「演劇」にまつわる記事

【芥川賞受賞】本谷有希子さんのオススメ小説トップ3

純文学の新人に与えられる賞である芥川賞。受賞作がしばしばベストセラーとなるこの賞は、純文学の賞の中でもっとも影響力のある1つだろう。しかしながら、私(中澤)は、最近の芥川賞に興味を失くしていた。理由は簡単、好きな作家があまりノミネートされないから。思えば覆面作家・舞城王太郎さんがノミネートされている時の芥川賞は面白かった

賞の性質から考えると、純文学マニアでもない私が知っているほど著名な作家さんばかりがノミネートされるのもおかしな話なんだけど……と思ってたら、ずっと追っかけている本谷有希子さんが「154回芥川賞」を受賞したではないか。……マジか!? 超嬉しい!!! そんなわけで本谷有希子さんの小説でオススメトップ3を選んでみた。

続きを全部読む

コラージュ・ロマンの傑作『カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢』を一人舞台化 / 気鋭アーティストとタッグを組んで東京・世田谷で公演

2012年6月に演劇ユニットの旗揚げ公演を行った千絵ノムラさんが、11月にコラージュ・ロマンの傑作の舞台化に挑む。しかも今度は、一人芝居で作品世界を再現しようというのだ。ライターやワークショップデザイナーとして活躍する彼女が、シュルレアリスム画家の描いた作品を、どのようにして表現するのか、非常に興味をそそられるところである。

続きを全部読む