「立ち食いそば放浪記」にまつわる記事

「ディーン富士そば」は実現可能か? 富士そばの広報に聞いてみた / 立ち食いそば放浪記:第191回

俳優、ミュージシャン、映画監督とマルチな才能を発揮するディーン・フジオカさん。そんな彼が生タピオカ専門台湾スイーツカフェ「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」とコラボし、『ディーン・タピオカ』を発売したことは記憶に新しい。

ワードの強さで瞬く間に知れ渡ったこのドリンクについては以前の記事でもご紹介しているが……そんなディーンさんが新たなパワーワードを生み出し話題となっている。その言葉とは「ディーン富士そば」。強い

続きを全部読む

看板に名前の書かれていない立ち食いそば屋に入ったら「感銘」を受けた話 / 立ち食いそば放浪記:第189回 森下・深川『芭蕉そば』

月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり──。これは松尾芭蕉の『おくのほそ道』の一節だが、時間を旅人に例えるところがなんとも芭蕉っぽい。

それほどに旅をしたのが芭蕉で、最後の句も「旅したいなあ」という感じの歌である。そんな松尾芭蕉もほっこりしすぎて永住するレベルのそば屋が、縁の地・東京の深川にあるためお伝えしよう。

続きを全部読む

35.685136139.794621

富士そばの “カップ麺” を元そば屋に食べさせてみた結果 →「これは革命だ」/ 立ち食いそば放浪記:第184回

そばのカップ麺と言えばどん兵衛か緑のたぬき……そんな時代にも終止符が打たれるかもしれない。なぜなら、立ち食いそばチェーンの王者『富士そば』がカップ麺を発売するからだ

2019年11月18日から首都圏のコンビニ・スーパーなどで取り扱い開始となるそうで、その名も「名代富士そば紅生姜天そば(税抜き240円)」である。トッピングが紅生姜天なところに早くも富士そばを感じるが、発売が待たれるこのカップ麺をいち早く入手することができたためお伝えしたい

続きを全部読む

【まぐろそば】マグロの出汁に追いマグロ! 元マグロ卸が独創的なそば屋になったキッカケ / 立ち食いそば放浪記:第133回 浅草

鮮魚の王者マグロ。刺身や寿司など、生魚を使った料理が重要視される日本料理においても主役と言えるだろう。日本料理を愛する私(中澤)はマグロが大好きである。

ある日、浅草を歩いていると「まぐろそば」という看板が目に飛び込んで来た。ファ!? まぐろそばって何じゃい!? 気になったので飛び込んでみたところ……めっちゃマグロ

続きを全部読む

35.71228139.796144