8歳娘にボトックスしていた母親の話は全てウソだった / 海外メディアの仕組んだ狂言

今月はじめに、世界中である母娘のエピソードが取り沙汰され話題となった。母親は、娘(8歳)を美少女コンテストで優勝させるために、しわ取り美容効果があるとされる「ボトックス注射」をしていたという。虐待の可能性があるとして、カリフォルニア州の児童虐待監視当局が捜査を開始し、母親は一時は親権を剥奪された。

ところがこの騒ぎは狂言であり、親子はボトックスを使用したことがなく、すべてがでっち上げあることが判明したのだ。

続きを全部読む