イノシシやシカを銃で殺す猟師に色々話を聞いてみた! 「猟師って儲かりますか?」

日本においては銃を所持するだけで犯罪だ。もちろん、簡単には手に入らない。しかし、特別な審査を経て銃の所持・発砲を許されている男性がいる。その男性とは、熊本県在住の68歳の猟師。

彼は若い頃から銃を所持していたそうだが、多忙な仕事の日々で全く発砲するチャンスに恵まれなかった。それが今では長年勤めた会社を定年退職し、銃ひとすじの残り少ない余生を送っている。

続きを全部読む