「歌」にまつわる記事

【衝撃動画】歌手の代役で警備員が国家斉唱 → 美声すぎて会場から大歓声

歌手が不在なので、代役で国家斉唱をお願いします! そう言われて引き受けることのできる人は、どれほどいるだろう。たとえ歌唱力に自信があったとしても、ほとんどの人が断るに違いない。それもそのはず、他人の前で歌うことに加えて失敗が許されない重圧は、とても耐えられないからだ。

ところが、アメリカのバスケの試合「ウエストバージニア大学 vs カンザス大学」では、そんな状況を引き受けた警備員がいた。しかも超美声で皆をウットリさせたというのだから驚かずにはいられないぞ!

続きを全部読む

【SMAP解散問題】『夜空ノムコウ』の歌詞がメンバーの未来を暗示しているようで怖すぎる!「つまらない常識など潰せると思ってた」など

解散問題発覚後、次々と新情報が飛び込んでくるSMAPの独立問題。中には「クーデター」など物騒な言葉もあるが、実は今回の件……どころかこれから先の未来までを暗示するようなフレーズの数々が、SMAPの名曲『夜空ノムコウ』に隠されていたことにお気付きだろうか?

1998年リリース、スガシカオ作詞の同曲は、SMAPの中でも名曲との呼び声が高いことでも知られているが、歌詞を注意深く読んでいくとゾッとするようなフレーズが多々含まれているのだ。かいつまんでご紹介しよう。

続きを全部読む

何度見ても気になる「い・ろ・は・す もも」のCMは “桃” を召喚する儀式? 問い合わせてみたら衝撃の事実判明!

今年やり忘れたことはないだろうか? もしもあるなら、どうにか年内に片づけてしまった方が良いだろう。そういう私(佐藤)も、ひとつだけ気になることがあった。それは、2015年8月に発売が始まった、ミネラルウォーター「い・ろ・は・す」のもものCMである。

「もももも♪ もももも♪」と繰り返すあのCM。もしかして、ももを召喚する儀式的な意味があるのでは? と思わずにいられなかったので、問い合わせをしたところ、意外な事実が判明した!

続きを全部読む

【やってみて】作詞出来て曲調も選べる / 正露丸「ラッパのエール」の応用力がハンパない件

正露丸」と言えば、ラッパのマークで昔から親しまれている胃腸薬だが、何より印象的なのは、CMで流れるあのラッパのメロディーではないだろうか。ということで、今回は文字を入力するだけで、あのおなじみのラッパのメロディーに歌詞をのせて歌ってくれるサイトをご紹介したい。

筆者も実際にやってみたところ、これがマジのマジで超楽しい! 自分だけの曲が作れるだけでも凄いのに、SNSでシェアしたり、特定の相手にメールで送ることが出来てしまうんだから、これはもうやるっきゃないでしょ!!

続きを全部読む

YouTube に天使降臨! アジアの歌ウマ小学生が熱唱する『You Raise Me Up』に世界が感動 / 動画の再生回数1000万回超の大大大ヒットに!

よく音楽に国境はないと言われるが、いまとあるアジアの小学生の歌声が美しすぎると YouTubeで猛烈に拡散中! 世界が注目し、再生回数1000万回を突破しているという。

そんな歌ウマなキッズの正体は、10才の男の子と7才の女の子。その歌を聞いてみると……本気で鳥肌がたつレベル!! その声は、人種も、言語も、文化も何もかもを超え、多くの人に感動を与えているのだ。

続きを全部読む

【感動結婚式】弟が兄に捧げた弾き語りがヤバい / ネットの声「今のところ2015年で最高の映像」

結婚式の余興の定番と言えば、歌である。恐らく今まで何万という歌が結婚式で歌われ、ある時は場を盛り上げ、またある時は参列者を泣かせてきたに違いない。今回、本記事で取り上げる歌も、まさに “泣かせる系” である。

しかし、この歌はそんじょそこらの感動系とは、ちょっとレベルが違う。そのためか、YouTube の動画は公開から8日ほどで再生回数が130万回を突破。現在、大ヒットとなっている。

続きを全部読む

【生命の神秘?】お母さんの歌にあわせて胎児が手を叩く!? 再生280万回越えの大人気動画に「スゲー!」「ホッコリした」などの声

羊膜嚢(ようまくのう)に入ったまま産まれた」「胎児の頃から、芸能事務所と契約」など、我々を驚かせてくれる赤ちゃん。これから人生が始まるほどの大きなエネルギーを秘めているのだから、常識なんて屁でもないはずだ。

今回も多くの人をビックリさせる胎児が撮影された。それは……お母さんの歌にあわせて、お腹の中で手を叩く赤ちゃん! マジか……。ということで、この再生回数280万回越えの動画をご紹介したい。

続きを全部読む

【歌が上手い人にはわからない】「音痴」な人のカラオケあるある50

世の中には二種類の人間がいる。「音痴な人」と「音痴じゃない人」だ。音痴じゃない人にとっては、音痴な人がなぜ音をハズすのかわからないだろうが、音痴な人自身もわかっていない。だから音痴なのだ。

そんなわけで今回は、「音痴な人のカラオケあるある50」をお届けしたい。たまに、カラオケ好きな音痴の人もいるが、彼らはどちらかというと「恵まれたタイプの音痴」だ。だが、今回ご紹介するのは「恵まれない音痴」、つまり本物の音痴についてである。

続きを全部読む

「自傷行為で毛をむし取ってしまったオウム」が元気を取り戻して歌って踊る動画が微笑ましい!

心の痛みをごまかすために身体を傷つけることを「自傷行為」というが、これは人間だけに現れる症状ではない。ストレスを感じたら、自分に噛み付いたり毛を引き抜いてしまう動物もいるのだ。

そんななか、飼い主を失った悲しみからくるストレスで毛をむし取り、ほとんど毛がなくなってしまった一匹のオウムが注目を集めている。見た目は痛々しいものの、“すっかり回復して陽気に歌って踊る姿が微笑ましい!”と話題になっているのだ。このオウムの様子は、動画「Singing Parrot!」で確認できるぞ!

続きを全部読む

【洋楽ファン必見】オジー・オズボーンをはじめ20アーティストのモノマネで「スリラー」を歌う芸達者男がスゴい!! マニアックなチョイスも秀逸

今週末はハロウィンで3連休ということもあり、コスチュームに身を包んでパーティーに繰り出す人もいるのではないだろうか。そしてハロウィン・パーティーのマストソングと言えば、マイケル・ジャクソンの「スリラー」だ!!

そんなハロウィンをテーマに、オジー・オズボーンから果てはスパイス・ガールズに至るまで、20アーティストのモノマネで「スリラー」を歌っちゃう芸達者男を紹介したい。彼のモノマネっぷりもさることながら、歌唱力にもブっ飛ぶこと間違いナシだ! 

話題のモノマネは、動画「Michael Jackson – Thriller | Ten Second Songs 20 Style Halloween Cover」でチェックできるぞ!

続きを全部読む

何じゃこの朝礼は! サモアの学校で撮影された “生徒全員による合唱” がソウルフルすぎる件 / ネットの声「鳥肌が立った」

全校集会に付きものなのが「歌」である。校歌だけでなく、モルダウ河を賛美する歌とか、空駆ける天馬の歌とか、これでもかと言うほど大地を崇める歌とか、そのへんの歌を歌わされた記憶がある人は多いことだろう。

今回は、南太平洋に浮かぶ島国、サモアの全校集会(朝礼)を取り上げたい。その学校では日本の学校と同様に、全校集会で “合唱の時間” があるようなのだが……何じゃこりゃ!? 日本と全然違う! ……メチャクチャ迫力があるのだ。YouTube の動画「Song time at Maluafou College, Apia, Samoa」で視聴できる。

続きを全部読む

【なんじゃこりゃ動画】電車内で男性が即興デタラメソングを歌い始める → 他の乗客を巻き込んで大合唱 → 車内に妙な一体感が生まれる

電車に乗っている時に、もし乗客の誰かが突然大声で歌い始めたら、あなたはどう思うだろうか? しかも、よく知られているような歌ではなく、デタラメに言葉を並べたような適当な歌だったら? 恐らく「ちょっと怪しい人なのでは!?」と感じて、距離感を保つ人は少なくないだろう。

ところが! そんな車内で突然歌い出した人に、他の乗客が乗っかり、車内で大合唱になったケースがあるのだ。YouTube の動画「Singing train traveller」で、その一部始終を確認できるぞ!

続きを全部読む

最高にロマンチック! 26カ国を旅して4年間かけて作ったプロポーズビデオに大感動!!

女性なら誰でも、恋人からのロマンチックなプロポーズを夢見るものである。長い結婚生活で相手に腹が立つことがあっても、素敵なプロポーズのことを思い出したら許せてしまうこともあるだろう。そんな女性なら誰でも憧れる、ある男性の26カ国を旅して4年間かけて作ったプロポーズビデオが「最高にロマンチック!」と話題を呼んでいるのである。

続きを全部読む

シスターが歌のオーディション番組に出演して世界中から大絶賛 / 映画『天使にラブソングを』が現実に!

今1人の修道女、すなわちシスターが世界中で注目を集めている。彼女の名前は、クリスティーナ・スクッチャ。カトリック教会に所属する25歳のシスターだ。彼女は、歌のオーディション番組に出演し、圧倒的な歌唱力で一夜にしてスターになったのである。

シスターによる熱唱と言えば、大人気映画『天使にラブソングを』が有名。彼女の見事な歌いっぷりは、まるでその映画から抜け出してきたかのようだ。YouTubeの動画も、アップからわずか4日で再生回数1800万回オーバーと、映画同様に大ヒットしているぞ。

続きを全部読む

【動画】車の中でディズニー映画『アナと雪の女王』をデュエットする夫婦が素敵すぎると話題!! 再生回数500万回超の大ヒット

世界中で大ヒットを記録しているディズニーの最新映画『アナと雪の女王』。日本でも2014年3月14日より封切られた。皆さんはもうご覧になっただろうか? 同作は、ストーリーだけでなく、歌も素晴らしいと評判だが、その歌にまつわる動画が注目されている。

ある子連れ夫婦が車の運転中に劇中の歌をデュエットしたというものなのだが、その様子がとっても素敵! 「夫婦愛を感じる」、「見ていて幸せになる」と再生回数500万回オーバーの大ヒット中なのだ。その素敵夫婦の様子は、動画「Good Looking Parents Sing Disney’s Frozen (Love Is an Open Door)」で確認できるぞ!

続きを全部読む

ある日本人男性が歌うビートルズの名曲『Let It Be』が大反響を呼ぶ / ネットの声「魂を感じた」「日本人らしさが出ていてイイ」

現在、YouTubeにアップされたある弾き語り動画がネット上で大きな反響を呼んでいる。「Let It Be – The Beatles Acoustic Cover 弾き語り」と題されたこの動画は、astroboy15ifyと名乗る日本人男性が公開したもの。歌っているのは彼自身で、曲はザ・ビートルズの『Let It Be』だ。

これまでにも世界中で数えきれないほどの人々が挑戦してきたであろうビートルズの名曲だが、astroboy15ifyさんの歌う『Let It Be』は他の人のそれとは一味違う。何がどう違うのかは動画で確認していただきたい。

続きを全部読む

イビキに悩む人に朗報! 「歌の練習をするだけでイビキをかかなくなる」という研究結果

みなさんの中に睡眠中の “イビキ” で悩んでいる方はいないだろうか。なにせ寝ている最中の出来事だ。なかなか対策はとりづらい。そんななか、とある研究によって「予想外のイビキ対策方法」が明らかとなったのでご報告したい。

その方法とは……なんと、「日常的に歌の練習をするだけ」である。さらに、イビキ対策だけではなく、睡眠時の呼吸が快適になるなど “睡眠の質が向上する” 効果もあるとのこと。一体なぜ、歌うだけでイビキをかかなくなるのであろうか?

続きを全部読む

死を覚悟した夫が66年間連れ添った妻に贈った「ひとつの歌」が世界で感動を呼ぶ!

愛する人へ贈ったひとつの歌が、現在世界中で感動を呼んでいる。歌を贈った人物はジェームス・ピネガーさん(86歳)であり、贈った相手は66年間連れ添った妻のコリーンさん(85歳)である。

そして動画「You Are My Sunshine- 66 Years in Love Caught on Film」に映し出されている通り、ジェームスさんがコリーンさんに贈った歌は『You Are My Sunshine』(和訳:キミは僕の陽の光)である。しかしなぜこの歌のプレゼントが、世界の多くの人の心を震わせているのだろうか?

続きを全部読む

警察官が即興で行ったストリートパフォーマンスに称賛の嵐 / ネットの声「こんな警官が増えてほしい」

サッカー日本代表が2014年のW杯ブラジル大会出場を決めた夜、ひとりの警察官の活躍が注目を浴びた。そう、『DJポリス』である。大勢の人々を見事に誘導し、人々からの「お巡りさんコール」まで引き起こした彼の華麗なトークには、どこか親しみやすさがあった。

そんななか、いま海外でも、市民にとって親しみやすいある警察官が話題を呼んでいる。彼が人気になった理由は、トークではなく歌。街行く人々を前に、即興でOasisの名曲を披露する様子がYouTubeで公開され、この警察官がみせた粋な計らいにネット上では称賛の声があがっているのだ。

続きを全部読む

難易度高ぇ!! 歌と花で街行く女性を口説くロマンチックなナンパが凄い

以前、ロケットニュース24では、客の要望に応じて曲を演奏する「人間ジュークボックス」というストリートパフォーマンス動画をご紹介した。曲を選んでお金を入れるとその曲を演奏してくれ、さらに集まったお金は非営利団体に寄付されるというなんとも素敵な内容だった。

このときにパフォーマンスを行っていたのが、ニューヨークを拠点に活動する「cdza」という音楽家集団。その彼らが、このたび新たなストリートパフォーマンスを行い、再び話題を呼んでいる。今回のテーマはナンパ。街行く女性を片っ端から歌で口説いていくのだが、これがまた実に素晴らしいのである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3