「独身」にまつわる記事

既婚者が語る独身者へのアドバイス色々 「最高の自分になりたいと思わせてくれるパートナーを選ぶ」など

何でもしてみなければ実際にどんなものなのか分からないもので、結婚もそのひとつである。たとえ恋人がいたとしても、いざ結婚となると「本当にこの人でいいのかな……もっと良い人が現れるのでは!?」なんて、思ってしまうこともあるのではないかと思う。

そんななか、ある独身男性が海外掲示板サイトRedditで「既婚者男性の皆さんへ。独身男性にどんなアドバイスを送りたいですか?」と質問したところ、様々な答えが集まっていたので6つ紹介したいと思う。この質問は「既婚者男性から独身男性へのアドバイス」という形になっているが、独身女性にも当てはまることばかりだぞ。

続きを全部読む

【ビビる】プロの独身女性に「年収いくらからが玉の輿なのか?」聞いてみたらこうだった

本日1月20日は「玉の輿の日」である! これは1905年のこの日、アメリカの金融財閥モルガン商会の創立者の甥・ジョージ・モルガンが、祇園の芸妓 “お雪” を見初め結婚したことに由来しているという。

女性ならば、誰もが一度くらい玉の輿を夢見たことと思うが、現代社会において「玉の輿」とは年収いくらくらいを指すのだろうか? 今回は記者の知人であるプロの独身女性たちに、その辺りをズバッと聞いてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

「土砂降りの雨のなか半裸でジョギング中のイケメン」がニュース番組に登場 → 独身だという彼と ‟デートしたい” との問い合わせが殺到する騒ぎに!

近頃は、ちょっとオモシロい出来事が起きたり、ユニークな画像や動画があったら、ネット上でマッハのごとく世界中に拡散してしまうご時勢になった。

そんななか、たまたま土砂降りの中を半裸でジョギングをしていた男性が、ニュース番組の生中継に登場! 彼のイケメンぶりもさることながら、「僕は独身です!」という彼のコメントがネットで拡散し、テレビ局に問い合わせが殺到しているというのだ!!

続きを全部読む

【コラム】結婚したい独身男女が求めるべき「たった一つ」のこと

今さら言うまでもないが、どうやら結婚しなくても十分楽しくやっていける時代らしい。価値観は人それぞれだし、幸せな独身ライフがある一方、地獄のような結婚生活だってある。なので、このコラムは「結婚した方がいいよ! 結婚万歳!!」 というものではない。

筆者の周辺にも、未婚のアラサー・アラフォー男女が多くいる。そしてその多くが、聞いてもいないのに「あー、結婚してぇ!」「彼氏が欲しい!」と言っているのだ。今回はそんな結婚したい男女に、既婚者として一言物申したい。

続きを全部読む

日本の旅行会社が企画する「ソロ・ウエディング」のアイデアがオモシロい! と海外で注目の的に

ひと昔前と違って、“女は結婚して、子供を産んで家庭に入る” という固定観念にとらわれなくなり、男性と肩を並べてバリバリ働く女性が増えている。

だが、「結婚はしたくないけど、女として一度はウェディングドレスを着てみたい!」という女性は少なからずいるものだ。そんな女心を満たすべく、“ソロ・ウエディング” なるサービスを提供する日本の会社が登場し、海外で大きな話題を集めているのだ。

続きを全部読む

その手があったか!? 6年間の独身生活を経て自分と結婚した女性が物議 「結局独身じゃねえか」との声も

人生には妥協も必要である。ある程度歳を重ねると、何でも思った通りに手に入らないことを悟らざるを得ない。とくに生涯を連れ添うであろう結婚相手については、高望みしすぎるとチャンスを逃すことにもなりかねない。では、もしその妥協する相手さえも見つからないと、本当に感じてしまったらどうすれば良いのか?

英国人のある女性は、その問いの結論を自ら見出した。その答えとは、自分と結婚することである。彼女は2013年11月に自分にプロポーズし、翌年の3月に1人でバージンロードを歩いたそうだ。誓いのキスもちゃんと1人で行ったそうである。一体どうやって?

続きを全部読む

お一人様も悪くない!? 孤独感が生み出す意外なメリットが調査で判明

クリスマスに年末年始、バレンタインと続き、独身の人は何かと独りが身にしみる時期である。周りのカップルを尻目に、そんな寂しい思いをしている人に朗報が舞い込んできた。ある研究により、意外にも孤独にメリットがあることが判明したのである。

続きを全部読む

専門家「独身女性は Facebook を辞めるべき」  幸せな投稿を見ると嫉妬心で健康を害すから

すっかり人々の生活の一部となったFacebookだが、実際にやっていると便利なようで、実は様々な難点があることに気づき始めた人がいるのではないだろうか。そう、知りたくもない情報が入ってくることが多いのだ。特に独身女性にとっては「女友達の幸せな投稿を見ると嫉妬心でつらくなり健康によくない」と専門家が意見しているというのである。

続きを全部読む

【車内恋愛】地下鉄に恋人探しができる独身者専用の「出会い専用車両」が登場!

恋人がほしいけど出会いがない……。その悩みを、ななな、なんと! 公共交通機関が解決してくれるらしい。「出会い」の舞台となるのは地下鉄だ。朝のラッシュ・アワーが終わったあと、ある条件を満たす人しか乗れない特別な車両を走らせるという。

その特別車両とは、独身の人しか乗れない「Love Train」なる車両 だ。目的はズバリ、独り身の人にパートナーを探す場所を提供することであるというッ!!

続きを全部読む

家族の存在はデカい! 既婚の肺がん患者の生存率は独身の患者よりも3倍以上高いことが明らかに

家族や配偶者がいることの有難さや大切さは、普段のなにげない生活ではつい忘れがちになってしまうもの。自立して独り暮らしを始めたり単身赴任などで家族から離れたりしたときほど、その存在の重要性に気付くのだ。

だが、肺がんを患った人々にとっては、家族の有難みは毎日ひしひしと感じるものなのかもしれない。最新の研究によると、肺がん患者の生存率は独身の人よりも既婚の人のほうが3倍以上高いことが明らかになったそうだ。

続きを全部読む

彼女ナシor婚期を逃した独身男性に朗報! 女性の6割が「10歳以上の年上との恋愛&結婚OKなのら☆」と!!

やばい、婚期を逃した。マジでヤバい、彼女いないし、気づいたら俺、もう……おっさん。そんな悩みをもつ独身男性に朗報だ。なんと女性の6割は「10歳以上の年上との恋愛&結婚OKなのら☆」との調査結果が出たというのである。

「ただしイケメンに限るんじゃねえの?」と疑うおじさま達に、もう一つ朗報である。結婚の条件は顔ではなく、「性格」がダントツであったというのである。年齢差は最下位で、つまり、歳の差なんて関係ないという調査結果が出たのである!

続きを全部読む

これで永遠に独身男でも寂しくない! 美少女が一緒にご飯を食べてくれるDVD

デートはお金がかかる! いつも全額自腹! いちいち機嫌をとらなきゃいけない! 貢いだのにフラれた! 理想の女の子がいない! そもそもドキドキして女の子と話せない! そんな男性は多くいると思われる。記者もここ数年、祖母と母親とカスタマーセンターの電話ねお姉さんとしか会話していない。

だから独り身のほうが気楽だ。でも女の子とイチャイチャだけはしたい! ずっと一緒だと邪魔だから一部分だけでいいので女の子と幸せを感じたい! そんな男性に朗報だ。なんと、女の子と一緒にご飯を食べるだけのDVDが発売されているのである! しかもそこそこ人気があるという。エッチなことも何もない。ただ女の子と一緒にご飯を食べている気分になれるDVDだ。

続きを全部読む

「彼氏募集中」の女性の見分け方

男性諸君、気になる女性に勇気を出して声をかけ、探りを入れてみたら既婚者(もしくは彼氏持ち)だった、なんて経験はないだろうか? 女性全員の顔に「彼氏募集中」とか「売約済み」とか書いてあったら色々手間がはぶけるのに……そもそもそういう手間を省こうとしないマメさが女性の心を射止めるのかも知れないが。

それでも独り身の女性を簡単に見分けるテクニックがあれば、ターゲットを絞るまでの時間は確実に短縮できる。米フォックス・ニュース電子版がクラブやバーでの「フリーの女性の見分け方」を掲載しているので、ご紹介したい。

続きを全部読む