「痩せる」にまつわる記事

ビリーズブートキャンプでも痩せられなかった私が「余裕でダイエット」できた方法

痩せたい……のに減らない体重。30代を越えた辺りから脂肪は一気に強敵になる。以前の記事でビリーズブートキャンプにチャレンジしたが、逆に体重が 66kg から 68kg に増えるという結末を迎えたことのある私(中澤)。2018年春に行った健康診断でも無事 68kg 台を叩き出し肥満まっしぐらだった

もはや諦めていたのだが、最近体重を計ってみたところ 61kg になっていた。そう言えば最近「痩せた」とよく言われていた気がするが、全くダイエットはしていない。なぜ、突然 7kg もの減量に成功したのか? 何が変わったというのか? 思い当たることは2つしかない……

続きを全部読む

撮り方だけでこんなに変わる! ボディをかっこよく見せる自撮りテクが話題

バレない程度にお腹をへこませて……パシャリ! ──自撮りをするとき、もしくは誰かに自分の写真を撮られるときに、ちょっとでも自分をスリムに見せようと そうやって “頑張った” 経験がある人は多いのではないだろうか。

そんな人に、今ネット上で話題を呼んでいる「簡単に見た目の印象を変える自撮りテク」を紹介したい。実際に撮った写真を見比べると……確かに違う! 表情が変わっているから顔の印象が違うのは当然にしても、ボディがなんかカッコイイ! ダイエットのビフォーアフター写真みたいになってるやん!!

続きを全部読む

【衝撃研究結果】ジムで長時間鍛える必要なし! 10分以内の運動でもシャープなボディを手に入れられることが判明

たるみのない引き締まった体を見ると「羨ましい」と感じながらも「キツイ運動をするのは避けたい」「スポーツジムなどに通う時間がない」と思う人は多いのではないだろうか。シャープな肉体は、ジムなどで何時間も鍛えた末に得られるものと思われがちだ。

しかし、アメリカで行われた研究によると、メタボ対策や体重を落とすためなら短時間の運動で十分、それどころか方法によっては、ジムで長く過ごすよりも効果が大きいことが分かった。ジムに通って長時間自分の体をいじめる必要などなかったのだ。

続きを全部読む

専門家「ストレスを抱えて太った人より痩せた人のほうが不健康で危険」

ストレスを感じたとき、あなたは暴飲暴食に走るタイプか、それとも食欲がなくなり普段よりも食べなくなってしまうタイプか。このどちらに当てはまるかで、その人の健康状態や寿命の長さは変わってくるという。

肥満研究の専門家、独リューベック大学のアキム・ペータース教授によると、「ストレスを抱えているときは、太った人よりも痩せた人のほうが不健康な状態にある」とのこと。一般的には、太っている人のほうが不健康に見られがちだが、ストレス状態によっては必ずしもそうとは限らないというのである。

続きを全部読む