アメリカの住宅事情に変化が! 小さな家に人気が集まり「約275万円で家屋を販売する会社」が注目の的!!

日本の家は小さく狭いため、かつて外国人から “ウサギ小屋” と呼ばれていたこともあった。アメリカで一般的な寝室が何部屋もあり、広い庭付きの大きな家に憧れる人は多いかもしれないが、維持・管理費、長期にわたるローンで、家計が圧迫されてしまうのが実状である。

そのせいかアメリカの住宅事情に変化が起こりつつあり、徐々に小さな家に人気が集まっているというのだ。

続きを全部読む