「ブログへの書き込みは10代の若者にとって精神的治療効果がある」という研究結果

過剰なまでのインターネット利用は、しばしばその危険性が危惧されてきた。特に10代の子どもたちにとっては、運動不足や、生身の人間とのコミュニケーション不足に陥ることが懸念される。そのため、ネットは便利な一方で、悪影響も及ぼすという考えがこれまでの主流だった。

しかし、最新の研究によると、そうとも言い切れないらしい。なんと、「ブログに書き込みをすることが、10代の若者にとっては、精神的な治療につながる」というのだ。

続きを全部読む