「新潟」にまつわる記事

「魚のアメ横」こと寺泊魚の市場通りへ行ってみた / 見て食べて大満足の魚介天国すぎて帰りたくなくなった

多数の商店が立ち並び大勢の買い物客でにぎわう東京・上野の大型商店街「アメ横(アメ横商店街連合会)」。食料品や衣料品、日用雑貨などさまざまな商品がそろい、とくに年末は多くの人が訪れることで有名だ。

ところで、皆さんは「魚のアメ横」と呼ばれる市場通りがあることをご存じだろうか? あの盛況なアメ横の名前を借りる市場とあれば、きっと活気や品数もハンパないはず。いったいどんな場所なのかさっそく確かめに行ってみた!

続きを全部読む

【グルメ】ソース焼きそばにトマトソースをかける新潟のソウルフード「イタリアン焼きそば」を食べてみた

今や「B級グルメ」はとどまる事を知らず、どこの地方にもその土地のオリジナル料理があります。いわば、「ご当地ソウルフード」ですね。

実は新潟に、異なる麺料理をかけ合せたソウルフードが存在します。それが「イタリアン焼きそば」(通称:イタリアン)。初めての人には新食感、地元の人には懐かしの味だというのですが……。うーん、焼きそばなの? パスタなの? ナポリアンみたいなのかな? ということで、どんな食べ物なのか通販で購入し、実際に食べてみました!

続きを全部読む

【伝説のラーメンを求めて】もはや説明するまでもない秋葉原ラーメン界の名店中の名店『青島食堂』のショウガ風味ラーメンにホロリと感動

先日、かつて秋葉原駅前にあった伝説のラーメン屋『ラーメンいすず』についてのコラムを書いた。一度食べたら忘れられないショウガ風味。ファンも多かったが、十数年前に惜しくも閉店。熱烈な支持者は今でもいすずの味を思い出し、「いすずみたいなラーメン」を追い求めている。

ネット上にはチラホラと「あのお店のラーメンがいすずっぽかった」という勇者からの情報が書き込まれているが、実際に食べてみないと分からない。果たして本当にいすず風なのかは、自分の舌で確かめるしかないのである。

そんななか、よく「いすずっぽい」と話題になるお店がある。しかも場所も秋葉原。お店の名前は『青島食堂』。あまりにも美味く、あまりにも名店。様々なラーメンランキングでも上位の常連だ。今回はそんな『青島食堂』に行ってみた。

続きを全部読む

【伝説のラーメンを求めて】超絶ストロングな “しょうが風味” に衝撃! 幡ヶ谷『我武者羅』の生姜醤油らぁ麺を食べたら新潟に行きたくなった

先日、かつて秋葉原駅前にあった伝説のラーメン屋『ラーメンいすず』についてのコラムを書いた。一度食べたら忘れられないショウガ風味。ファンも多かったが、十数年前に惜しくも閉店。熱烈な支持者は今でもいすずの味を思い出し、「いすずみたいなラーメン」を追い求めている。

ネット上にはチラホラと「あのお店のラーメンが、いすずっぽかった」という勇者からの情報が書き込まれているが、実際に食べてみないと分からない。果たして本当にいすず風なのかは、自分の舌で確かめるしかないのである。

ということで今回行ってみたのは京王線・幡ヶ谷駅からスグの場所にある新潟風ラーメン店『長岡 生姜醤油 我武者羅(がむしゃら)』だ。「我武者羅の生姜ラーメンが近い」という情報があったからである。

続きを全部読む

日本が誇る夏の夜空に咲く大輪の花! 新潟県の “長岡花火” があまりに美しすぎるとネットで話題に

現在ネット上である花火が美しすぎると話題になっている。その花火とは、新潟県長岡市で打ち上げられた長岡花火だ。

『長岡花火 「この空の花」 2012年8月3日』という動画には、その長岡花火の一部始終が映し出されているのだが、これがもう! 本当に息を呑むくらい美しい!

続きを全部読む

新潟県の、女子高生の“短すぎる”スカート丈を改善するように呼びかけるポスターが話題だ。新潟県は、雑誌で「全国一スカート丈が短い」と報じられ たこともあり、改善に向けて本格的に取り組む中で今回のポスター製作に至ったようだ。「上から命令するのではなく、生徒自身にも考えてもらいたい」という 意図もあるとのこと。 続きを全部読む

  1. 1
  2. 2