「痴漢冤罪問題」にまつわる記事

【漫画】「昔、痴漢にあった時の話」がツイッターで話題 / 作者が作品に込めた思いとは?

ここ最近、有罪・冤罪問わず連日のように「痴漢を疑われホームに飛び降りた」系のニュースが飛び込んでくる。中には「おそらく冤罪だったのに、電車にはねられ死亡した」……などという救いのないケースもあり、痴漢と痴漢の冤罪が再び社会問題化している気配だ。

そんな中、ツイッター上で公開された漫画「昔、痴漢にあった時の話」が話題になっている。今回は漫画をご紹介するとともに、作者がこの作品を描いた動機、またこの時期に発表した理由などについても触れていきたい。

続きを全部読む

電車内で痴漢行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われていた防衛医科大学の名倉正博教授に対し、4月14日最高裁判所は一、二審の実刑判決を破棄し“無罪”を言い渡した。ブログでもこの判決を支持する声が湧きあがっている。 続きを全部読む