「消防署」にまつわる記事

【激怒】部下の頭髪を『モヒカン刈り』にした上司懲戒免職処分 / 自称モヒカン好き「モヒカンを舐めてるのか?」

「モヒカン刈り」とは、自発的にやる髪型だと思う。視覚インパクトが強く、自己主張の強い人でなければ、その頭髪の状態に耐えられないはず。好奇の目にさらされるのは間違いないからだ。当然、人から強要されるべきものではない。

ところが、奈良県のある消防署で強制的に部下をモヒカンにした上司が処分を受けたという。モヒカン好きの私(佐藤)としては、解せない! しかも上司が散髪を失敗してモヒカンになったというから、なお解せない!!

続きを全部読む

クモをバーナーで焼き殺そうとした男性、トンでもなく後悔する事態に!

ゴキブリやハエなどの害虫と家の中で遭遇して嬉しい……という人は滅多にいないだろう。害虫駆除スプレーやハエ叩き、もしくはスリッパといったアイテムを使用して、撃退している人がほとんどではないかと思う。

ところが、なかには「エエぇっ!」と思ってしまうような方法で害虫を退治している人もいるようで、なんとトーチバーナーで焼き殺そうとした男性が出現! そして「クモの復讐」とばかりに、トンでもなく後悔するハメになったというのである。

続きを全部読む

火事現場で消防士が「ハムスターの赤ちゃんを極小酸素マスク」で救命! どんな小さな命も大切に扱う消防士の姿に感動

庶民のヒーローである消防士は人間の命だけでなく、どんな小さな命も平等に扱う。以前、火事で瀕死の子猫を救済した消防士のニュースをお伝えしたが、今回は「極小ハムスターの赤ちゃんを極小の酸素マスクで救命した消防士」を紹介したい。

小さな小さなハムスターの赤ちゃんが、消防士の手の平で、小さな酸素マスクによって蘇生されている様子を見たら、誰でも胸が熱くなってしまうに違いない。

続きを全部読む

【珍事件】男性がトースターにアレを突っ込む → 抜けなくなる → レスキュー隊が出動 → 消防署が異例のお願い

言うまでもないことだが、トースターはパンを焼くためのものである。挿入口にパンをセットして時間などを設定すれば、こんがり焼けたパンが飛び出してくる。そして、重ねて言うまでもないことだが、世界中の多くの人が、トースターをそのように使用している。

ところが、「パンを焼く」という本来の目的を飛び超え、トースターに一風変わったアプローチをした男性がいる。なんと、その男性は、トースターに自らの大事なアレを突っ込んだのだ。

続きを全部読む

助けてー! 排水溝にはまり過ぎた男

米カリフォルニア州のとある田舎町で、7月21日未明、近隣住民は奇妙な叫び声を聞いた。住民の1人が表に出ると、なんとそこには、排水溝に頭からはまり込んでいる男の姿が! 事情はともかくとして、彼を助け出さなければと思い、住民は消防署に電話。駆けつけた消防隊員によって無事に助け出されたそうなのだが、一体どうしてこんなことになっちゃったの?

続きを全部読む

穴からピョーン! 配管に落ちた子猫の爆笑救出劇

配管に落ちてしまった子猫の救出動画が注目を集めている。この子猫は、何がきっかけだったのかは不明だが、配管に落ちてしまって自力で出られなくなった。小さな子猫を救出するためにさまざまな策が講じられたようなのだが、最終的に、配管の反対側から空気を送り込んで押し出すことに。

これが思いのほかうまく行き、ピョーン! と子猫が飛び出した。救出に当たったメンバーは、その様子がおかしくて堪らなかったようで、子猫の安否を気遣いながらも大爆笑しているのである。

続きを全部読む