「日本維新の会」にまつわる記事

『大阪都構想』に神戸も含む? 維新政調会長に兵庫県民ブチ切れ 「じじい何ぬかしとん!」「尼崎までならOK」

「日本維新の会」の政調会長、浅田均大阪府議会議長は2013年4月2日に行われた講演で、同党が推進している「大阪都構想」について発言し物議をかもしています。

浅田議長は構想について、大阪府だけでなく周辺10市、兵庫県東部まで含む考えを明らかにしました。これに対して兵庫県民から批判殺到。「何ぬかしとん!」や「誰が統合されなあかんのや!」、さらには「尼崎までならOK」などさまざまな意見が噴出しています。

続きを全部読む

小沢新党「国民の生活が第一」解党へ / ネットユーザー「国民の生活が第一ではなかったのか」「二の次になってしまったのか」

選挙に向けた動きがますます加速しています。石原慎太郎前都知事は、新党「太陽の党」を結成三日で解党し、橋下徹大阪市長の「日本維新の会」に合流し代表を務めることになりました。河村たかし名古屋市長は亀井静香氏らと合流し、新党「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」の共同代表に就任しています。

ここへ来て新たな動きが! 小沢一郎氏が代表を務める「国民の生活が第一」が解党することが判明しました。この動きに国民も動揺しているようで「国民の生活が第一ではなかったのか」や「二の次になってしまったのか」などのコメントしています。この先さらに、第三極は荒れていくのでしょうか?

続きを全部読む

亀井静香氏が新党「反TPP・脱原発・消費増税凍結の党」結成 / ネットの声「名前が長い」

衆議院が解散し、各政党は選挙戦へ向けた準備を進めています。第三極の動向が、今回の選挙の鍵と見られているのですが、そんななか国民新党の前党首亀井静香氏が新党を結成しました。新政党名は、「反TPP・脱原発・消費増税凍結の党」。名前が長すぎると、早くもインターネット上で話題になっています。

続きを全部読む

結党三日でまさかの解党! 太陽の党が維新に合流決定 / ネットの声「意味が分からん!」「なんですかこれ?」

衆議院が解散し、年内選挙が現実のものとなりました。石原前東京都知事は、2012年11月13日に自身が代表を務める「太陽の党」を結成したのですが……。三日後の11月16日になって、日本維新の会と合流することが判明。太陽の党を解党することが明らかになったのです。このことにインターネットユーザーは衝撃を隠し切れないようです。

続きを全部読む

ドクター中松が「日本維新の会」を商標出願していた! ネットユーザー「さすがドクターw」「でかした」

現在もっとも勢いのある政党として、先ごろ結党したばかりの「日本維新の会」が注目されている。大阪市長の橋下徹氏が党代表を務め、次期選挙で議席を獲得するものと期待が高まっているのだが、その名称が商標出願されていることが判明した。出願していたのは、発明家として知られるドクター中松(中松義郎)氏である。このことにいち早く気付いた知的戦略コンサルタント永井武氏は、Twitterで次のようにコメントしているのだ。

続きを全部読む