空港で身分証明書を忘れた → 代わりにFacebookアカウントを提示したら飛行機に乗れた!

2001年9月11日に起きた同時多発テロ事件以来、アメリカの空港セキュリティーは強化される一方だ。そんな中、ある渡航者が ID(身分証明書)を忘れ、自分のFacebookアカウントを提示したところ、本人であることが認められ飛行機に搭乗できたというのだ。「そんなのアリなの!?」と意外なFacebook効果に、大きな注目が集まっているのである。

続きを全部読む