「日韓関係」にまつわる記事

【コラム】在日韓国人が最近の「徴用工問題」や「輸出規制」について思っていること

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。祖父母が日本に渡ってきて両親は日本生まれの日本育ち、私も基本的には日本語しか話せない在日韓国人の3世。年齢は41歳、安室ちゃんと同じ第2次ベビーブーム生まれです。

さて、これまでも何度かこっち系の記事を書いていますが、いやー、生まれてこの方ここまで普通に生きづらくなるとは思ってもみませんでした。まあ、相変わらず韓国がバカすぎるのが原因なのですが「輸出規制」や「ホワイト国除外」など新たなトピックも出てきましたので、久々にいま思っていることを書いてみたいと思います。

続きを全部読む

自民党議員の鬱陵島訪問に韓国民猛抗議 / 過激な踏み絵パフォーマンス

自民党国会議員の視察団が、竹島(韓国名:独島(トクト))に近い鬱陵島(ウルルンド)を訪問すると発表したことを受け、この計画を抗議する集会が、韓国で相次いでいる。

大韓民国枯れ葉剤戦友会や大韓民国父母連合、ライトコリア、独島守護国民連合などは7月29日午後、ソウル市内にある日本大使館前へ集結し「日本の独島侵犯行動に徹底抗戦しよう!」と怒声をあげた。

続きを全部読む

竹島問題めぐり韓国教授が「日本が韓国に対し自ら併合を要求する日もそう遠くはないだろう」

先月末、日本の文部科学省が竹島(韓国名:独島)問題を明記した中学校学習指導要領解説書に基づく教科書検定結果を発表。これにすぐさま反応した韓国は抗議行動を開始し、日韓関係に不穏なムードが漂っている。東日本大震災を受けて、多大な支援を率先して行ってきた韓国国民の間にも「恩を仇で返すのか」という声が上がっているのだ。

そんな中、キム・ドンギル名誉教授が4日、日本政府の竹島領有権主張に関連し「我々が、この問題に興奮した態度をとらなければ、何の言い掛かりもつけてこないだろう」と発言。また「日本は、韓国の助けなしでは生き残ることさえできない」と語るなど、強気の発言を繰り広げている。

続きを全部読む