「旅行」にまつわる記事

青森県弘前市の旅行会社が企画したツアーのタイトルが怖すぎる! 『短命県体験ツアー ~青森県がお前をKILL~』

観光資源が豊富な地方でも、観光客を招くには苦労する。まして、観光の目玉がなければ……。さらにオフシーズンともなると、なんとしてでも目玉になるような何かを作りたいに違いないはず。

・短命県体験だと!?

最近、青森県弘前市の旅行会社が驚くべきツアーを発表した。その名も、「短命県体験ツアー」だ。津軽地方は全国一短命で知られている。それを逆手にとった体験ツアーを企画したのだ。危険なツアーではないそうなのだが、ちょっと怖い……。でも気になる、ちょっと行ってみたいぞ。

続きを全部読む

【動画あり】なんちゅーレア体験! 飛行機に乗ったら……客が自分だけだった!!

飛行機って素敵。青い空、白い雲、眼下に広がる海や町並み。見ろ! 人がゴミのようだ! その一方で、乗客がぎゅうぎゅうに詰まったエコノミークラスの席は、考えただけでもブルーになってしまう。しかも嫌な客の隣になった日には、最悪だ。

しかし、こんな幸運だって起こることがある。1人の男性が飛行機に乗ったところ……乗客が彼1人だけだったのだ! 他の乗客はだ〜れもおらず、飛行機は文字通り彼1人だけのために飛んだのである。こりゃあ、ファーストクラスなんか目じゃない快適さだったはずだぞ!!

続きを全部読む

民泊サービス「Airbnb」で ‟かまくら” を貸し出した人のアイディアがユニーク! でもこれって宿として認められるの? 1泊2万3000円

雪が積もる地域では、雪や氷で作られた彫刻や建造物を展示するイベントがよく開催される。そんななかでも、雪で作る家 ‟かまくら” はシンプルな構造なので、人手さえあれば比較的簡単にできて難易度が低いと言えるだろう。

そこで、ある男性が、アパートや自宅の空き部屋を旅行者に提供する民泊サービス「Airbnb:エア・ビー&ビー」で、かまくらを貸し出すことにしたのだ。なかなかユニークなアイディアではあるが、宿として認められるかどうかが微妙じゃない? ……というニュースが話題になっているので紹介したい。

続きを全部読む

提供:佐賀県

【デカすぎて泣いた】2m50cmの巨大クマと佐賀県に1泊2日してきた / しかも飛行機で

2015年の11月にロケットニュース24に仲間入りした2m50cmの巨大なクマ。私(中澤)は密かにこのクマをアンジェリカと呼んでいる。性別はたぶんメス。その愛くるしさゆえに、すぐに編集部のマスコット的存在となった彼女。私の1日は彼女に「おはよう」を言うことから始まる……。

だが、新年初出社日の1月4日。いつものように彼女に朝の挨拶をしたが返事が返ってこない。どうしたんだアンジェリカ!? なんで無視なんだ! いつもみたいに元気に挨拶してくれよ!! ひょっとして……ひょっとして怒っているのか? 年末年始放置気味だったことにスネているのか!? ダメだ……。こんな状態で仕事なんてできない。なんとしても彼女と仲直りしなければ……そうだ、2人で旅に出よう。

続きを全部読む

【旅行好き必見】人気上昇中の世界の観光都市トップ10

年末年始に旅行に行きたい! でも、どこに行ったらいいのか分からない!! ……という人は、とりあえず人気観光地に行ってみるのがいいだろう。それも、現在進行形で評判のいい場所だ。過去の人気や知名度だけで選ぶと、大失敗することもあるから気をつけたい。札幌●計台のような場所もあるしな。

……というわけで今回は、世界の人気の観光都市、それもまさに今人気が上昇している場所トップ10を紹介したい。個人的には、ちょっと意外な顔ぶれだったぞ。

続きを全部読む

提供: 株式会社DeNAトラベル

世界にはこんな秘境が沢山! 旅の達人の体験談に思わず旅がしたくなる / DeNAトラベル主催のイベント『この旅、変じゃーにー?vol.1』に行ってきたヨ!

2015年11月25日、都内にて奇想天外なイベントが開催された。そのイベントとは、DeNAトラベル主催の、「この旅、変じゃーにー?vol.1」。出演者は、奇界遺産で有名な佐藤健寿さん、世界94カ国で恋をした(!?)歩りえこさん。そして、ケニアへの弾丸取材もなんなくこなしてしまう、当サイトの編集長GO羽鳥。そう、旅の達人たちである。

そして参加者は、「今すぐ旅に出たい人」「そのための旅支度をして来れる人」「変な食べ物が好きな人」という応募条件のもと、抽選で選ばれた生粋の旅マニアたち! はたしてこの、旅マニアの旅マニアによる旅マニアのためのイベント、一体何が起こるのだろうか……?

続きを全部読む

ラスベガスを旅行する父ちゃんにビデオカメラを渡したら自撮りモードになっていて……「稀に見る珍ビデオ」の再生回数が800万回近くに!!

テクノロジーは、便利である一方、時に残酷な結果を生み出してしまうことがある。あまりにも機能やボタンが搭載されすぎていると、何をどうしてよいのやら、特に年配の人には親切とは言い難いかもしれない。

まさに、そんな経験をしてしまったパパがいるので紹介したい。ある息子が、ラスベガスを旅行する父ちゃんにビデオカメラを渡したら、なんと旅行の間中、ずっと自撮りモードになっていたというのである!! 再生回数が800万回に迫る珍ビデオは、「An Irishman In Vegas」でチェックできるぞ!

続きを全部読む

【あるある】はじめてオーストラリアに旅行した人あるある50

コアラやカンガルー、はたまたエアーズロックなどで有名なオーストラリア。私事で恐縮だが、つい先日 筆者は約1週間、人生初のオーストラリア旅行に出かけてきた。雄大な自然とヨーロッパ調の街並みは目に美しく、きっとこの記憶は長く心にとどめられることだろう。

そこで今回は、『はじめてオーストラリアに旅行した人あるある50』と題し、滞在中に感じたことを述べていきたい。オーストラリアに縁がある人はもちろん、これまでオーストラリアに興味がなかった人にも、何かを感じ取っていただければ幸いだ。

続きを全部読む

外国人が考えた「日本旅行の前に知っておくべきこと」が話題! その気持ちに日本人も滝川クリステル精神で応えるべき

ロケットニュース24の編集部がある東京・新宿。最近このあたりを歩いていて気付くのは、とにかく外国人観光客が多い。というか、数年前と比べてめっちゃ増えた気がする。その人種はアジア系から白人まで様々だ。

海外のニュースサイトに掲載された、日本旅行の前に知っておくべきこと、という記事がいま話題らしい。日本で失敗したり、失礼なことをしないように備えているようだ。なんだか嬉しいじゃないか。その姿勢から、私たちも学ぶことがあるかもしれないぞ。

続きを全部読む

宿泊サイト「Airbnb」が世界最大の墓地での宿泊を企画!! 人骨だらけの地下墓地で過ごすハロウィンはマジ恐怖なこと間違いナシ!

現地人が、旅行者に自分の家やアパートの空いている部屋を提供する宿泊サービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。現在、世界中で多用され、2013年には日本語サービスも登場している。

そんな、成長が目覚ましい Airbnb がハロウィンの一環として、フランスにある世界最大の地下墓地での宿泊を企画したという!! いまも600万人が眠る墓地。大量の人骨が並べられた場所に泊まるなんてホラーそのものだが、ここで一晩ハロウィンの夜を過ごしたいという人はいるだろうか?

続きを全部読む

【コラム】クラフトビールのイベントで遭遇したイギリス人男性たちが唯一知っていた日本語が面白かった件

秋の気配に意気消沈している佐藤です。秋は苦手です。特に夕暮れ時のさみしさと言ったら、童心を忘れたオッサンさえもセンチメンタルにしてしまうほど切なく、胸を締め付けられるようです。

最近私は、「大江戸ビール祭り2015」というイベントに行った。この催しが予想外に盛り上がっており、1人ぼっちの私は異常なまでのさみしさに襲われたのだ。しかし! 1人だったはずの私は、いつの間にか初対面の人たちと仲良くなり、なぜか外国人とカンパーイ! 状態に。やっぱお酒の力ってスゲエなあ~!!

続きを全部読む

【知っ得】120円で11時間 2府4県! ルールを守り「大回り」で行くJR線の旅

突然だが、「大回り」という言葉をご存知だろうか? 「大回り」とは、JRに設けられた『大都市近郊区間の乗車特例』のこと。鉄道好きの方々のなかで使われている言葉である。

簡単に言うと、大都市近郊区間内でルールを守れば、乗車した駅から目的駅まで「大回り」しても最短距離の運賃で乗車できる、つまり「初乗り切符で長距離の旅ができる」ということなのだ!

続きを全部読む

キューバに行って「これはヤバイ」と思ったことベスト7

「ヤバイ」という言葉は、元々「危ない」といった意味ですが、現在、特に若い人の間では「最高」と、ポジティブな意味でも使われることもあります。そして後者の意味での「ヤバい」は、例えば旅行に行ったりすると感じる人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、私事で大変恐縮なのですが、記者がキューバを旅行して「最高」だと感じたことをランキング形式でお伝えしたいと思います。題して、「キューバに行って『これはヤバイ』と思ったことベスト7」です!

続きを全部読む

「うちの国でこんなコトしちゃダメ!」世界の NG 行為20選 / インド「路上での “立ちション” は OK でも “キス” はダメ!」など

国が変われば、風習も変わるもの。初めて訪れた国・地域では、思わぬ行為が白い目で見られてしまったりするようだ。ということで今回は、海外サイト Reddit に寄せられた「ウチの国では、こんなことをやったらダメだよ!」という NG 行為20選をお伝えしたい。

もちろん世界は広く、国の中でも地域によって違うことがたくさんある。今回ご紹介するアドバイスが、必ずしもその国で通じる訳ではないのかもしれないが……なかなか興味深い内容が出そろったぞ! 郷に入れば郷に従おう!!

続きを全部読む

【下痢あるある】旅先でうんこを漏らした人だけが分かること40連発

大人がうんこを漏らす—あってはならないことである。しかし、排便は生理現象であるだけに、時にはコントロール出来ず……ということだってある。特に旅先では、食べ物や飲み物が合わずに体調を崩しやすいもの。

そこで今回は、海外旅行中に下痢になった個人的な体験を “あるある” という形でお届けしたい。題して、「【下痢あるある】旅先でうんこを漏らした人だけが分かること40連発」だ。

続きを全部読む

10歳で “終わらない旅” に出た少女にとって「世界は壁のない学校」! 少女の放浪の旅が羨ましすぎるぞ!!

長期にわたる海外旅行に憧れても、実行に移すのは大変である。仕事をしていたら簡単に休みは取れないし、長期となったら退職せざるを得ない。そうなったら帰国後の再就職が心配だし……と、考えているうちに月日がどんどんと経ってしまう。

そんな人達が聞いたら、羨ましすぎて人生計画を変えたくなってしまうような少女についてお伝えしたい。10歳で家族と共に終わらない旅に出た彼女にとって、「世界は壁のない学校」だというのだ。世界各地を旅して、様々な文化や習慣を吸収している少女は、ブログをまとめた旅行記まで出版する予定なのである。

続きを全部読む

【保存版】台湾旅行に行く人必見! 台湾メディアが選ぶ「桃園国際空港で無料で一休みできる場所8選」

現在、海外旅行先のなかで人気急上昇の台湾。近いし、ご飯は美味しいし、人は優しいし、旅行先として魅力いっぱい! さらに多くのLCCが就航しており、比較的安く行けるのも嬉しいところだ。トランジット利用客も多い。

でも、LCCだと出発が交通機関も動いていないような早朝深夜であることが多く、もう空港に着いただけでクタクタ……。ということで、今回ご紹介したいのは「台湾の空港で無料で一休みできる場所8選である! これでもうLCCもトランジットも怖くない!!

続きを全部読む

一番安い航空チケットを買えるのはどこ? 「JTB」「H.I.S.」「DeNAトラベル」など6社を比べてみた / 同じルートなのに2倍近い差が!

個人旅行で海外へ行くならば、自分で航空券を押さえなくてはいけない。多くの人が、旅行代理店に足を運んだり、または電話したり、もしくはインターネットを活用したりして、それぞれチケットを購入するはずだ。

私事で大変恐縮なのだが、最近私(筆者)は、その手配をすることになったので、「JTB」「H.I.S.」「近畿日本ツーリスト」の店舗を回り、さらに旅行Webサイト「DeNAトラベル」「楽天トラベル」「トラベルコちゃん」の3つのサイト、合計6社どこが一番安かったのかをリサーチした。すると……「こんなに差が出るの?」という驚きの結果だったのだ。

続きを全部読む

海外ユーザーが選ぶ “世界の素敵リゾート島” ベスト10! 第1位に沖縄、2位がバリでハワイは3位!! 石垣島も10位にランクイン

5月のゴールデンウイークも終わり、次に控える旅行シーズンはお盆だ! そろそろ航空券や宿の手配を始めている人も多いのではないだろうか?

そんな夏の旅行計画に参考になるかもしれないランキングを紹介したい。それは、海外ネットユーザーの声を集計した「世界の素敵リゾート島ベスト10」だ。一体どこがランクインしているのだろう?

続きを全部読む

寂しそうな表情で有名になった男性が超ハッピーに! 「1秒も楽しくなかったプエルトリコ旅行」の男性が家族と一緒に旅行をしたらこうなった

いくらなんでも寂しすぎる表情で、一躍注目を集めることになった男性がいる。以前、ロケットニュース24でも取り上げた、ケビン・ブランドフォードさんだ。名前を聞いても「誰?」という感じの人がほとんどだろうが、「自分の旅行写真を『一秒も楽しくなかったプエルトリコ旅行』と題して、ネット上に投稿した男性」と言うと、「あ〜はいはい!」となる人もいるのではないだろうか。

その彼が、前回とは打って変わって超ウハウハな表情の写真を投稿したようなので、取り上げたい。前の写真は、今にも犯罪を犯しそうなほど寂しさが全身からあふれていたのに……今回はメチャクチャ幸せそう! 何!? この落差は……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10