「暴動」にまつわる記事

なぜ米国で『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』が反人種差別主義のシンボル的存在になったのか? 「マリオは金と女のために戦うがソニックは違う」

さる2017年8月12日、米ヴァージニア州シャーロッツビルで、白人至上主義者の集会が行われた際に暴動が勃発。死者1人、負傷者30人以上の大惨事となったことは、ご存じの読者の方もいるだろう。

そんななか、人種差別が原因となった暴動で揺れる米国で、「日本生まれのゲームキャラ」が反人種差別主義のシンボル的存在となり、人気を博しているというのである。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】試合を続行不可能に追い込んだマレーシアサポーターの暴徒化が想像以上にヤバい

現在、2018年ロシアW杯へ向け、アジアでは2次予選が行われている。グループリーグ方式で次のステージを目指す戦いが続いているが、2015年9月8日行われたグループAのマレーシア vs サウジアラビアの試合は、サポーターが暴徒化する事態となった。

その暴動がきっかけで、試合は続行不可能。終了のホイッスルが鳴る前に打ち切られてしまったのだから始末が悪い。そして YouTube には、その光景が公開されているのだが、想像以上にヒドいものであった。

続きを全部読む

実践的に暴動について学べる「暴動トレーニング」コース開設! しかし行政関係者は「ふざけんな!」と激怒

イギリスのカルチャースクール運営会社が新設した、とあるトレーニングコースが物議をかもしています。新しく設けられたコースはなんと、暴動を実践的に学ぶ「暴動トレーニング」です。最新の警護技術やけが人の救護、さらに火炎瓶の投げ方まで、暴動マスターになるためのノウハウを教えてくれるというのですが、行政関係者は激怒している様子。「暴動はゲームではない!」として運営会社を非難しているのです。

続きを全部読む

【オランダ】Facebookで間違えて誕生パーティの招待状公開 → 3000人集結 → まさかの「暴動」に発展!!

オランダに住む16歳の少女が、誕生日に思わぬ事件に巻き込まれた。元はといえば、彼女の小さな過ち。誕生パーティの招待状をソーシャルネットワーキングサービスの「Facebook」に公開してしまったのである。そうしたところ、2万5000人が参加の意志を表明し、最終的に3000人が自宅に集結。さらには、暴動に発展したのだ。誰がこのようなことを予測できただろうか? いや、誰も予測できない。

続きを全部読む

【中国】アップルの下請け工場で数千人規模の暴動発生! 工場は3日間は操業停止か / iPhone5への影響は?

今月中にも世界で1000万台に達すると言われいるiPhone5。その部品を生産している中国の工場で23日夜から24日早朝にかけて暴動が起こったそうだ。

暴動は数千人規模に膨れ上がり、工場施設だけでなく付近のスーパーなども襲撃された。中国報道によると負傷者は40名、死者も10名ほど出ているという。暴動自体はすでに収まっているが、工場は操業停止を余儀なくされている。

続きを全部読む

【中国】子どもふたりのケンカが数万人規模の衝突に発展! 市民が市政府を包囲する騒ぎに!?

中国で数万人規模の暴動が発生ッ! 集まった群集は暴徒と化し、バス停や商店、駐車してあった車などを次々に破壊しているという。一部情報では、暴徒は市政府を取り囲み、現地は一時一触即発の雰囲気に。武装警察も出動する事態になった。実はその背景には、意外な出来事が関係した。それはたったふたりの子どものケンカである。いったいどうして、数万人規模に暴動に膨れ上がったのだろうか。

続きを全部読む

【ロンドン暴動】負傷して流血しているマレーシア人学生のリュックから堂々と窃盗する暴徒たち

いまだ収まる気配が見えない、イギリス・ロンドン各地で起きている暴動。現地に住んでいる日本人も負傷したという報道もあり、緊張した状態が続いている。

そんななか、暴徒による許しがたい行動が収められた動画が話題になっている。

続きを全部読む

【中国】広州で1000人規模の暴動が発生、市民が続々と動画投稿

6月10日、中国広州で大規模な暴動が発生した。治安当局と違法営業をする露天商のトラブルをきっかけに、事態は悪化の一途を辿り、3日を経て収まる気配を見せない。1000人もの市民が暴動に参加しているものと見られ、当局は2000人体制で鎮圧に乗り出している。

続きを全部読む