「生協」にまつわる記事

【生協通信】パルシステム『産直小豆のよもぎ餅(つぶあん)4個200g』を初めて食べた時の衝撃たるや… / とても冷凍食品とは思えない香りとウマさ

それを初めて食べたのは実家だった。母がウマそうに食べていたのを1つわけてもらったのだ。最初はスーパー等で買ったモノかと思っていた。が、一口食べたその瞬間、私は叫んだ。

「こっ、これ、どこで買ったの!?」。母は答えた。「パルシステムだよ」と──。

続きを全部読む

【生協通信】パルシステムの冷凍餃子『餃子にしよう!』を餃子ライターらが食べた結果 → 中山秀征

ロケットニュースの餃子記事といえば、原田たかしである。これまで数々の餃子を食べてきた彼。その相棒が、わたくし、GO羽鳥。100日間連続で餃子を食べるなどの修行を経つつ、今でも険しい餃子道を歩む日々だ。

我々は餃子ライター。異論はなかろう。餃子偏差値は極めて高く、絶対音感ならぬ絶対餃子感まで持ち合わせている自負もあるし、プライドもある。

そんな我々が今回テイスティングする餃子は、パルシステムの冷凍餃子『餃子にしよう!』である。1パック20個入りで価格は税込430円。

続きを全部読む

【生協通信】パルシステムの『チョコレートケーキ・ビター』が美味すぎる! これを食いたいがためにパルシステムに入会したほど

それを初めて食べた時、私は衝撃に包まれた。なんて美味いケーキなんだ……と。極めてシンプル。見事なバランス。こんなに完成されたチョコレートケーキは珍しい。情報提供者に「どこで買ったのだ」と問うてみると──

パルシステムだよ」と。

詳しく聞けば、生協(生活協同組合)の『パルシステム』でしか売っていないし、その情報提供者自身もまた「このケーキが食べたいがためにパルに入会した」と白状した。そして私もまた、すぐさまパルへ入会した。

続きを全部読む

【ガチ新説】6歳児に聞いた世界の秘密「コープ牛乳は〇〇〇〇の味に似てる」/ 嘘だろ今すぐコープ行きてェェェエエエ!

大人とは違う世界を見ている子供。そんな子供の発言を聞いていると、時に曇った目では決して見ることのできない真実に気づかされる。この度、幼稚園児を取材したところ、また1つ、世界の秘密を知ってしまったためお伝えしたい。

続きを全部読む

【マジかよ】生協の「宅配コープデリ」にサイゼリヤみたいな商品があったので注文してみた! ミールキット『ディアボラ風チキンソテー』

昨年子供が生まれたことをきっかけに、今年から生協の宅配サービス「コープデリ」を利用するようになった我が家。と言っても主に注文しているのは妻で、私(あひるねこ)はたまにカタログを眺めるくらいなのだが……。

ある日、何やら興味深い商品を発見してしまった。『シャキシャキ玉ねぎソースと食べる! ディアボラ風チキンソテー』。いやサイゼやん! サイゼの超ウマいヤツやんそれ!! 反射的にサイゼリヤセンサーが発動してしまったため、さっそくデリってみることに。

続きを全部読む

【知ってた?】生協の『コープヌードル』が『カップヌードル』とほぼ同じ味! しかも安い! もはや間違い探しレベル!

みんな大好き日清『カップヌードル』の、あえて欠点を探すとすれば「ほんの少しだけ値段が高い」ことだろうか。コンビニでの通常価格は198円(税込)。スーパーだと平均150円前後だから、たまに128円のセールがあれば個人的には即買いである。

もちろん弁当と比較すれば文句なしの安さなのだが、やや量が少ないため日頃より「もう少し安ければなァ……」と感じていた。そんな折、なんだかカップヌードルによ〜〜〜く似たヌードルを発見したのだ。その名も『コープヌードル』って、完全に狙ってるじゃ〜ん(笑)!

ところが……この案件、狙うとか狙わないとか、そういう次元の話じゃなかったのである。

続きを全部読む

【冷食検証】コープの冷凍炒飯はどれくらいウマいの? 食べてみたら “◯◯” の味に激似だった

冷凍食品の炒飯が人気だなんて、今さら言うまでもない。それもそうだ、冷食の味がイマイチだなんて昔の話。技術が進歩したことで、低価格ながら “ほぼ店” のような味をしているのだから。

もはや冷食をストックするのは当たり前の時代なう。どれを食べても間違いが起きにくいが、先日コープでオリジナル冷凍炒飯を見つけたので試してみることにした。すると……まさかのまさか! なんと◯◯ソックリな味だった!!

続きを全部読む

提供:みやぎ生活協同組合

【感動動画】宮城県の生協が作ったアニメ『トマトになった男の子』がちょっと泣ける / 生産者の優しさも分かるストーリー

最近は品種改良も進み、美味しい野菜が増えてきたので以前と比べ“野菜嫌い”の子供は減ったイメージがある。だが、やはり「トマトの青っぽさがダメ」だったり「ピーマンの苦味がダメ」という子供を持っているお父さんやお母さんはいるだろう。

筆者自身も子供のころは、給食を残さず食べるまでクラスのみんなを待たせたり、友達の皿に移動させたりしたものだ。ちょっと成長したかと思ったら、ホントは苦手なのに強がって、鼻をつまんで口に入れたり、噛まずに一気に飲み込んだりしてきた。

どうしても食べられない時はこぼしたフリをしたりして…野菜を回避してきた。今、考えると申し訳ない!ごめんなさい! そんな思い出がある人など、ぜひ多くの人へ観て欲しいアニメを、『トマトになった男の子』を宮城県の生協『みやぎ生活協同組合』が公開した。

続きを全部読む