ついにターミネーターの皮膚が完成か!? 血がにじむように赤くなり自己治癒までする新素材が開発される

ロボットなのに血を流す、映画『ターミネーター』の世界に一歩近づいたかのような研究結果が発表された。傷がつくと、血がにじみ出たように赤くなるプラスチック製の素材が開発されたというのだ。しかもその傷口は自己治癒するという。

まるで人間の皮膚のようなこの素材は、米サザン・ミシシッピ大学のマレク・アーバン教授率いる研究チームが開発したものだ。このたび、米国化学会で発表され注目を浴びている。

続きを全部読む