家族の存在はデカい! 既婚の肺がん患者の生存率は独身の患者よりも3倍以上高いことが明らかに

家族や配偶者がいることの有難さや大切さは、普段のなにげない生活ではつい忘れがちになってしまうもの。自立して独り暮らしを始めたり単身赴任などで家族から離れたりしたときほど、その存在の重要性に気付くのだ。

だが、肺がんを患った人々にとっては、家族の有難みは毎日ひしひしと感じるものなのかもしれない。最新の研究によると、肺がん患者の生存率は独身の人よりも既婚の人のほうが3倍以上高いことが明らかになったそうだ。

続きを全部読む