「海外ドラマ」にまつわる記事

【朗報】海外ドラマ『プリズン・ブレイク』が限定シリーズとして復活!! ついにマイケルが戻ってくるぞ!

現在、ハリウッドではネタが尽きてきたのか、空前のリメイクブームが到来中である。ひと昔前の人気ドラマ『フルハウス』や『X-ファイル』だけでなく、2000年代に終了したドラマ『24 TWENTY FOUR』や『HEROES/ヒーローズ』のリブート版まで製作されるほどなのだ。

ということは……2005年に放送開始され世界中で大旋風を巻き起こした『プリズン・ブレイク』に、ハリウッドのお偉方が目を付けない訳がない。そんなわけで、傑作脱獄ドラマが限定シリーズとして復活することと相成ったのである!!

続きを全部読む

海外ドラマ『フレンズ』にハマりすぎた男性がドラマと同じカフェ “セントラル・パーク” をオープン!! 細部まで真似しまくるオタクぶりに脱帽!

1994~2004年まで10年にわたって放送された大人気海外ドラマ『フレンズ』は、ニューヨークに住む男女6人の恋愛や生活を描いたコメディだ。多彩なキャラクター6人が繰り広げるストーリーは世界中で社会現象にまでなり、日本でも大いに人気を博した作品である。

そんなシリーズに、ハマりにハマってしまったある男性が会社を辞めて、本作に登場するコーヒーショップと同名のカフェ “セントラル・パーク” をオープン!!  細部に至るまでドラマそっくりに真似しまくるオタクぶりと、ドラマの登場人物になりきる彼の心酔ぶりがうかがえる動画「Obsessed: The Chinese Friends」を見たら、そのハマり具合に脱帽してしまうこと間違いナシだ!

続きを全部読む

安倍首相とオバマ大統領もハマっている海外ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』の魅力に迫る!! “戦略” を学びたいならコレを一気見だ!

今までドラマの視聴率は、地上波局とケーブルテレビ局との間でしのぎを削っていればよかった。だが、ネットの発達によるオンデマンド・サービスやオンライン媒体製作によるドラマシリーズの登場で、どこかで差をつけなければ生き残れない時代になってしまった。

そんななか、前代未聞の “1シーズン全話一挙配信” をやってのけたのが、海外ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』である。しかも、自分を裏切った大統領を失墜させるべく、クモの巣のように張り巡らせた緻密な謀略でホワイトハウスを揺るがす男フランシスによる、戦略や交渉力に多くのビジネスマンが注目。

手段を選ばず確実に自分が狙った物を手にしていく男のストーリーに、安倍首相やオバマ大統領も夢中なのだという。そこで、そんな話題の傑作ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』の魅力に迫ってみたいと思う。

続きを全部読む

大人気海外ドラマ『フルハウス』が20年ぶりに復活!! スピンオフ版では「タナー家の娘達が息子3人を育てる」設定に!

現在ハリウッドは一大 “リメイク・ブーム” が巻き起こっている。映画版をドラマシリーズ化した『12モンキーズ』や、大人気SFドラマシリーズ『X-ファイル』の復活版の製作も決定し、かつての人気映画やドラマが続々とリメイク&リブート版としてよみがえっている。

リメイクブームについては、「新しいアイディアが浮かばないから」と言ってしまえばそれまでである。だが、ファンにしてみればシリーズの気になるその後が明かされたり、新キャラクターが登場するとなればチェックせずにはいられないだろう。そんななか、世界中のファンを虜にしたファミリードラマ『フルハウス』が、20年ぶりに戻ってくることになったのだ!! 

続きを全部読む

2015年GWまでHuluで見られる海外ドラマ トップ10

大型連休のゴールデンウィークが目前に迫るなか、旅行などのプランでワクワクしている人が大勢いるのではないだろうか。いっぽうで、「家でゴロゴロしてリラックスタイムを満喫してやる!」とばかりに、寝正月ならぬ “寝ゴールデンウィーク” を計画している人もいるかもしれない。

そんな人におススメなのが、思いっきり現実逃避できる “海外ドラマの一気見” である。ということで、「2015年GWまでHuluで見られる海外ドラマ トップ10」をナビゲートしていきたい。以前に紹介した “今「Hulu」で見られるおススメ海外ドラマTOP10” で取り上げなかった作品をチョイスしているので、こちらの方も合わせて参考にして頂けたらと思う。

続きを全部読む

【保存版】『ブレイキング・バッド』の登場人物が5秒で理解できる “あの人の素顔に迫るシリーズ” 総まとめ

温厚な高校教師ウォルター・ホワイトが余命宣告されたことをきっかけに、ドラッグ精製の副業に乗り出す異色作『ブレイキング・バッド』。家族に残す財産を一稼ぎしたら足を洗うはずが、ドンドン深みにハマって暴走してしまう彼の変貌ぶりが、あまりにも衝撃的な作品だ。

そんなウォルターにかかわる登場人物も、輪をかけたように個性的なキャラクターばかりだった。そこで、今までに “あの人の素顔に迫るシリーズ” で取り上げたキャラクターの総集編として、登場人物が5秒で理解できるまとめ集を作ることにした。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』“ウォルター・ホワイト” の素顔に迫る” Part2! ハイゼンベルグは実在した科学者だった / ウォルターが劇中で殺した人数は198人!!

気弱で真面目な化学教師ウォルター・ホワイトが、余命宣告されたことで一念発起!! 愛する家族に財産を残したい一心で、専門知識を駆使して高純度ドラッグを生み出した彼が、麻薬の世界で君臨するようになる異色作『ブレイキング・バッド』。

前回のPart1では、ウォルター演じるブライアン・クランストンの人物像にスポットライトを当ててみたが、今回は、本シリーズにおけるウォルターにまつわるエピソードを取り上げることにした。それでは、麻薬の世界でハイゼンベルグと名乗るようになった、2つの顔を持つウォルターの素顔に迫ってみたい。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』“ウォルター・ホワイト” の素顔に迫るPart1!! 「テレビドラマをアートに変えた俳優8人」に選出!

真面目一辺倒で人生を生きてきた化学教師ウォルター・ホワイト。思いがけず末期癌(がん)を宣告されてしまった彼が、愛する家族に遺産を残すため、専門知識を活かして高純度ドラッグ精製の副業に乗り出すドラマ『ブレイキング・バッド』。

米テレビドラマ史に金字塔を打ち立てた最高傑作の “登場人物の素顔に迫るシリーズ” で、いよいよ主人公ウォルターを演じたブライアン・クランストンを取り上げる時が来た!! 彼に関しては情報が多いこともあって、今回はPart1として、ブライアンの人物像にスポットライトを当ててみたいと思う。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』おとり捜査官 “ゲッツ” の素顔に迫る!! イケメンじゃないのにプラダのモデルだった! 思春期に癌を克服して俳優に

うだつの上がらない化学教師ウォルター・ホワイトが、末期癌(がん)を宣告されたことで一念発起! 専門知識を駆使して高純度ドラッグ “ブルーメス” を生み出し、悪の世界で暴走してしまう衝撃作『ブレイキング・バッド』。

本作の大ヒットにより、出演俳優は大きな注目を集めることとなったが、ウォルター役のブライアン・クランストン以外は、知名度の低い俳優ばかりがキャスティングされていた。

そんななかでも、“彼が出演しているんだ!” と思わず豪華ゲスト出演に喜んでしまったのが、おとり捜査官役ゲッツを演じたDJクオールズだ。そこで今回は、彼にスポットライトを当ててみることにした。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』タランチュラを持っていた “ドリュー少年” の素顔に迫る!! 射殺されてバイクから落ちるシーンは家のマットレスで猛練習!

“何かを見たら誰かを思い出す” ということはないだろうか!? 出世から見放された化学教師ウォルター・ホワイトが、一攫千金を狙って高純度スーパードラッグ “ブルーメス” を精製する異色作『ブレイキング・バッド』。本作を見て以来、タランチュラを見ると “マット・デイモン似のトッドに射殺されてしまったドリュー少年” を思い出すという人がいるかもしれない。

そこで今回は、ドラッグやバイオレンスといったダークな要素が強い本作で、ひときわ純真なイメージを放っていたドリュー少年を演じたサム・ウェッブの素顔に迫ってみたい。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』ヒューエルの相棒 “カビー” の素顔に迫る!! コメディ畑出身だが兄が政治家なお堅いファミリーの出身

全うで平凡な人生を送ってきた化学教師ウォルター・ホワイトが、人生最後の賭けに出るドラマ『ブレイキング・バッド』。専門知識を活かして高純度スーパードラッグを生み出し、悪の世界で伸し上がる衝撃のストーリーにおいて、コメディ部分を担うキャラクターを今までに何人か紹介してきた。

そんななかでも最強のデコボコ・コンビとも言えるのが、悪徳弁護士ソウル・グッドマンの手下 “Aチーム” として活躍(?)していたヒューエルとカビーだ。そこで今回は、無口でいつも昼寝ばかりしてたヒューエルとは対照的に、お喋りで有能な相棒カビーを演じたビル・バーにスポットライトを当ててみることにした。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』ガスの彼氏 “マックス” の素顔に迫る!!   ガスとのプールサイド場面は “同性愛者が選ぶドラマのベストシーン第8位” に!

真面目な化学教師ウォルター・ホワイトが、末期癌(がん)を宣告されたことで一世一代の賭けに出るドラマ『ブレイキング・バッド』。愛する家族に遺産を残すために、一攫千金を狙ってドラッグビジネスに乗り出した彼が、次第に暴走していくことに……。

だが、バイオレンスと犯罪にまみれたストーリーにおいても、決して忘れることなく描かれたのが様々な形の “愛” である。家族愛や恋人への愛、仲間への忠誠心ともいえる愛情。そんななかでも少し異彩を放っていたのが、マフィアのボス、ガス・フリングとパートナーのマックスの “同性愛を彷彿とさせる関係” である。

そこで今回は、マックス・アルシニエガを演じたジェームズ・マルティネスの素顔に迫ってみたいと思う。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』メキシコのメス・ラボを仕切る “ベネチオ” の素顔に迫る!! 父親が有名シェフで超グルメ ! 演技を始めたのは30歳を過ぎてから

『ブレイキング・バッド』出演者の素顔に迫るシリーズが始まってから、なんと今回で40回目を迎えることとなった。もともとは “海外ドラマ界の四天王” ともいえる 『プリズン・ブレイク』と『24 TWENTY FOUR』、『LOST』と『ブレイキング・バッド』の、どれか2つ以上の作品に出演している俳優にスポットライトを当てる企画だった。

それが、いつの間にか本来の主旨からそれてしまったわけだが、この度取り上げた、メキシコのメス・ラボを仕切る “ベネチオ” を演じたカルロ・ロタは、『24 TWENTY FOUR』(以下『24』)に出演している。なので、やっと “海外ドラマ界の四天王” シリーズに舞い戻ってこれることになった。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』ATMで夫の頭を潰した “スプージの妻” の素顔に迫る!! 演じる女優が夫とATMのシーンを見ている時に似た状況に!

平穏な人生を生きてきた真面目な高校教師ウォルター・ホワイトが、余命宣告されたことを機に、麻薬 “ブルーメス” の精製に手を染めたことで人生が一転。しがない中年男が、一世一代の危険な賭けに出る海外ドラマ『ブレイキング・バッド』では、暴力と死が隣合わせの世界が描かれる。

それだけに、全シリーズを通して殺される登場人物の人数は270人にも上るが、なんと女性によって殺されたのはたった一人である。そこで今回は、本作で唯一殺人を犯した女性の登場人物、ジャンキーのスプージの妻を演じたデイル・ディッキーの素顔に迫ってみたいと思う。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』ウォルターがキスしようとした “美人カルメン校長” の素顔に迫る!! 撮影では本当にキス!自然化粧品会社のオーナー

たいがいにして、女はイイ人よりもワルな男に惹かれる傾向にある。だが、真面目な高校教師ウォルター・ホワイトが家族のために一攫千金を狙い、ドラッグビジネスに足を踏み入れるドラマ『ブレイキング・バッド』は、少し例外のようだ。

というのも、タイトルの “ブレイキング・バッド” というスラングには、「道を踏み外す、ワルになる」といった意味があるのだが、中年になってから “ブレイキング・バッド” デビューを飾ったものの、ウォルターの女運はゼロ!! 妻スカイラーからは離婚を叩き付けられるは、勤務先の美人校長に迫れば思いっきり拒否られるわで、ホントに散々……。

そこで今回は、ウォルターがキスしようと迫ったカルメン校長を演じたカーメン・セラーノにスポットライトに当ててみることにした。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』ジェシーの母 “ピンクマン夫人” の素顔に迫る!! ドラッグ依存症者に助けの手を差し伸べたことがある / 田舎者訛りが抜けずに苦労!

余命宣告された真面目な化学教師が家族に遺産を残すため、高純度ドラッグ “ブルーメス” の精製に手を染める『ブレイキング・バッド』。そんな衝撃作の物語の軸となっているのは、ウォルターの「自分が死んだ後に家族に苦労をかけたくない!!」という深い家族愛だ。

いっぽうで、ウォルターのメス・ビジネスの相棒となるジャンキーのジェシー・ピンクマンは、高校中退後にドラッグディーラーとなり両親とは絶縁状態……。年の離れた優等生の弟に親の愛情を独り占めされ、自業自得とはいえ、ジェシーと両親の冷え切った関係には胸が痛んだ。

そこで今回は、ジェシーの母親ピンクマン夫人を演じたテス・ハーパーにスポットライトを当ててみることにした。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』 ソウルの秘書“フランチェスカ” の素顔に迫る!! マシュマロ体型を活かしてオーディションはロカビリースタイルで挑む!

出世街道から見放されて、細々と高校で化学を教えるウォルター・ホワイト。末期癌(がん)を宣告されてしまった彼が、一攫千金を狙って危険な副業 “高純度ドラッグ:ブルーメス精製” に乗り出す型破りなドラマが、『ブレイキング・バッド』だ。

内容からして「麻薬=マフィア=麻薬取締官=弁護士」という方程式は避けようがないため、こうしてウォルターの顧問弁護士となったのが悪徳弁護士ソウル・グッドマンである。ソウルに “あのケツがたまらない!” とセクハラ発言をされながらも、淡々と仕事をこなしていた彼の秘書フランチェスカ。今回は、そんな彼女を演じたティナ・パーカーの素顔に迫ってみたい。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』 “ヴィクター” の素顔に迫る!! 俳優デビュー作は日本映画! ロデオ一家出身だが動物アレルギーがあるためロデオを断念

余命宣告された真面目な化学教師ウォルター・ホワイトが、専門知識を活かして高純度スーパードラッグを生み出し、危険なサイドビジネスに深入りしてしまう衝撃作『ブレイキング・バッド』。

先日、「一番最悪な死に方をしたキャラTOP10」を紹介して以来、ムゴい最期を遂げた登場人物を取り上げてきたが、トップ10にランクインしていないヤツがひとりいる。

それは、マフィアのボスであるガス・フリングにカッターナイフでのどをカッ切られて、大量の血を噴出して死んでしまうヴィクターだ。トップ10に選ばれなくて可哀相になったので、今回はガスの手下ヴィクターを演じたジェレマイア・ビツイにスポットライトを当ててみることにした。

続きを全部読む

【海外ドラマ】『ブレイキング・バッド』ジェシーの2番目の恋人 “アンドレア” の素顔に迫る!! 同性愛をカミングアウト!

うだつの上がらない高校教師ウォルター・ホワイトが末期癌(がん)を宣告されたことを機に、高純度スーパードラッグの精製に手を染めて裏世界でのし上がる『ブレイキング・バッド』。内容がハードかつダークなだけに、本作で語られるウォルターの相棒ジェシーの恋愛は、切なくも胸に迫る純真さがあった。

そこで、ジェシーの最初の恋人でゲロ死してしまったジェーンに続き、今回は彼の2番目の恋人で元ジャンキーのシングルマザー、アンドレア・カンティージョを演じたエミリー・リオスの素顔に迫ってみたい。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』 “ゴンゾ” の素顔に迫る!! シーズンの途中でノー・  ドーズと役が入れ替わる / 俳優になる前はボディーガードや彫師をしていた

出世から見放されたイマイチな人生を送り、末期癌を宣告されてしまった高校教師ウォルター・ホワイト。家族に遺産を残すため、化学の知識を駆使して高純度スーパードラッグを生み出した彼が、人生最後の賭けに出る異色作『ブレイキング・バッド』。

かつてないほどオリジナルなストーリーが展開する本作では、登場人物の死に方も斬新だ。ATMマシーンに頭を押し潰されたり薬品で溶かされたりされてしまうのだが、先日「一番最悪な死に方をしたキャラTOP10」で第1位に輝いたノー・ドーズを紹介した。

そこで今回は、ノー・ドーズの相棒で自動車解体所で腕を挟まれて出血死した、ゴンゾ役を演じたヘスス・ペイヤンにスポットライトを当ててみたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8