【パパママ必見】 研究者が「交通量の多い道路の近くで子どもが育つと注意欠陥になりやすい」と発表

注意欠陥・多動性障害という言葉を聞いたことがある人は結構多いだろう。落ち着きのない、注意力が持続しない、キレやすいなどといった行動を特徴とする発達障害のことだ。英語ではADHDと言われる。

・車の排気ガスに含まれる有害物質
このADHDが発症する要因については様々な主張が唱えられているが、最近「生後1年間、交通量の多い道路の近くに住んでいた子どもはADHDになりやすい」という報告が発表された。子どもが車の排気ガスに含まれる有害物質にさらされることで、ADHDのリスクが上昇するというのだ。

続きを全部読む