「殺人」にまつわる記事

「サイコパスだけが正解できるクイズ」がこれだ! あなたはどう答える?

表面上は魅力的だが、徹底的に不誠実で、冷淡、罪の意識に乏しく、衝動を上手く抑制できない……と定義されているサイコパス。反社会的人格の一種で、精神病質者であることから、他者とはだいぶ違った思考回路を持っているようだ。

そこで今回取り上げたいのが、海外メディア『indy 100』が紹介した「サイコパスだけが正解できるクイズ」! さあ、あなたはこのクイズにどう答えるだろうか!?

続きを全部読む

迷宮入りとなった ‟O.J.シンプソン事件”の凶器発見か! 同事件の裁判を描いたドラマシリーズの内容も変更に!?

1994年、米元プロフットボール選手O.J.シンプソンが、前妻とその恋人を殺害した容疑で逮捕されたO.J.シンプソン事件。凶器が見つからなかった事で、最終的に無罪をもぎ取ったシンプソンだが、事件から22年経った今、凶器になったと思われるナイフが発見され大きな話題を呼んでいる。

奇しくも、アメリカでは同事件の裁判の行方を描いたドラマシリーズが放送中で、にわかに事件の真相に注目が集まっていただけに、人々は衝撃を隠せないようだ。それでは、同事件と凶器発見の全貌についてお伝えしたい。

続きを全部読む

世界の「最も殺人が起こる都市」トップ50が発表! 84%が中南米であることが判明

旅に出たいなあ……と、人は想う。国内でもいいし、国外でもいい。とにかく日常を離れて、新しい土地の風に吹かれたい! だがしかし、安易な気持ちで訪れないほうがいい場所が、世界には存在するようだ。

例えば、 “最も危険な都市” として選出された世界の「殺人多発都市」トップ50などには、無防備に足を踏み入れない方がいいかもしれない。それらは一体どんな街なのか……? 詳細をお伝えしよう!

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第59話:急に思い出した!の如し」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

「殺人の瞬間を見てしまった! しかも殺人者がこちらの存在に気づいて追いかけてくるーーーー!!」という非人道的な恐怖ドッキリ動画が話題

もしあなたが、殺人の瞬間を目撃してしまったらどうするだろうか? もしくは、死体を運んでいる犯人を見てしまったら? そしてその犯人が、あなたの存在に気付き、追いかけてくるとしたら? ……間違いなく、ほとんどの人が背筋が凍るような恐怖を感じるだろう。はっきり言って、漏らして当然! 出たのが固形の方でなかったら、上出来である。

現在、そんな最高に恐ろしい状況を作り出すという、タチの悪いドッキリが話題を集めているので紹介したい。YoyuTube にアップされている動画のタイトルは、その名も「Crazy Scary Prank」。タイトル通り、シャレにならないほど恐いドッキリ映像である!

続きを全部読む

よく見ると絶対に目を合わせたくない人が写っている写真 / エピソードを詳しく知れば知るほど恐ろしい!

引っ越したばかりの新しい家で、新たな生活をスタートさせた時は、誰しも気持ちがワクワクするものだ。中には自分の家の写真を撮ってSNSでシェアをしたり、友達に画像を送ったりする人もいるだろう。

イギリス・ウィルトシャー州、トローブリッジに住むミシェル・ミッドウィンターさんもそのうちの1人。先月引っ越して来たばかりの彼女は、友達に見せるため自慢の家を外からパシャリ。それが今回紹介する写真なのだが……なんと! よく見るとその写真には「見覚えのない男」が写っていたのだ。じっくり見れば、あなたもきっと気づくはず。ほら、そこ! 誰かが “中からこっちを見ている” ぞ!!

続きを全部読む

【衝撃動画】パフォーマンスのレベルが高すぎて「殺人が起きた!」と人々に思い込ませたイリュージョン

イリュージョンやマジックは、見ていると楽しいもの。「どうしてそんなことできるの?」と思わせるパフォーマンスに、思わず見入ってしまうことも多いだろう。

ところが、パフォーマンスのレベルが高すぎて、周囲で見ていた人々にイリュージョンであることを完全に忘れさせてしまったイリュージョンがある。結果、人々は大混乱に陥ってしまうのだ。その様子はYouTubeの動画でも確認できるぞ。

続きを全部読む

海外旅行ガイドブック『地球の歩き方』東アフリカ編の注意喚起っぷりがスゴい

海外旅行に行く際に、とても参考になるのがダイヤモンド社の旅行ガイドブック『地球の歩き方』シリーズだ。熟練の旅人たちの中には「地球の迷い方だ」なんて揶揄する人もいるけれど、なんやかんやで参考になるし、読み物としても面白い。

そんな『地球の歩き方』シリーズの中でも、特に “内容が充実しまくり” と古くから評判なのが「インド編」であるが、「東アフリカ編」もなかなか強烈な内容になっている。同書に書かれている国は、ウガンダ、エチオピア、ケニア、タンザニアの4カ国なのだが、注意喚起っぷりがハンパないのだ。たとえばこうだ。

続きを全部読む

ハロウィン用の超リアルな死体人形を見た隣人が警察に通報 → 市当局「これからもリアルな装飾がんばってください」と激励

秋の気配が深まりつつあるこの時期、もうすぐやって来るのがハロウィンだ。日本でも定着しつつあるハロウィンは、人々が派手なコスチュームで仮装し悪霊を追い出す行事を祝うのである。

そんな中、ハロウィン用に置かれた本物ソックリの死体人形を見た隣人が、警察に通報し騒動となる事件が起こった。このニュースは動画「Halloween Gruesome Crime Scene 2 Dead Bodies in Driveway」で確認可能だ。

続きを全部読む

もしも殺人を目撃したら? ウソの殺人現場に出くわした人のドッキリ動画が大反響

もしも殺人現場を目撃してしまったら、あなたならどうする? できれば出くわしたくないが、「その時」は突然やってくるかもしれないのだ。人が人を殺すという恐ろしい光景を目の当たりにしたとき、みなさんは冷静に行動できるだろうか。

そんな状況に直面した人々の反応を捉えた動画「Elevator Murder Experiment」が、いま海外で話題になっている。といっても、もちろん本物の殺人現場を撮影したわけではない。仕掛け人が偽の殺人を演出し、一般の人々がどのように行動するかを隠しカメラで撮った、いわゆる「ドッキリ」である。そこには、人々の素の姿が映されており、大きな反響を呼んでいるのだ。

続きを全部読む

殺人などの疑いで逮捕されていた、角田美代子容疑者が2012年12月12日に留置所内で死亡していたことが確認されました。一連の供述調書に、一切署名していなかったという角田容疑者。神戸地検は同日、容疑者死亡により「不起訴処分」にする方針を明らかにしました。このことにインターネットユーザーは「嘘だ!」や「えええええええ」と衝撃を受けている様子です。

続きを全部読む

大阪心斎橋の路上で、男女二人が相次いで刺殺される事件が発生して数日が過ぎた。犯人は逮捕されたのだが、事件についてはいまだ不明な点が多い。そんななか、衝撃的な映像がYoutubeに公開されていることが判明した。事件発生直後の現場周辺を撮影したもので、通りには被害者と見られる人物が倒れており、辺りにはただならぬ緊張感が漂っている。

警察の調べによると、犯人の男、礒飛(いそひ)京三容疑者は犯行の10分前に包丁を購入。自殺するために購入したとされているのだが、自傷した形跡はなく、購入時に無差別殺人を企てていた可能性を指摘されている。被害者の男性と口論になったとも言われているのだが、これらの点については今後の捜査で明るみになるだろう。

続きを全部読む