「爪」にまつわる記事

ネイルサロンで「丸い爪にして下さい」とお願いしたらトンでもないことに! その仕上がりに客が激おこ!!

自分で爪にマニキュアを塗る時に失敗してしまうのは仕方がないにしても、ネイルサロンに行ってプロに丸投げする時は、それほどデキを心配しないものである。なにせ仕事をするのはプロで、間違いなく仕上げるのもプロだからだ。

ところが、ある女性がネイルサロンで「丸い爪にして下さい」とお願いしたところ、トンでもないことになってしまったという。その仕上がりに女性が激おこらしいのだが、一体全体どんなネイルになったのだろうか!?

続きを全部読む

「3年間切らずに伸ばした12センチもの爪」を持つ女子高生のネイルがヤバい! まともに鉛筆も握れない状態に!!

フレンチネイルやキュートなデザインのネイルは、そこそこな長さならお洒落だが、それが12センチもあったらどうだろうか。

なんでも、「3年間切らずに伸ばした12センチもの爪」を持つ女子高生がネットで話題になっているのだが、鉛筆を上手く握れずにテストを受けるのも一苦労な状態だというのである!

続きを全部読む

【天才】爪をかざすだけで電車に乗れる「ICネイル乗車券」が爆誕!もうSuicaも ICOCAもPASMOも不要に!?

Suica に ICOCA、PASMO に manaca 、はやかけん、SUGOCA といえば、そう、ICカード乗車券だ。とても便利なので、多くの人が日夜お世話になっていることだろう。ロンドンの「オイスターカード」やソウルの「T-money」なんかも有名だ。

しかし今、この ICカード乗車券が進化を遂げようとしている。なんと 爪をかざせば電車にもバスにもスイスイ乗れちゃう、「ICネイル乗車券」が爆誕したというではないか! ああ、とっても未来って感じ!!

続きを全部読む

【実体験】「爪を噛むクセ」を直す3つの方法

人は多かれ少なかれ、クセを持って生きている。人様に迷惑をかけない程度であれば問題はないが、誰かの気分を害したり、自分の評価を落とすようなクセならば直した方がいいだろう。

記者は40年弱の人生のうち、30年間以上も『爪を噛むクセ』が直らなかった。合計何メートル分の爪を噛んできたかと思うとゾッとするが、同様のクセがあり「直したいけど直せない」という人のために、今回は記者が実践した『爪を噛むクセを治す方法』をご紹介したい。

続きを全部読む

【マジかよ調査結果】ソーセージ & ホットドックから「人間の DNA」が検出される

フワッ、カリッ、ジュワッ。そう、ホットドックってとっても美味しいよね! 夏にビールと一緒に食べるのも激ウマだし、冬にハフハフと熱いのを頬張るのも最高。うんうん、ホットドック大好きだーーーー!!

と、そんなホットドック・ラブの人々にとって、大変悲しいお知らせが舞い込んできた。なんとこの度、ある調査にてホットドックから「人間のDNA」が検出されたというではないか! えええ、マジかよ!?

続きを全部読む

【衝撃動画】インド人男性が爪を「62年間」伸ばし続けギネス記録に認定される

見られていないようで、意外と見られているのが爪である。日本では平均的に女性は約2週間、男性は約1週間に1度の割合で爪を切るようだ。

しかし、このたびインドでなんと「62年間爪を伸ばし続けた男性」がギネス記録に認定されたのでお知らせしたい。ギネス認定員が慎重に爪の長さを測っている様子が、YouTube上で確認できるぞ。

続きを全部読む

【注意喚起コラム】サンダルで階段を踏み外したら足の親指の爪が死んで「地獄のミサワ」みたいな爪が生えてきた

すっかり猛暑に包まれた日本列島。夏のファッションといえば、やはりサンダル! こう暑いと、女性のみならず男性だって、通気性のよいサンダルを履くケースが増えることだろう。しかし……!

つま先を露出するサンダルには、思わぬ危険が潜んでいるので要注意だ。なぜなら私(筆者)は、かつてサンダルで階段を踏み外し、足の爪を傷めてしまったから。考えただけで恐ろしい出来事だが、注意喚起のためにも今日はあえて「爪が死んだらどうなるのか」についてお話ししたいと思う。

続きを全部読む