「田村亮」にまつわる記事

【吉本危機】いくら松本人志でも「大崎洋会長」を私情だけでかばいすぎたら危ない

2019年7月20日に行われた宮迫博之と田村亮の記者会見は、世間に大きな衝撃を与えた。詳細については割愛するが、そこで語られたのは吉本興業、岡本昭彦社長によるパワハラ、そして時代にそぐわぬ吉本興業の隠蔽体質ブラック企業体質であった。

翌21日、自身がレギュラー出演する「ワイドナショー」にて松本人志が一連の騒動に対する見解を発表、事態の収束へ自らが乗り出すことを明かした。松ちゃんが動くならもう大丈夫……と言いたいところだが、番組を見ていて一点だけどうしても気になることがあった。やもすれば、いかに松ちゃんとはいえ「大崎洋会長を私情だけでかばいすぎたら危ないのではないか」と。

続きを全部読む

【吉本興業圧力騒動】田村淳が会見の裏側で起こっていたマネージャーとのやり取りをツイート「本当にタレントが大切だと言うなら……」

吉本興業を揺るがす大問題へと発展している反社会勢力への闇営業騒動。2019年7月20日には、闇営業を行った宮迫博之と田村亮が会見し、吉本興業からの圧力があったことを告白した。「謝罪会見を開きたい」とした2人に対し、岡本社長から「会見したら全員クビだ」と脅されていたという。

これについて、松本人志、加藤浩次などが、吉本興業の体制に疑問を投げかけているが、田村亮の相方である田村淳が会見の裏側でのマネージャーとのやり取りをツイートしているのでお伝えしたい

続きを全部読む

アイスバケツチャレンジを拒み「氷水はかぶりません!」と宣言した武井壮さんに賞賛の声相次ぐ 「漢だ」「最高」

世界中に波及している氷水を被る挑戦、「アイスバケツチャレンジ」。筋委縮性側策硬化症(ALS)の認知を高める目的で始められた挑戦に、賛否の声が上がっている。これは氷水を被るか、それとも寄付をするか(両方選択することも可)を選択したうえで、次の3名を指名するというものなのだが、わざわざ氷水を被る必要はないのでは? との指摘がある。

アメリカで活動するミュージシャンの大江千里さんは、上辺だけのチャリティ姿勢を懸念すると共に、批判的な意見を自身のブログに投稿している。そんななか、お笑い芸人の武井壮さんはTwitterに次のように投稿し、寄付には自発的に参加するが、氷水を被ることを拒んだのである。その武井さんの考えに賞賛の声が相次いでいるのだ。

続きを全部読む