【リオ五輪】ガッツ石松氏が『ガッツポーズ』の意味を “文武両道” と説明 / ネットの声「どこが文部両道?」「よく分からないけど最高!」

2016年8月11日、リオ五輪・卓球男子シングルスで初めてメダルを獲得した水谷隼選手。彼が試合中に行ったガッツポーズに対して、14日放送のTBS系『サンデーモーニング』で野球解説者の張本勲氏が「手は肩から上に上げちゃダメ」とダメ出ししたことが話題となっていた。

そんな中、 ガッツポーズの語源(諸説あり)とされる元世界チャンピオンのプロボクサー・ガッツ石松氏が8月16放送の『スーパーJチャンネル』内で、「ガッツポーズに定義なしだ。OK牧場」と発言し、様々な声がネットを中心に集まっている。

続きを全部読む