまず目につくが、すごいのは見た目だけではないらしい! ということで、カナダ国外からも注目を浴びている新100ドル札の特徴をまとめてみた。

続きを全部読む