【末恐ろしい子】レゴで『点字プリンター』を発明した13才の少年が起業 / 全ての始まりは「目の不自由な人はどうやって字を読むの?」という素朴な疑問

「起業家」と聞いても何をやっているのかイマイチ分からない人もいるかもしれないが、読んで字のごとく「仕事や事業を起こす人々」のことだ。そしてアメリカでは、若干13才で起業した少年に熱視線が集まっているのである。

その年若さだけを驚いてはいけない。彼は、目の不自由な人向けの点字プリンターを、なんとレゴで発明したというのだ! その上「貧しい人でも購入できるように価格を抑えたい」というこの少年……な、なんて、恐ろしい子なんだ!

続きを全部読む