「紅葉」にまつわる記事

【行ってみたい】全国版「紅葉絶景ランキング2018」が発表される / どれもインスタ映え間違いなし

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋……などと並び、秋は「行楽の秋」ともされている。その他にも「スポーツの秋」や「収穫の秋」などもあるから、秋の汎用性の高さは凄まじい。例えば「スマホの秋」なんて意味不明な言葉ですら、何となくしっくり来てしまいそうだから秋は懐が深い。

──それはどうでもいいとして、2018年10月、大手旅行情報誌「じゃらん」が全国版『紅葉絶景ランキング2018』を発表した。その名の通り、どれも甲乙つけ難い絶景ばかりだから、紅葉狩りを計画している人はぜひ参考にして欲しい。

続きを全部読む

【季節限定】「紅葉柿の葉すし」がまるで絵画のような美しさ! 口の中で秋がはじけるよ!!

各地で紅葉の見ごろも過ぎ、冬がすぐそこに迫っている。というか、もう十分寒いよな。もう少し秋を感じていたかったのに、ナンテコッタイ。そんな風に思っているのは記者だけではないだろう。しかし、諦めるにはまだ早いぞ! 

サバやサケを酢飯に乗せ柿の葉でくるんだ「柿の葉寿司」があれば、まだまだ秋を感じることができる。緑色の葉を使ったものがスタンダードだが、奈良のあるお店ではなんと紅葉シーズン限定で赤や黄色の葉で包まれた寿司を味わえる。見た目はまるで絵画のような美しさ。食べるのがもったいなくなるほどの奇麗さだぞ。

続きを全部読む

【11月23日まで】日本三景の「松島」で紅葉ライトアップイベント開催中! 一生に一度は見ないと後悔する “奇跡の美” を逃すな!

「松島や、ああ松島や、松島や」──かの有名な俳人、松尾芭蕉でさえも、「ああ」とだけ発して息を呑んだ美しさを誇る宮城県の『松島』。 京都の天橋立、広島の宮島とともに、日本三景として人気の観光地だ。

そして、松尾芭蕉も愛したその松島で、2015年10月24日~11月23日の期間限定で紅葉ライトアップイベントが絶賛開催中! ということで、写真とともにレポートするぞ〜!! 今しか見られない完全無欠の美を見逃すな!

続きを全部読む

新宿御苑散策路の大イチョウが美しすぎる / 金色に輝く枝葉のカーテンと落ち葉のじゅうたんに思わず息を飲む

秋の深まりを感じ始めたと思ったら、すでに冬の呼び声が聞こえてきている。もうすぐ冬到来。朝夕はすっかり寒くなって、暖房のお世話になっているという人も少なくないはずだ。グッと冷え込みが厳しくなると紅葉も見ごろを迎える。ここのところ天候はあまり芳しくないのだが、晴れたらカメラを携えて、景色の良い場所へと出かけるのもいい。

続きを全部読む

六義園の期間限定「紅葉ライトアップ」が震えるほど美しい / 歴史の息遣いを感じずにはいられない

街並みがクリスマスに彩られ始めた今日この頃。イルミネーションはもちろん綺麗だが、日本人ならもっと “わびさび” を感じていいはず。実は、東京は今がまさに紅葉のシーズンなのだが、「都内でそこまで紅葉が感じられるところある?」という人に朗報だ。

文京区にある都立庭園、六義園(りくぎえん)。JR山手線内とアクセスは抜群な上に、普段から隅々まで手入れされた庭園はこの上なく優雅なのだが……。2014年は11月20日~12月7日の期間限定で、震えるほど美しい「紅葉ライトアップ」が開催されているのだ。 

続きを全部読む