「竹島」にまつわる記事

韓国政府が竹島の広報動画でNHK映像を無断使用 → 韓国ネットユーザーは「この親日政府がぁ!」とブチギレ

2012年8月、イ・ミョンバク元韓国大統領が島根県・竹島に上陸して以来、冷え込んでいるといわれる日韓関係。そんななか2013年10月に、韓国が島の領有権をアピールする広報動画を制作し、インターネット上で公開した。

ところが、その広報動画に、とんでもない問題があることが判明した。なんとNHKドラマの映像を無断で使用していたのである! 領有権を主張する以前に、モラルの問題を指摘されそうだが、この件に関して韓国人も激怒しているというのだ。

続きを全部読む

【韓国旅日記 ウルルンド編その9】韓国名竹島(チョクト)に行こうとしたら出航直前に突然欠航! いったいナゼ!?

韓国にたびたび観光に出かける男性、木下さん(仮名)の韓国旅日記。今回は、韓国名竹島(チョクト)に上陸しようとしたことについて寄稿頂きました。以下は木下さんによるレポートです。

続きを全部読む

新党を立ち上げたばかりの大阪・橋下徹市長の発言が、物議をかもしている。橋本市長は2012年9月23日に開かれた公開討論会で、島根県・竹島の問題に触れ、韓国と共同管理する認識を示したという。これに対して、インターネットユーザーから批判が殺到し、「何を言っているのだ」や「ダメだこいつ」などのコメントが相次いでいる。

この発言は、橋下市長が代表を務める新党「日本維新の会」に、入党を希望する国会議員らを集めて開かれた公開討論会でのことだ。47NEWSによると、市長はそのなかで、「(竹島は)共同管理の話に持っていくしかない」と述べたそうだ。このことにネットユーザーは次のように反応している。

続きを全部読む

Androidアプリ『竹島争奪戦』に批判殺到! ネットユーザー「ひどいアプリ」「笑えない」「わけわからん」

韓国の李明博大統領が「竹島」に上陸を強行したことにより、日韓の領土問題は緊張を高めている。二国の緊張は政府間のみならず、民間にも少なからず影響を与えている。そんななか竹島を題材にしたAndroidアプリが登場し、物議をかもしている。

その名も『竹島争奪戦』。ネットユーザーからは「ひどいアプリ」や「笑えない」などのコメントが寄せられ、低評価が相次いでいる。

続きを全部読む

【意外と親日!?】「独島博物館」にゆるキャラが存在した! 名前はボギで第二外国語は日本語

韓国・鬱陵島をご存知だろうか? 韓国側から竹島(韓国名:独島)にいちばん近い島で、以前自民党議員が入れなかった島である。筆者の知人も昔この島を訪れたらしいが、入港早々に「他人の領土にかまってないで、揺れてる自国の土地にでも神経使ってろ!」といった垂れ幕が目に入ってきて度肝を抜かれたようである。

まあかなり日本人には居心地が悪い島らしいが、そんな鬱陵島に「独島博物館」というものがある。そう、韓国側が集めた資料がここに展示されているのだ。そして驚くことに、この独島博物館には2つの「ゆるキャラ」が存在するのである。ちょっと前置きが長くなってしまったが、今回はこのゆるキャラをみなさんに紹介したいと思う。 続きを全部読む

竹島問題の検証動画「韓国の古地図に竹島を描いたものは1枚も存在しない」

竹島(韓国名:独島)の領有権の主張で揺れる日本と韓国。自民党議員が、竹島の西北西93キロの位置する鬱陵島(ウルルンド)を視察しようと渡航したところ入国を拒否され、民間人が観光に訪れた際には、韓国警察に連行されるという緊迫した状態が続いている。

そんななか、日本のとあるインターネットユーザーが制作した動画が、YouTubeで注目を集めている。その動画とは、日本の古地図と勧告の古地図を比較したもの。それによると、西暦512年から竹島の領有を主張する韓国の地図には、同島が描かれたことはないというのだ。

続きを全部読む

日本人議員が追い返された韓国の「鬱陵島」へ行ってみた / すぐに警察に連行

韓国で入国拒否をされ、日本人議員が追い返された騒動は記憶に新しい。議員らは韓国の「鬱陵島」(ウルルンド)を視察しようとしただけだが、騒動になることを不安に思った韓国側が入国を拒否したとされている。

そんな騒動のあと、普通に観光として鬱陵島に言った日本人がいた。その日本人観光客A氏から連絡をもらった当編集部は、A氏から寄稿というかたちで鬱陵島のようすを知ることができた。以下は、A氏からの寄稿文である。校正はしたものの、内容はそのままである。
 
続きを全部読む

自民党議員の鬱陵島訪問に韓国民猛抗議 / 過激な踏み絵パフォーマンス

自民党国会議員の視察団が、竹島(韓国名:独島(トクト))に近い鬱陵島(ウルルンド)を訪問すると発表したことを受け、この計画を抗議する集会が、韓国で相次いでいる。

大韓民国枯れ葉剤戦友会や大韓民国父母連合、ライトコリア、独島守護国民連合などは7月29日午後、ソウル市内にある日本大使館前へ集結し「日本の独島侵犯行動に徹底抗戦しよう!」と怒声をあげた。

続きを全部読む

韓国政府「東海と日本海を併記するべき」と主張するも、大韓航空は東海のみの単独表記

大韓航空の利用(公務)を自粛するよう、外務省が全職員に通知していた件で、意外な事実が判明した。

そもそもこの自粛要請は、6月16日、同航空会社の新型旅客機が竹島上空をデモフライトしたことが引き金になっており、外務省はこれを、領空侵犯であると主張していた。この自粛期間は18日から1ヶ月間で、海外の日本大使館の職員も対象となるとのこと。

そして、意外な事実とは、大韓航空機の中で使われる地図すべてが、「East Sea(東海)」と「Dok Do(独島)」で統一されていることである。画面に映し出される地図、機内誌中にある地図などがそれに該当する。

続きを全部読む

竹島問題めぐり韓国教授が「日本が韓国に対し自ら併合を要求する日もそう遠くはないだろう」

先月末、日本の文部科学省が竹島(韓国名:独島)問題を明記した中学校学習指導要領解説書に基づく教科書検定結果を発表。これにすぐさま反応した韓国は抗議行動を開始し、日韓関係に不穏なムードが漂っている。東日本大震災を受けて、多大な支援を率先して行ってきた韓国国民の間にも「恩を仇で返すのか」という声が上がっているのだ。

そんな中、キム・ドンギル名誉教授が4日、日本政府の竹島領有権主張に関連し「我々が、この問題に興奮した態度をとらなければ、何の言い掛かりもつけてこないだろう」と発言。また「日本は、韓国の助けなしでは生き残ることさえできない」と語るなど、強気の発言を繰り広げている。

続きを全部読む