「東京国際映画祭」にまつわる記事

「報道陣」の人数を定義してみた / 16~30人は「報道団」など

2011年10月22日、東京・六本木ヒルズで「第24回東京国際映画祭」(以下:TIFF)が開幕した。30日までの9日間の日程で開催されるこのイベント、上映映画は約130本を予定しており、提携企画は230本催される。日本だけでなく、海外メディアも高い関心を寄せている。イベント初日は、世界的な映画スターとして知られるジャッキー・チェンさんが舞台挨拶するとあって、多くの報道陣が詰めかけた。

その数、推定で300人(テレビ局などの主要メディアを除く)。実はメディア関係者は、ジャッキーさんが登場する4時間前に受付を済ませ、とある一室で全員待機していたのだ。これだけ多くの関係者が一室に留まるというのも珍しいことなのだが、4時間待機している間に記者(私)は、ふと妙なことに気がついたのである。

「報道陣」とは、何人のメディア関係者のことを指すのだろうか? 暇な時間を利用して、報道陣の人数の定義について考えてみた。

続きを全部読む

東京国際映画祭にジャッキー・チェンがキター! 日本にエール「みんながんばってね」

今年で第24回となる東京国際映画祭(以下:TIFF2011)が、2011年10月22日に開幕した。このイベントは、日本はもとより海外の優れた映画作品を紹介し、映画産業と文化のために1991年より毎年開催されている(1985~1990年までは隔年開催)。

開催初日は特別オープニング作品に選らばれた映画『1911』の総監督ジャッキー・チェンさんが挨拶を行い、出演100本目となった同作について語り、また日本に向けて「みんながんばってね」とエールを送ったのである。

続きを全部読む