「立ちそば」にまつわる記事

【立ちそば放浪記】秋葉原のラスボス的存在のウマさ! 『川一』は駅から離れていても行く価値あり!!

フラっと入れる気軽さが利点の1つである「立ちそば屋」。必然的に立地は客足に大きく影響してくる。駅の近くに立ちそば屋が多いのは、理にかなっているわけだ。

しかしその一方で、駅から離れているにもかかわらず、客足の途絶えない店もある。ちょっと歩いても行く価値がある、他の店では代用できないレベルの名店。例えば今回ご紹介する秋葉原の『川一』もそのひとつだ。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】丼からはみ出す海老天は都内屈指! 『梅や 神田店』の大海老天そばがつゆ1滴残せないレベルでガチウマ!!

天ぷらの王様・海老天。サクサクの衣とぷりぷりの身が奏でるハーモニーは、他の追随を許さない。そばでも、ちょっと贅沢したい気分にベストマッチな海老天トッピング。海老天サイコー!

だがしかし。残念ながら海老がやたら小さく、衣ばっかりの「ぇび天……」という感じのものが出てくるそば屋も多い。そう、そば屋の海老天は当たりハズレの差が激しいのだ。そんな中、大当たりの海老天そばを見つけたぞ! その名も『大海老天そば(850円)』だ!!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記まとめ】やみつき必至の激ウマ店5選 / 東京でそばを食べるならココだ!!

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。私(中澤)がロケットニュース24にやってきた日から始めたこの連載も、ついに50回目に突入した。

そこで今回は連載50回を記念して、これまでに訪れたそば屋の中でも “やみつき必至の激ウマ店” を5つ厳選してお届けしたい。東京でウマいそばを食べるならココだ!!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】夏イベントという戦場に赴く勇者に手向けられし花束! 新木場『湾岸そば』の「冷やし小松菜生姜天そば」が美しい

コミックマーケット、サマーソニック、ワンダーフェスティバル……お台場りんかい線に集中する夏のイベント。むせかえるような熱気の中、広大な会場が人ごみで真っ黒に塗りつぶされる様子はさながら戦場である。

そんな夏イベントに、東京方面からアクセスする際の入り口が新木場駅だ。言わば、ラストダンジョン前のセーブポイント。今回は、この駅にある『湾岸そば』をご紹介したい。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】キラめく麺とカリカリかき揚げにやみつき必至! 大都会・銀座の路地裏にひっそり佇むガチの名店『歌舞伎そば』

クーラーなしでは過ごせない今日この頃。じりじりした暑さは、夏が本番に向けて力を溜めているようだ。暑いのは辛いが、こんな季節だからこそ冷やしそばをより満喫できると考えると悪くない。

そんな冷やしそばの命は、ツルッといける爽やかなのど越し! ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回は冷やしそばが絶品な路地裏の名店を訪ねた。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】サクサクの巨大かき揚げが絶品! 30年続く初台『加賀』の定番「かき揚げそば」が後の世代にも残したいレベル!!

刻まれたタマネギやにんじん、小エビなどをまとめて揚げるかき揚げ天。色んな具のウマみがにじみ出るサクサクの天ぷらは、そばトッピングの王道である。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。かき揚げ天を売りにしている店は、虎ノ門の『大吉田』など、これまでいくつかあった。だが、サイズと味のバランスで言うと、今回ご紹介する初台『加賀』のかき揚げ天がナンバーワンかもしれない。分厚く巨大なのに、ふわふわサックサクのかき揚げの味はやみつき必至だ!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】見た目味ともにオンリーワン! 「バジル冷そば」が個性的すぎてそばと思えないレベル / 麹町『そばうさ』

パスタやピザなどによく乗っている緑の葉っぱ・バジル。シソっぽい風味のこのハーブは、欧米や東南アジア系料理ではお馴染みの食材だが、日本料理で使われているのはあまり見かけない。しかし、そんなバジルをふんだんに使った冷やしそばが、東京・麹町にあるという。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。さっそく食べに行ってみたら、もはやそばじゃないくらいオンリーワンな代物が出てきたんですが……!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】やみつき必至の暗黒汁! 漆黒の翼を広げる堕天使のそば屋・浅草橋『野むら』

太古の昔から変わらず存在する「闇」。いくら電気が夜を照らそうとも、闇が消えることはない。そんな闇を抱くそば屋が、浅草橋にある『野むら』だ。一度沈んだら上がって来られないような深淵を感じさせる真っ黒なそば汁は、人呼んで「野むらの暗黒汁」。はたして、その味やいかに!?

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】日本全国のそばが代々木に集結! 大江戸そば博に行ってきた / 福井の越前そばが激ウマ!!

抜けるような青い空、まぶしい太陽の光。ここ数日、降り続いた雨が嘘のようだ。梅雨の合間に訪れたこのチャンスを目いっぱい満喫すべく、私(中澤)は代々木に向かった。なんで代々木かって? 実は今、代々木には日本全国の名高いそば処からご当地そばが集まっているのだ

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。2016年6月16日から4日間、日本最大級のそば・日本酒イベント「大江戸和宴(おおえどわえん)」内の大江戸そば博に行ってきたぞ!!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】清流のような爽やかさ! 高田馬場のそば屋『こばやし』が夏に最適 / ATSUSHI もグラサンを取るレベル

暑し暑し暑し! ATSUSHI(from EXILE)!! あまりの暑さで ATSUSHI さんばりに胸元をチラつかせてしまいそうだ。それもそのはず、暦はすでに6月に突入している。気象庁の発表によると、6月5日に関東地方は梅雨入りしたとのこと。

食欲の減退するこの季節こそ、そばを食べるしかない。ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回訪れたのは、そんな季節に最適な「もりそば」がウマい店。高田馬場の『こばやし』だ。清流のような爽やかなそばは、ATSUSHI さんもグラサンを取るレベルだぞ

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】新感覚すぎる! 元フレンチのシェフが作った創作そばがどう考えても “ラーメン” な件 / 三田『a la 麓屋』

古くから美食の伝統があるフランス。有名なレストラン格付けガイドブック『ミシュランガイド』も、食通を表す『グルメ』という単語もフランス発である。言わば料理の権威! そんな国で宮廷料理として発達したのがフランス料理だ。「フレンチのシェフ」という肩書きだけで、「凄いかも……」と思ってしまうのは、私(中澤)だけではあるまい。

今回ご紹介するのは、元フレンチシェフが信州でそば修行をした末にたどり着いた新感覚のお店。その名も『a la 麓屋(アラふもとや)』だ。ここのそばは凄いぞ! トロケる煮卵にボリューム感あるチャーシュー、極めつけはニンニク香る濃厚な汁……ってこれ完全にラーメンやないかァァァアアア!!!!!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】丼からはみ出す特大イカ天と香り深い太麺にやみつき必至! 中野北口商店街の番人『田舎そば かさい』

住宅街として人気の街・中野。駅前商店街をちょっと小道に入れば、昔ながらの温かさを感じる飲食店が軒を連ねる。中華、焼き鳥、お好み焼き……なんでもござれで活気にあふれる様子は、適当に入っても名店に当たりそうな雰囲気だ。中野に来ると、散歩したくなるのは私(中澤)だけではあるまい。

そんな中野の北口商店街入り口に番人のようにたたずむのが『田舎そば かさい』である。田舎そばにこだわりが無かった私だが、この店のそばを食べてビックリした。田舎そばってこんなにウマかったのか……!

続きを全部読む

【マジかよ】立ちそば屋の1周年記念がスゴすぎる! 表記のメニューすべて100円! そばもうどんも天丼セットもカツカレーセットも100円ーーッ!!

お店が周年記念のイベントを行っているのをよく見かける。「おかげさまで○周年! ありがとう感謝セール!!」なんて宣伝してるけど、そこまで感謝してないんじゃないの? と思うこともしばしば。コレを機に顧客情報を集めようと、「まずはこのアドレスに空メール」とかやっていることもよくある。

そんななか、絶対に感謝しているとしか思えない、イベントを開催しているそば屋を発見した! そのお店、3日間限定でメニューのほとんどを100円で提供している!! そばもうどんも100円、天丼セットもカツカレーセットも100円!! 感謝しすぎだろ、わずか1周年なのにーーッ。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】スパイシーな風味にやみつき必至! 美しくきらめくつゆが止まらない “極上” カレー南蛮そば / 東京・早稲田『山吹』

みんな大好きカレー! レトルトでも一定のクオリティーを発揮するカレーは「神々の食べ物」と言っても過言ではないだろう。スパイシーな風味漂うトロトロのルーをほかほか白ご飯にかけたら、もう怖いものなんてない。ああカレー万歳!!

そんなカレーを使っているにもかかわらず、いまいち市民権を得ていないのが「カレーそば」だ。カレーそばなんて邪道! それだったらカレーうどん食べるわ。……そんなあなたにオススメしたい “極上” の一杯。早稲田にある『山吹』に行けば、カレーそばの見方が変わること間違いなしDA!!!!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】初夏の季節はコスパアップ! 巨大なす天そばをはじめ50種類以上の高コスパメニューが揃う池袋『君塚』

高い空へ吹き抜ける爽やかな風。草木は新緑の色に染まり、街はすっかり初夏の雰囲気だ。梅雨入り前に訪れる一瞬の季節……それはジェットコースターの降下が始まる前の感じに似ている。太陽の季節に向かってちょっとずつ上昇していくワクワク感。今年の夏は何が起こるだろうか?

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回は今の季節にピッタリなそば屋・池袋の『君塚』をご紹介したい。長なすが旬であるこの時期、この店の「なす天そば(400円)」が凄いことになるのだ。器にフタが乗っているかのようなその姿は “圧巻” のひと言! このなすを食べるだけで初夏を満喫できるぞ!!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】丼を覆い尽くすイカゲソ天そばがたった340円! 超絶コスパの立ちそば屋『一由そば 日暮里店』

池袋、秋葉原、渋谷、新宿などなど、環状になっている山の手線には、都心から離れていく路線が乗り入れる駅が沢山ある。乗り換え客の多いそれらの駅は自然とあわただしい雰囲気に包まれているが、その中でもひと際のんびりしているのが日暮里だ。

おじいちゃん、おばあちゃんはもちろん、若い人も、日暮里を歩く人々からはなんだか優しそうなオーラを感じる。それは、この街が持つ独特の空気感が原因だろう。そんなホッとする街にある超コスパそば屋が『一由(いちよし)そば 日暮里店』である。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】超絶コスパ! 農林水産省の中にある そば屋が安い割にウマすぎてビビった / 霞ヶ関『日豊庵』

「霞ヶ関」と聞くとどういったイメージがあるだろうか? 私(中澤)の場合、なんとなく萎縮してしまう。この街に立ち並ぶ各省庁のビルの重厚な雰囲気に気圧されてしまうのだ。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回ご紹介するのは、中央官庁の社食そば屋である『日豊庵』だ。通常、一般人が用もなく立ち入ることができない省庁ビルだが、農林水産省の北別館にあるこの店は一般に開放されている。というわけで、さっそく訪れてみた。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】立ちそば界の二郎! 肉の山とラー油に埋もれた そば を食べてみたら意外に爽やかでビビった / 東京・虎ノ門『そば処港屋』

ハラ・ヘリ・ヘリ・ハラ飯食ったか!? 食ってない! 腹が減って死にそうだ……。食に関してそこまで欲のない私(中澤)は、何かに集中するとついつい食べることを後回しにしてしまう。気づいたら目がかすみ、寒気を感じるほどに腹が減っている。

そしてそんな時はついつい自分の胃袋を過信してしまうのだが、今回たどり着いたのは『そば処港屋』……立ちそば界の二郎と呼ばれる店である。すでに正常な判断力が無くなっている私は、何も考えずに突撃した。ラー油が苦手なこともすっかり忘れて

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】コスパ抜群! 富士そばの新メニュー「焼きそばカレー(550円)」が掟破りすぎて笑った / 東京『富士そば 代々木店』

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。これまで様々なそばをお伝えしてきた。『四谷 政吉』や『六文そば 須田町店』のような味を追求したそばから、「ポテトそば」や「丸ごとトマトそば」などのインパクト重視のものまで。いやはや、1口にそばと言ってもいろんな解釈があるものである

だがしかし。そんなそば界にあって、なお掟破りも甚だしいそばがある。しかも、掟を破っているのは誰あろう天下の『富士そば』。それはもうビリビリと破っている。なにせ今回ご紹介する富士そばの新メニューの名前は「焼きそばカレー」。そばはそばでも “焼きそば” DA!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】ポテトそばの上位メニュー! 「トルネードポテトそば」が比べものにならないほど激ウマい / 『名代富士そば 津田沼店』

ボクシングのコークスクリューパンチ、野茂英雄投手のトルネード投法、マンガ『ドラゴンボール』の強キャラ・ピッコロの必殺技「魔貫光殺砲」……大体のモノはトルネードするとグレードアップする

3月1日から富士そば津田沼店が、ポテトそばの上位メニューとも言える限定メニューの発売を開始した。その名も「トルネードポテトそば」。あのポテトそばがまさかトルネードポテトになって帰ってくるなんて……こいつは祭りの到来だぜ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6