4月3日より渋谷シネマアンジェリカで公開される水戸市市制施行120周年記念映画『ビバ!カッペ』。『特命係長只野仁』シリーズの植田尚監督が描く、農業青春ストーリーとして注目を集めている。公開が間近に迫っている中、映画の見所について、チーフプロデューサーとして映画の原案を手掛けた株式会社コンシャスの代表取締役木下碧唯さんに、お話を伺った。

続きを全部読む