「眼球」にまつわる記事

眼球にタトゥーを入れて失敗した女性が視力をほぼ喪失 / 円形脱毛症になり精神的に追い込まれる

海外において、ファッション感覚でタトゥーを入れる人は多い。顔に彫り込む人がいたかと思えば、それでも飽き足らないと言わんばかりに、眼球にタトゥーを入れるマニアまでいる。

しかし現在、ある女性が眼球に入れるタトゥーに対して注意を喚起している。というのも、彼女は眼球にタトゥーを入れて失敗。そのせいで「片目の視力をほぼ失った」上に円形脱毛症になり、精神的に追い込まれてしまったというのである。

続きを全部読む

【あなたはどう?】この “5つの技” が出来たら地味にスゴいんだって! 「手のひらをあわせた状態で、中指を組み、薬指だけを左右に離す」など

限られた人間だけが持つと言われているスーパーパワー。手を触れなくてもスプーンを曲げられたり、予知能力や透視能力、宙に浮けたりと、凡人には到底真似することができない能力を持っている人が世の中には存在する。

しかしそこまで大仰でなくても、他の人が滅多にできない能力をあなただって持っているかもしれない。ということで今回は、「できたら地味にスゴい5つの技」をご紹介したい。

続きを全部読む

スーパーマン並みの視力に! 8分間の手術で視力2.0の3倍近く見えるようになる「バイオニック・レンズ」が超人的!!

眼鏡やコンタクトレンズは取ったり外したりで煩わしい存在でしかないが、目が悪い人にとっては、ないと見えないので必需品である。筆者も目が悪いので、レーシック手術を受けようかと考えたこともあったが、どうにも角膜をレーザーで削るという施術が怖くて仕方がない。

そんななか、たった8分間の手術で、視力2.0の3倍近く見えるようになるという「バイオニック・レンズ」が登場! それでは、見たくないものまで見えてしまいそうな、スーパーマン並みの視力がゲットできてしまう超人的レンズについて紹介したい。

続きを全部読む

目に虫が入ったのでこすった → 眼球で虫が砕け散ってバラバラ → 卵みたいなのたくさん出てきた

「目に何か入ったのでこすったら、手に黒くて細かいものがたくさんついたんです。何かと思ってこすった手を見てみると、触角や脚などがありました。小さい虫だったんですね。精神的にものすごく気分が悪くなって、吐いてしまいました」。

続きを全部読む

【体験】手術しない視力回復オルソケラトロジーを2日間体験してわかったこと

レーシックとは違って手術をしない視力回復の手段。それが『オルソケラトロジー』で、世界中でその技術により視力を回復している人がいるという。『オルソケラトロジー』は、眼球を矯正する専用ハードコンタクトレンズを着用して睡眠し、朝起きたときにそのレンズをはずす。

すると、眼球がレンズによって矯正されたため、正しく光を受け止めることができ、視力が回復するというもの。しかしレンズをはずすと時間とともに眼球がもとの形状に戻っていくので、寝る前にまた着用して寝る必要がある。

詳細は以前に当編集部がお伝えした『手術せずに視力回復オルソケラトロジーすげぇ! たった1日で視力回復して笑った』という記事をごらんいただきたい。記者の周囲にはレーシックをした人たちが多くいるものの、『オルソケラトロジー』の経験者は皆無。日本の多数の眼科医院で『オルソケラトロジー』を体験できるのだが、あまりやっている人がいない。

続きを全部読む

【体験】手術せずに視力回復『オルソケラトロジー』すげぇ! たった1日で視力回復して笑った

視力回復ができる手術といえばレーシックだ。レーシックを簡単に説明すると、眼球に切れ目を入れて、目に入ってくる光を正しく受け止められるようにする手術である。世界中の人たちがレーシック手術を受けており、スポーツ選手や芸能人もレーシックを受けている人が多数いるという。

しかし、安全といわれている視力回復方法とはいえ手術は手術。眼球を切る手術はイメージ的に怖いのは確かだ。失敗は少ないと思うが、もし失敗したらと思うと恐怖を感じる。

そこで今回、眼球を切らなくても視力が回復するといわれている『オルソケラトロジー』を受けてみることにした! 筆者(私)は視力が良くなく、テレビも映画もコンタクトレンズをしないと文字が見えないのである。でも、『オルソケラトロジー』っていったいどんな視力回復方法なのか?

続きを全部読む