【革靴ゼラチン・毒カプセル事件】中国人「カプセル薬は怖いから薬を肉まんにつめたアル!」

廃棄された革製品からゼラチンを作る……この衝撃的な映像は本誌でもお伝えしたが、中国ではそのゼラチンが医薬品用として流通しているそうだ。さらに流通したゼラチンは薬のカプセルとなり市場に出回っている。この毒カプセルは大手製薬会社を含む複数の製薬会社の薬にも使用されていたことも判明し問題となった。

そんななか、あるネットユーザーが「カプセル薬は怖いから中身を出して、肉まんの皮にくるめばいい!」とそのアイディアを公開。動画も作成され「現代中国の悲劇だ」と話題になっている。

続きを全部読む