大暴落「Casa株」を100万円買って9カ月持ち続けた結果 → ついに高騰キタァァァアアア! だがしかし・・・

調子が良いと思ったらズバンと落ちる。株価が下がるのは一瞬だ。そんな感じで2020年12月に株価が大暴落したのが家賃債務保証会社の「Casa」である。キッカケは文春砲なのだが、まあ詳しくは以前の記事を見ていただけると幸いだ。

安くなっていたから80万円株を購入したら、さらに下がったことはお伝えした通り。数日で含み損13万という地獄。あれから3カ月が経った。長い……とても長い3カ月。そして、ついに! Casaの株価が高騰したァァァアアア!!

続きを全部読む