金総書記「住民に石ぶつけられる夢みちゃった」と現代グループ会長へ吐露

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が「住民から石をぶつけられる夢をみた」と吐露していたことが判明し、話題となっている。ワンマンぶりを発揮して独裁政権を貫く一方で、意外とも言える弱気発言に周囲は驚いている。金総書記の身に何が起こったのだろうか。

金総書記のこの発言は、今は亡き鄭周永(チョン・ジュヨン)現代グループ名誉会長との会談の席でのことだった。3月27日、韓国MBC『日曜インタビュー』へ出演した鄭夢準(チョン・モジュン)ハンナラ党前代表は「鄭名誉会長が1998年から2000年にかけて訪朝した際、金総書記から聞いた秘話がある」として、この事実を明かしたのだ。

続きを全部読む