「暴走族」にまつわる記事

【動画あり】集団暴走で逮捕された “日本屈指のローリング集団” のチーム名が絶望的にダサい

日本全国に暴走族がいたのは、ずいぶん昔の話だ。今では「珍走団」と呼ばれるようになり、集団でバイクや車を乗り回す光景は、昭和のノスタルジーとなってしまった。

そんななか、自らの暴走運転をネットにアップしていたグループのメンバーらが道路交通法違反の疑いで逮捕された。彼らは「日本屈指のローリング集団」と呼ばれているらしいのだが、誠に残念ながらそのチーム名が絶望的にダサいので報告しておきたい。

続きを全部読む

iPhoneのバイブはカスタマイズ可能って知ってた? とりあえず「水戸黄門」と「ミッキーマウスマーチ」でコールしてみた

ブーン、ブーン……と、なんとも無機質なiPhoneのバイブ音。その着信が何かしらの催促電話だったりすると、振動音の「ブーン……」だけで心臓が止まりそうになる。単に電話に出れば良いだけなのだが、どうにかならないものか、このバイブ音……。

なる! 実は、どうにかなるのである。というのも、iPhoneのバイブはカスタマイズ可能だったりするのだ。無機質な「ブーン、ブーン……」を、「ブンブン、ブッブブ〜!!」などと楽しげなバイブにすることも可! さあ〜、みんなでやってみよう〜♪

続きを全部読む

【さみしがり屋たちの伝説】彼女ができない腹いせにバイクで暴走した埼玉の少年らが逮捕される / ネットの声「かわいい」「だから彼女が出来ないんだよ」

みなさんは暴走族と聞けば、どういったイメージを思い描くだろうか? 私(中澤)はまず、怖いヤンキー同士の血みどろの抗争を思い描く。間違っても入りたいとは思わないし、暴走族に入る人の気持ちも理解できない。どちらかといえば、みなさんも「怖い」というイメージが先行するだろう。

しかしこの度、そんなイメージを覆してしまう事件が起きた。バイクで蛇行運転や信号無視を繰り返し、暴走した埼玉の少年らが逮捕されたその理由が「リーダー格の少年がバレンタインデーまでに彼女ができなかったから」だったのだ。…………うん……辛かったな。でも、1回落ち着こうか

続きを全部読む

ファミコン『ボコスカウォーズ』2作目が約30年ぶりにPS4で発売決定! 海外でも戸惑いの声「なぜ今?」「 “ボウソウゾク” のゲームですか?」

1985年にファミコン版で発売された『ボコスカウォーズ』。なんとこの度、約30年ぶりに最新作『ボコスカウォーズ 2』が Play Station4 から発売されるというのだ! 1作目と2作目の間が30年も空くだなんて、なんとも珍しいシリーズだが、このニュースに反応を見せたのが海外のゲーマーたち。

「日本で『ボコスカウォーズ 2』がリリースされるらしいぜ……!?」とザワメキ、「あのクソゲーが!?」「俺の好きなゲームや!」と驚きや喜びの声があがり、そして「え? 暴走族のゲーム?」とタイトルを読み間違えたりと様々な反応が起こっているのだ。

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第30話:静香のそっくり自慢の如し」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【注意喚起】サウジアラビア人の「ながらスマホ」がケタ違いに危険すぎると話題

スマホは便利だ。この小さいマシンの中に無限の可能性が広がっている。よって、風呂に入りながらスマホしたり、歩きながらスマホしたり……と、通称「ながらスマホ」をしてしまうのだ。特に「歩きスマホ」は危ないぞ!

だがしかし。さらに危険なのがサウジアラビア人の「ながらスマホ」である。ケタ違いに危ないのである。ご覧頂きたい動画のタイトルは「Saudi Man texts on bonnet Speeding car Insurance must be expensive」だ!

続きを全部読む

【暴走族】高速道路を激走する竹槍バリバリな日本の族車に世界中からツッコミ続出 「虫かよ」「排水管の大会に行こうとしてんじゃねえのか」

以前、「日本の族車が大集合する動画が話題に」なる記事をお伝えした。爆音をまき散らしながら走る族車に対し、とある海外ユーザーは「下痢便サウンド」と見事な表現をし、日本のネットユーザーも妙に納得させられたのは記憶に新しい。

そんななか、またも日本の族車映像が動画サイトにアップ&様々な動画サイトに転載されており、世界中のユーザーから様々なコメント、ならびにツッコミが相次いでいる。

続きを全部読む

これがタイの暴走族だ! 完全にスピードの向こう側へ状態

バイクあるところ暴走族あり。日本にも未だ数多くの暴走族が存在し、下痢便サウンドをまき散らしながら暴走行為を繰り返しているが、実は日本だけではなく自由の国アメリカにも、そして微笑みの国タイにも……暴走族は存在し、それぞれが独自進化を遂げている。

タイの暴走族を安全に見たいならば、やはりYouTubeで動画を検索するのが一番だ。たいていのタイ暴走族動画のタイトルはタイ語であるが、1つ見つけたら芋づる式に見つかるはずだ。

続きを全部読む

【暴走族】アメリカの暴走族はマシンも危険度もエクストリーム級!

つい先日、日本の暴走族の映像が世界のネットユーザーを驚かしているという記事をお伝えした。マシン性能も空気抵抗も完全無視したデザインに、燃費や環境を無視したアクセルワーク。とある海外ユーザーは、これを「下痢便サウンド」と表現し、日本人をも納得させたばかりである。

それでは海外の暴走族たちは、どのような走りをしているのだろうか? そのヒントとなる動画が「Streetfighterz Ride Of The Century 2011」である。撮影地は米ミズーリ州のセントルイス。つまりはアメリカの暴走族である。

続きを全部読む

【暴走族】日本の族車が大集合する動画が話題に / 海外ネットユーザー「理解しがたい」「下痢便サウンド」「日本の謎」

誰もが一度は見たことのある暴走族。テレビ番組の通称『警視庁24時』などではおなじみの存在であり、田舎のみならず東京のど真ん中でも、たまに見かける神出鬼没の暴走族。一体なぜ、その文化が脈々と受け継がれているのか謎すぎるが、事実として2012年の日本にも暴走族は生き続けているのである。

そんな暴走族たちのクルマ、すなわち族車(ぞくしゃ)が大集合している動画が昨年2011年はじめにアップされ、クルマ好きな海外ネットユーザーたちの間で話題になっている。動画のタイトルは「Japanese Ricer VIP Convention!」である。

続きを全部読む

暴走族顔負け! 民主党中前茂之さんの選挙カー箱乗りが凄すぎる

超危険な車の乗り方、「箱乗り」。箱乗りとは車の窓に腰掛け、上半身を車外に露出する乗り方で、暴走族などが行う違法な行為だ。間違っても車に乗る人は真似してはいけない。

しかし、衆院北海道5区の補欠選挙に民主党からの擁立で出馬した中前茂之さんが、暴走族顔負けのとんでもない「箱乗り」を選挙カーでしていると、インターネットユーザーの間で話題となっている。

続きを全部読む