「爆発」にまつわる記事

中国で女子のお胸が爆発

先日、中国で女子の「お胸」が爆発するというショッキングな事故が起きていた。

事件が起きたのは北京市。その日、Gカップバストの女子・シャオアイさんはベッドにうつぶせになって、スマートフォンのゲームに興じていたそうだ。そのとき彼女の体内では信じられないことが起こっていた。

続きを全部読む

【衝撃映像】米テキサスで発生した大規模な爆発がヤバすぎる

つい先日、米ボストンで爆破テロが起きたばかりだが、今度はテキサスで大規模な爆発が発生した。場所は同州ウェストという町にある肥料工場。この爆発により、現在までに60〜70人の死者が出ている可能性があるとの情報もある。

そんななか、まさしく爆発の瞬間をとらえた映像がYouTubeにアップされているのでご報告したい。動画のタイトルは「CAUGHT ON CAMERA: Fertilizer Plant Explosion Near Waco, Texas」だ。

続きを全部読む

【衝撃動画】ボストンマラソンのランナーが走りながら撮影していた爆発の瞬間映像

8歳の少年を含む3人が死亡したボストンマラソンの爆弾テロ。2回の爆発により、現在までに140人以上が負傷、6人が重体。犯行声明もなく、犯人特定には至っていない状態である。

そんななか、実際にボストンマラソンを走っていたランナーが偶然にも撮影した爆発の瞬間映像がYouTubeにアップされている。動画のタイトルは「Runner captures Boston Marathon explosion」だ。

続きを全部読む

【動画あり】ボストンマラソンゴール付近で2回の爆発 / 少なくとも二人が死亡

アメリカ東部、ボストンで行われていた「ボストンマラソン」で、衝撃的な事態が発生しました。ゴール付近で2回の爆発が起こり、少なくとも二人が死亡したと報じられています。

爆発発生時の様子は動画で、現地メディアおよびアメリカのインターネットユーザーによって、続々と公開されています。

続きを全部読む

【中国】イカをさばいたら爆弾が出てきた

中国広東省で、ある魚屋が体長1メートルほどの丸々と太ったイカを仕入れたそうだ。持ってみると異様に重い。心なしか腹のあたりが硬いような……。そこで店主は早速イカをさばいてみたそうだ。すると、イカの腹から全長約20センチ、重さ約1.5キロの爆弾が出てきたのである。

続きを全部読む

中国で地下通路が爆発

2013年3月4日、中国の遼寧省瀋陽市で地震のような揺れが感じられたという。だが、その揺れの原因は地震ではなかった。

なんと、同市の繁華街で地下通路が爆発していたのである。

続きを全部読む

【火事取材】渋谷駅で大爆発! 出火原因は不明 / 消防隊は高架下に住むホームレスの寝床を消火

2013年2月19日の深夜、渋谷駅で爆発があったとの情報が入った。Twitterやブログなどに爆発画像が続々と掲載され、情報が錯綜する事態に。すぐさまロケットニュース24編集部は現場へ直行し、その様子を確認した。

続きを全部読む

中国で反日をテーマとした花火「東京大爆発」が発売

2013年2月10日(日)は旧正月。中華圏では旧正月は「春節」と呼ばれ、爆竹を鳴らし盛大にお祝いが行われる。市民は春節に備え、まさに爆竹や花火を買い求めているところだ。

そんななか、ある驚きの商品が中国で販売されていたという。反日をテーマとした花火「東京大爆発」だ。

続きを全部読む

中国でサメの巨大水槽が爆発 サメ3匹が死亡

2012年12月18日、中国・上海市中心部のデパートで、設置されていた巨大水槽が爆発した。「パン!」という音と共に水槽のガラスは弾け飛び、中の水も滝のように飛び出していったという。この事故によりサメ3匹が死亡、人間にも負傷者が出たそうだ。

続きを全部読む

石原慎太郎前東京都知事の新党名が「太陽の党」に / ネットの声「政治は爆発だ!」「日本は爆発だ!」など

東京都知事を辞任して、国政復帰を表明した石原慎太郎氏。「たちあがれ日本」を母体とした、新党立ち上げの準備を進めていたのですが、このほど新しい党名が明らかになりました。毎日新聞によると、新党名は「太陽の党」になるとのこと、2012年11月13日夕方に正式な発表が行われる見込みです。この名前にインターネットユーザーは「政治は爆発だ!」「日本は爆発だ!」などコメントしています。

続きを全部読む

【中国】ダウンジャケットを洗ったら洗濯機が爆発

秋は過ぎるのが早い。日に日に寒さは増し、そろそろ冬の装備を準備したい今日この頃である。

中国である女性が、ダウンジャケットを購入。着る前に洗おうと思ったらしい。女性がダウンを家庭用の洗濯機で洗っていたところ、洗濯機ごと爆発を起こしてしまったのである。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】危機一髪! 試合中に選手が落ちていた “石ころ” をピッチの外に放り投げたら爆発!!

よくサッカーの選手が「ピッチのコンディションが悪い」と言うときがある。芝生がボーボーだったり、芝生がベロリとめくれたり、土がむき出しになっていたり……と状態は様々であるが、もしも「石ころ」が落ちていたら、選手ならば誰でも気になるはずだ。

そんな「石ころ」を試合中に発見した選手が、ポイっとピッチの外に放り投げたら……なんとまさかの大爆発! その模様はYouTubeにアップされた動画「Firecracker Explosion Stopped Game Al-Ahli Saudi Arabia vs Sepahan Iran」にて確認できる。

続きを全部読む

中国で冷凍コーラが爆発

まだまだ残暑が厳しく冷たい飲み物がおいしい季節は終わらない。速く冷やすために飲み物を冷凍庫に入れておく人もいるのではないだろうか。

中国のある家庭ではコーラが冷凍庫で冷やされいたそうだ。そのコーラが開けた瞬間大爆発。男の子が顔を38針縫う大怪我を負ってしまった。「炭酸飲料を冷凍しちゃだめ!」と注意喚起がされている。

続きを全部読む

中国で中華が爆発

中国で中華が爆発するというショッキングな事件が起きた。中国に行ったことがある人なら見たことがあるだろう。中国国旗の色・赤に力強い筆致で「中華」の字。中華とは中国を代表するタバコだ。海外へのお土産としても人気の品である。

価格は庶民が吸うタバコの10倍以上という信頼の超高級品でもある。その中華が吸っている途中、突如爆発した。

続きを全部読む

巨大な隕石が頭上を通過! その瞬間の動画が怖すぎてチビりそう

NASA(米航空宇宙局)の発表によると、2012年4月22日日中に米・カリフォルニア州とネバダ州の上空で、隕石が爆発したという。その影響で約960キロの範囲で破片が飛散。しかし地上に被害はなかったようだ。

その一部始終を思わせる動画が、海外ネットユーザーの間で話題となっている。車から撮影されたと思われる動画には、巨大な隕石が頭上をものすごい勢いで通過していく様子がッ! これは怖い、怖すぎるッ!! 実際に遭遇したらチビりそう。

続きを全部読む

【衝撃動画】中国でライターが爆発

「爆発しないものはない」とまで一部からは言われている爆発大国・中国。携帯電話はもちろんのこと、時計にポットにゆたんぽに、銀行にマンホールに風邪薬、バキュームカーから肥溜めまで、そのレパートリーは無限大だ。

そんななか、爆発物としてはわりと普通かもしれないが、ライターが爆発した瞬間をとらえた映像アップされ、ひそかな話題になってる。問題の動画「Lighter Explodes in Guy’s Face」を確認すると……

続きを全部読む

ドーム型? 鳥の巣? この男の髪型をなんて呼んだらエエねん!!

なんじゃこりゃ!? この髪型をなんと呼べばよいのでしょうか? わかる方、誰か教えてください!! 最近中国で激写された男性のヘアスタイルは、なんと呼んでよいのかわからないのです。ドーム型と言うか、鳥の巣型と言うか、とにかく呼び方に困ってしまうほど豪快なデカ頭なんですよッ!

続きを全部読む

【中国】みんなで花火をしようとしたら車が爆発

東アジアでは年間行事を旧暦で行うところが多い。先日、2月6日は旧暦1月15日だ。この日は元宵節(げんしょうせつ)といい日本の小正月にあたる。中華圏では花火大会を行って祝うところが多い。

中国のあるホテルは元宵節当日は忙しすぎて従業員に花火大会を見せてあげられなかった。それを残念に思ったオーナーが後日、埋め合わせをしようと大量の花火を購入。みんなで楽しもうとしたところ花火を積んでいた車が大爆発を起こしたのである。

続きを全部読む

まるでこの世の終わり! ロシアの発電所が爆発する瞬間が激烈に怖い!!

ロシアの発電所で驚くべき事故が発生し、その一部始終がネット上で公開され、海外ネットユーザーは騒然となっている。その事故とは発電所の爆発だ

動画を撮影していたネットユーザーは、ジョン・レノンの『イマジン』をカーオーディオで聞きながらドライブしていたようだが、突然前方上空に閃光が! 真昼のようなまぶしい光を放って、何かが炸裂。その光景は恐ろしいの一言に尽きる。もしもこの光景を目の当たりにしたなら、唖然として呆然自失になるに違いない。まるでこの世の終わりのようだ。

続きを全部読む

中国iPad2の製造工場で爆発、生産に深刻な影響も

20日夕方、中国成都のFoxconn社の工場で大規模な爆発が発生した。同社はアップル社のiPhone、iPadの製造を請け負っていることで知られている。最近発売されたばかりのiPad2の製造も、この工場で行われていた。この事故で18人が死傷したと報じられており、今後、iPad2の生産に深刻な影響を与えるものと思われる。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4