「本」にまつわる記事

【買え】ありそうでなかったプロレス本「プロレスきょうは何の日?」が小ネタの宝庫すぎて最高

あなたは「鈴木健」と聞いて誰を思い浮かべるだろうか? おそらくほとんどの人は西武ライオンズやヤクルトで活躍した「元プロ野球選手の鈴木健選手」を思い出すことだろう。もし……もし黄金期の週刊プロレスで活躍した「鈴木健記者」を思い出したら、あなたは相当なプロレス脳の持ち主だ。

鈴木健──。1990年代、ターザン山本氏率いるイケイケの週刊プロレスにおいて、中心人物として活躍した名物記者である。今回はそんな鈴木健氏が初著書となる『プロレスきょうは何の日?』をリリースしたのでご紹介したい。

続きを全部読む

【本の日】本好きあるある40連発!

4月23日は「世界図書・著作権デー(世界本の日)」らしいぞ。つまり本の日だ。日本では「子ども読書の日」でもあるらしい。記者は子どものころから本が好きで好きで、友だちと遊ぶよりも本に夢中だったため、学校の先生によく心配されたものだ。

本には物語をはじめ、専門的な知識から雑学までいろんなものが詰まっている。それらを読むことはもちろん、買って手元に置いておくのも本好きにはありがちの行為だろう。そんな本を愛してやまない人たちに共通する事柄をあるある形式でまとめてみたぞ! 

続きを全部読む

マサイ族の町「キマナ」の本屋には○○の本しか売ってない! マサイ通信:第144回

スパ! 久しぶりなので「ごぶスパ(ごぶさた)」だな。ということでルカだ。百獣の王ライオンに1勝したこともあるマサイの戦士・ルカだ。ライターのルカでもあるし、原稿料で枯れた井戸を直した若きリーダー・ルカとしてもオレの村では有名だ。

さて。今回ご紹介したいのは……本屋、すなわちブックショップだな。住民がほぼ全員マサイ族の町「キマナ」には数軒の本屋があるんだけどな、ハイここで問題です。その書店には何が売ってるんでしょうか〜? 制限時間は30秒。チッチッチ……

続きを全部読む

杏さんもオススメのノンフィクション「19世紀の奴隷少女が書いた実話」が日本で静かなベストセラーに / その理由を海外メディアが報じて話題

実際に自分で経験して学べることは限られている。しかし、本を読んだりすれば、人が経験したことを疑似的に体験することが可能だ。

そして今、日本で「19世紀の奴隷少女によって書かれた実話」が、現代の問題に重ね合わせるかのように静かなるベストセラーになっているのだという。その理由を、海外メディアが報じて話題になっているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

提供:株式会社 ローソンHMVエンタテイメント

【100冊以上】日本は「スター・ウォーズの書籍大国」だった!『スター・ウォーズ 読書の日』にちなんで厳選の7タイトルを一挙にご紹介!!

2017年も10月に入り、いよいよ秋の到来である。「食欲の秋」も「運動の秋」も良いが、秋の夜長には「読書の秋」もピッタリだ。でも読みたい本が無いし……という人は、ここはひとつ『スター・ウォーズの書籍』なんていかがだろうか?

実は日本は世界でも稀にみる「スター・ウォーズの書籍大国」で、タイトル数は100以上にも及ぶのだ。今回は「そんなのあるのかよ!」と驚くべきものから「マジでためになる」という実践的なものまで、厳選の7タイトルをご紹介したい。

続きを全部読む

イケナイ関係に18禁な描写…ある男性が『ハリポタ』について “盛大なる勘違い” をしていた理由

世界中で空前の大ヒットとなり、原作&映画ともに今でも絶大な人気を誇る『ハリー・ポッター』シリーズ。魔法使いのハリーが親友達と固い絆を結び、悪と戦いながら成長を遂げていく姿に、多くのファンが感動した物語である。

そんな、『ハリポタ』を読みだした男性が、ファンが書いたフィクションをオリジナルだと勘違い! 「『ハリポタ』って、こんな ‟オトナ” な小説だったんだ……」と感想を述べる、彼のコメントが爆笑ものなのである!

続きを全部読む

【快挙】2017年楽天ブックス上半期ランキング → 3位「うんこ漢字ドリル」2位「うんこ漢字ドリル」1位「うんこ漢字ドリル」

家にいながらワンタッチで欲しいものが手に入る。ネットショッピング最高。そんなネットショッピングの中でも利用者の多い楽天が、2017年上半期の売り上げランキングを発表した。

ファッション、家電、美容などなど様々な部門がある中で、衝撃のランキングとなっているのが楽天ブックスの「書籍」ランキングである。3位「うんこ漢字ドリル」2位「うんこ漢字ドリル」、気になる1位は……「うんこ漢字ドリル」!!

続きを全部読む

ゴミ収集車の運転手が捨てられた本を集めて図書館を設立! 20年間で集めた本は2万冊以上に!!

近年、特に若い世代の活字&本離れが激しいと言われているが、世の中には本を読みたくても読めないという恵まれない環境の人々もいる。

そんな人たちのために、ゴミ収集車の運転手が捨てられていた本を集めて図書館を設立。十分に書籍を利用できない地域住民の教育の糧になっているという。

続きを全部読む

【まるでパズル】「客の顔と本の表紙」を合わせるフランス発のアイディアがオシャレ! センスの良さ溢れる画像はネットで話題に!!

最近は本を読む人が減っているとも言われるが、ハードカバーの本はサイズも大きく表紙デザインがハイセンスだと、部屋に飾ればアートとしてインテリアのアクセントになる。

そんな本の表紙を利用して、ある書店のスタッフが客に本の表紙の一部になってもらうオシャレな写真を作成。その画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に話題を呼んで数多くのフォロワーを獲得しているというので紹介したい。

続きを全部読む

【作家必見】ファン歓喜!! とある自叙伝の著者が「本屋に置いてある自著を手にしてくれた読者のために仕込んでおいた粋すぎるプレゼント」が話題

海外ドラマ『ブレイキング・バッド』は、末期癌(がん)を宣告された温厚な化学教師ウォルターが、家族に遺産を残すため、専門知識を活かしてドラッグ精製に手を出し、裏世界でのし上がる姿を描いた大ヒット作だ。

そんな本作で、主役ウォルターを演じた俳優ブライアン・クランストンが、2016年10月に、『A LIFE IN PART:ア・ライフ・イン・パート』と題した自叙伝を出版。その自叙伝を、超~粋な方法でファンにプレゼントする彼の行動が、ファンのハートをガッチリつかみまくっているというのである!

続きを全部読む

【読書の秋】ロケットニュース24記者がオススメする「この秋読んで欲しい本」13選

北海道では初雪が観測され、そろそろ肌寒くなってきた日本列島。食欲の秋、運動の秋、そして『読書の秋』である。ちなみに読書の秋は、中国の詩人 “韓愈” の「燈火稍く親しむ可く」に由来しているとされ「秋は過ごしやすいので夜は明かりを灯して読書をするといい」という意味だそうだ。

そこで今回は、ロケットニュース24のライター陣がオススメする「読書の秋に読んで欲しい本13選」をお伝えしたい。それぞれに思い入れのある作品ばかりだから「何を読もうかな~」という人は参考にしていただけると幸いだ。

続きを全部読む

階段を「好きな本の背表紙」に変身させちゃうアイディアが素敵! 本好きになっちゃいそう!!

現代は、すっかり活字離れが進み、本を読む人が減少しつつあるようだ。だが、ビジュアルに訴える映像では、見た物を視覚で受け入れるだけだが、読書は、登場人物や景色などの描写を文字で読むため想像力を刺激される。

そんな、本が大好きだという女性が、自宅の階段を「好きな本の背表紙」に変身させてしまったというのだ! なんともファンタジー感満載となった素敵な空間を、ぜひ紹介したいと思う。

続きを全部読む

【クセがスゴい】ペヤング専門レシピ「ペヤング本」爆ッ誕ッッッ!!!!

その本を近所のコンビニで発見したとき……時が止まった。大げさではなく、それくらいの衝撃を受けた。まさか、ペヤング専門レシピ『ペヤング本』なんてものがこの世に存在するとは……! 

自己主張のクセがスゴい見た目に胸騒ぎを覚えたが、プロペヤンガーとしては見過ごせない。とりあえず購入し内容を見てみると……中身もクセがスゴい

続きを全部読む

【動画あり】地下鉄で「恥ずかしい本」を読んでみたらこうなった!!

Amazonなどが存在しなかった時代は、全て書籍は本屋で買うしかなかったが、現代では、店で買うには少しためらわれる本などを、ネット通販で気楽に買えるようになった。

そんな、ちょっと読んでいると恥ずかしいような本を、地下鉄で広げたらどうなるか実験を行った動画「Fake Book Covers on the Subway」が、なかなかオモシロいので紹介したいと思う。

続きを全部読む

【2016年福袋特集】本屋『ブックファースト』の福袋(1000円)の中身を大公開! 本屋さんの福袋って何が入ってるの?

2016年1月1日から、ロケットニュース24 は多数の福袋記事が放出してきた。様々なジャンルの福袋を取り上げていると自負するが、本屋さんがまだだ! 何たることか!!

「でも本の好みって人それぞれだから、本屋さんが福袋を出すのって難しいかも」と思いつつ『ブックファースト』をのぞいてみたら……あった! 本屋さんの「福袋」を発見したぞ!! いったい何が入っているんだろう?

続きを全部読む

コミケで見つけた超マニアックな書籍5選

2015年12月29日より始まった、日本最大規模の同人誌即売イベント「コミックマーケット89」。会場の東京ビックサイトには、早朝から多くの人が詰めかけていた。

私(佐藤)は毎回コスプレを中心に取材を行うのだが、今回は会場で販売されている同人誌に注目した。多くのブースが二次創作の作品を出品しているなかで、大変興味深い作品を発見したので、その一部をお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

郵便配達員が「貧しくて図書館に行けない12歳の少年」のために本の寄付を募る! 500冊以上が集まる感動的な結果に!!

日本では若者世代の活字離れが問題視されているが、世の中には貧しいがために本を買えずに、読書をしたくてもできない子供達がたくさんいる。

そんな、ある貧しい少年が何か読みたいからと、郵便配達人に不要なダイレクトメールやチラシをせがんだという。そして、少年を不憫に思った郵便配達人が一念発起!彼が Facebookで本の寄付を募ったところ、500冊以上も集まったというのだ!!

続きを全部読む

「ペニスを2つ持つアノ男性」が自叙伝を出版!! 波乱万丈な人生を赤裸々に綴った本はネットで購入できるぞ!

約1年前に、ペニスを2つ持つ男性が「何でも聞いて!」とソーシャルニュースサイトに登場したとのニュースをお伝えした。興味深々のユーザーから質問の嵐を受けた彼は、“ペニスが2つあること” をネットで告白した1周年を記念して、なんと自叙伝を出版!

今まで1000人以上もの性的パートナーがいたという彼が、波乱に富んだ人生を赤裸々に綴った本について語っている。

続きを全部読む

【喫煙者の葛藤】「禁煙宣言」をした人の知られざる戦いの記録 / 家族さえ知らなかった秘密が死後四半世紀の時を経て明らかに!

多くの喫煙者にとって、禁煙は簡単に成功できるものではない。「吸いてぇー!」「でも吸えない!」「1本くらい大丈夫だろ……!」「いや、ここで吸ったら全てが台無しだ!!」という壮絶な葛藤の連続であり、途中で挫折する人は数えきれない。

そんな1人の戦いの記録が、画像共有サイト「imgur」にアップされていたので、ご紹介したい。ここまで聞くと、禁断症状で悶え苦しんでいる姿などを想像する人は多いだろうが、そうではない。むしろ苦しさはなく、どことなく痛快。……しかし、紛れもなく戦いの痕跡である。

続きを全部読む

返却期限41年遅れの本が図書館に返されて話題に / 延滞者「読むのが遅くてごめんなさい!」

何年も前に友人や知人から借りて以来、返しそびれているものはないだろうか。もしかしたら貸した本人すら忘れているかもしれない。だが、どんなに遅くなってしまっても、借りたものを返すことに遅すぎるということはないようだ。

現在アメリカでは、とある図書館に、返却期限から41年遅れの本が返されて話題を呼んでいる。しかも、そこには謝罪の手紙と延滞金として約3万円が添えられていたという。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2