「男女平等」にまつわる記事

映画『プライベート・ライアン』や『ショーシャンクの空に』から男性キャストを消したらスゴいことになったって動画

男女均等化が進んでいる現代では、社会において女性の存在がどんどん大きくなっている。そんな状況に不満を示した男性の権利擁護活動家が、『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』から女性キャラクターを削除した動画を制作したという記事を以前に紹介したが……

あるネットユーザーが今度は映画『プライベート・ライアン』から男性を消して、スゴいことになったと話題になっている。なんと男性キャラクターがいなくなると、3時間近くもある映画がたった2分20秒になってしまったというのだ!

続きを全部読む

【なぜ】男性客に対する料金が女性よりも高いカフェが登場! その理由に賛否両論の声

男女差別撤廃が叫ばれて以来、国によって状況は異なるが、徐々に男女平等が進んでいると言えるだろう。しかし一方で、「女性専用車両」や「レディースデー」といったサービスも存在し、男女平等とは一体何なのかと考えさせられてしまうこともある。

そんななか、オーストラリアで「男性客に対する料金が女性よりも高いカフェ」が登場して話題になっているので紹介したい。その理由を知って納得いくかいかないかは、それぞれの価値観や考え方によるのではないかと思う。

続きを全部読む

【男ダラケの世界】90年代のIT業界で “女性” が仕事をゲットした「まさかの方法」がこちらです

以前にロケットニュースで、ある男性が「女性の名前」を使って仕事をしたらトンでもない性差別を経験したとのニュースをお伝えした。男女平等化が進む現代においても、性差別は社会に強く根付いているが、それが1990年代ならなおさらだったようだ。

当時、IT業界を目指していたある女性がナカナカ仕事を見つけられなかったため、履歴書の名前を男性に変えたところ、驚くべき変化があったらしい。そのエピソードが、ネットで話題になっているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

【性差別】ディズニーが「女性がアニメーターになれるわけがない」と応募者に送った1938年の不採用通知が衝撃的!

以前にロケットニュースで、「ある男性が ‟女性の名前” を使って仕事をしたら“地獄” を経験 / 社会に根付く問題の深さを痛感した」との記事を紹介した。

いまだに社会から消えない性差別……。そんななか、1938年にディズニーが仕事の応募者に「女性がアニメーターになれるわけがない」と、女性を頭から否定した不採用通知を送っていたことが発覚し、ネットで物議を醸している。

続きを全部読む

【性差別】ある男性が「女性の名前」を使って仕事をしたら“地獄” を経験 / 社会に根付く問題の深さを痛感したらしい

ひと昔前に比べると職場における男女平等は進んではいるものの、それでも給与や条件の差がナカナカ縮まらないことを指摘する声は今も根強い。

そんななか、ある男性が「女性の名前」を使って仕事をしたらトンでもない性差別を経験! 社会に根づく問題の深さを実感したという件を紹介したいと思う。

続きを全部読む

【乳首の博覧会】乳首画像だけを集めたインスタに込められた “平等への想い” がアツい! 人気急上昇中でフォロワーは5万人突破!!

世の中に納得できないことは山ほどあるが、中でも特に受け入れがたいのが、“乳首露出の許容度が男女で違うこと” ではないだろうか。男性が乳首を出してもほぼ無問題とされるのに、女性が乳首を出したらたちまち問題視されてしまうこの不条理。

「男女平等はどこ行った!?」と憤っている人も多いかと思うが、そんな怒りを腹の底に抱えているのはあなただけではない。海外には、この現状に対して “乳首で抗議” するアツい人間だっているのだ。彼(彼女?)の戦いは、乳首を使ったデモ。矛盾だらけの世の中にぶちまけられたチクビームの連射である!

続きを全部読む

なぜ女性だけ「乳首」を隠さなければいけないの? イギリスで女性による「お胸の丸出し行進」が敢行される!!

一種の聖域とも言える「女性の乳首」。踏み込めない、だからこその “聖域” なのかもしれないが、世の中には「なんで女性だけ乳首を隠さなきゃいけないの?」と疑問に思っている人も多いようだ。

そんな気持ちが爆発してか、この度イギリスで女性による「トップレス行進」が行われたというではないか! マ、マジかーーーーー!!

続きを全部読む

【パパ必見】 父親が積極的に家事を手伝うと「娘は野心的になり人生に好影響を与える」との研究結果

近頃は育児を積極的に行う父親のことを “イクメン” と呼ぶが、世の中のパパさん達は、育児や家事の手伝いを進んでしているだろうか? ある研究で「父親が積極的に家事を手伝うと、娘は野心的になり人生に好影響を与える」ことが判明し、娘がいるお父さんは必読である。

続きを全部読む