「環境汚染」にまつわる記事

死んだクジラの胃袋から30枚ものビニール袋が発見される! 海洋に排出されるゴミは年間800万トンにも

地球温暖化や環境汚染が進み、海と陸を問わず生態系が物凄い勢いで脅かされつつある。そんななか、絶滅の危機に瀕しているクジラの胃袋から30枚ものビニール袋が発見され、環境保護団体が警鐘を鳴らしている。

なんと、海洋に排出されるゴミは、年間800万トンにも及ぶと言われているというのだ!

続きを全部読む

材料は植物性食品オンリーなのに “肉の味と香りがする”  ハンバーガーが登場! 秘訣は ‟ヘム” という物質

健康や自然環境を考えて菜食主義者になったという人は、肉が焼けるイイ匂いを嗅いだら、「肉が食べたい~!」なんて衝動に駆られてしまうことがあるかもしれない。

そんな人や、ダイエットのために肉を控えたいという人に朗報だ。なんと、材料は植物性食品オンリーなのに、肉の味や香りがするハンバーガーが登場したというのである!! まさに、ハイブリッド感満載の新種の食品について紹介したいと思う。

続きを全部読む

【中国】男性が川に飛び込み自殺 → 川の水が死ぬほど臭くて吐きそうになる → 自殺断念 → 救助され命の尊さを知る

経済的に大きな発展を遂げ、国際的にもブイブイ言わせているように見える中国。その一方で、多くの社会問題を抱えており、実は、“隠れ自殺大国” だとも言われている。先日も、出稼ぎの親と離れて暮らす児童4人が貧困を苦に集団自殺をはかるというニュースが流れたばかりだ。

さる2015年6月10日、またしても一人の市民が自殺をはかった。彼は川に飛び込んで死のうとしたのだ。……が! 川の水が臭すぎてやっぱ無理!! 自殺を断念し、一命を取りとめる事件が起きていたそうだ。

続きを全部読む

車の未来のために! 電気自動車について話し合うベンツの「EVサミット」が今週開催

長らく次世代の車として期待されてきた電気自動車。しかしながら、なかなか導入には至らず、各自動車メーカーもその開発に四苦八苦してきた。そして今回、日本のメルセデス・ベンツがその電気自動車普及を現実のものにするべく、あるイベントを今週8月27日に開催する。

そのイベントとは、電気自動車の未来について話し合う「スマートEVサミット2011」。ここでは、現在多くのメディアに出演しているジャーナリスト津田大介さんの司会のもと、同社のスマート電気自動車『smart fortwo electric drive』を試乗した体験リポーター7人が集い、その乗り心地や走り具合について話し合うことになっている。

続きを全部読む