「擬人化」にまつわる記事

【公式が病気】『うちのタマ知りませんか?』がまさかの擬人化で美少年だらけに! ネットの声「推せる。」「タマ、おまえ男だったのか…」

丸っこいぶち猫や犬のキャラクターが可愛い「タマ&フレンズ ~うちのタマ知りませんか?~」。アニメは見たことがなくとも、下敷きなどの小学生用グッズで知ってるという人が多いのではないだろうか。

この度、そんなタマたちが擬人化されるという。しかし「擬人化」と言ってもあのお馴染みの丸っこい絵柄でやるんでしょ? そう思ってHPを見た私(中澤)は度肝を抜かれた。タマたちがイケメンパラダイスになっとるやないかい! っていうか、タマ……お前男やったんか

続きを全部読む

医者に教えてもらった「スムーズに排便するテク」が最高すぎて人生変わった件

ときに苦しく、ときに快感で、ときに踏ん張りが必要であり、ときに踏ん張ることが危険だったりもする……そんな “人生の縮図” とも言える日常行為といえば排便だ。「汚い」と思われがちな話題だが、今回はその排便にガッツリとフォーカスしたい。

内容はずばり、排便をスムーズにするテク。いわば、ウン小技だ。元々は私(筆者)が痔で病院を訪れたときに、医者から「こうしたら楽に出来るよ」と教えてもらったもの。そこで実際にやってみたら、私の肛門が「ウッヒャアアアア」と歓喜の声をあげており、人生が変わったと言っても過言ではないので、報告シヒャアアアインッ!

続きを全部読む

【間もなく非公開】志布志市「養殖うなぎを女性に擬人化した動画」について職員に今後の対応をきいてみた

日本一の養殖うなぎの水揚げ量を誇る、鹿児島県。そんな鹿児島県で最大規模となるうなぎの産地が、大隅半島の最東部に位置する「志布志市(しぶしし)」だ。

今、その志布志市がYouTube上に公開した「養殖うなぎを女性に擬人化した動画」がネット上で多くの賛否を呼んでいる。「気持ち悪い」など、批判の声が多く挙がっているこの動画だが、志布志市がどのような意図で制作したのか、そして、多くの意見をどのように受け止めているのかを、志布志市に直接電話して聞いてみた。

続きを全部読む

【視聴注意】生理ナプキンを擬人化! 中国ネット界に登場した生理用品CMがクレイジーすぎる / 顔面ナプキン人が歌って踊って “赤ワイン” を飲む

生理用ナプキンのCMと言えば、生理中の可愛い女の子が「多い日でも大丈夫♪」とか言いながらベッドの上でゴロゴロしたり、青い水を使って吸収率のスゴさをうたうのがセオリーだ。それは全世界共通だと思っていました……が、しかし!!

2015年、中国ネット界に出現した “生理用ナプキンのCM” が斜め上どころか大気圏をつきぬけるほどヤバイと話題になっている。そのCMはYouTubeなどの動画で確認できる。が、先に言っておくと閲覧注意レベルにクレイジーである。

続きを全部読む

【衝撃動画】生理を擬人化したらこうなった

ワンコにニャンコ、コンビニ、戦艦、書体などなど古今東西、様々なものが擬人化されているが、人類はついに “アレ” までも擬人化してしまっていた。それは、女性の月経こと「生理」!

世の中には、なんと生理を擬人化し、女子との7日間の共同生活の様子を描いた動画が存在するのだ。生理に人格を与えたらどうなってしまうのか? さっそく動画「If Your Period Was A Person」を見てみよう。

続きを全部読む

【ユーモア&アイディア】身の回りにある物だけでこんなにカワイイものができました! 卵やお菓子などを使った擬人化アートがほんわかダーク

アートという言葉とバッタリ直面すると、「小難しそう……」と反射的に思ってしまいそうだ。しかし今回ご紹介する作品群を見ると、「そうじゃないんだ」ということがとてもよく分かる。

ピーナッツに卵、物差し、トイレットペーパーの芯などが、人間のように振る舞い、一つの人間ドラマを描いているこの作品たち。擬人化された物たちの姿は、どこかおマヌケでありながら、ナカナカ大変そうだ。

続きを全部読む

中国絵師が萌え擬人化した新幹線車両が可愛すぎ!! まさかの中国鉄道局イベントでコラボが実現して話題に / ネットユーザー「中国が始まった!」

先日、台湾の地下鉄で爆誕した萌えキャラ『進め!たかめ娘』が可愛いすぎる件をお伝えした。「相変わらず、台湾は萌え分野において始まっていらっしゃるなぁ」と思ったものだが、お隣の中国だってキチっと始まっていたので報告しておきたい

その名は『天朝鉄道少女』。中国新幹線「高速鉄道」の車両を擬人化美少女化したもので、もともと同人キャラだったのだが、先日、ついに高速鉄道公式イベントのPR部隊として登場したというのである!

続きを全部読む

日本でついに 『コンドームの擬人化プロジェクト』が始まる / コンセプト「正しい性教育を教えてくれるイケメン2人組」

擬人化とは、「人間以外のものを人間にたとえて表現すること」。いま、日本では実に多くものが擬人化され、漫画や小説になるなどアツい活躍を見せている。

そんな擬人化大国ニッポンで、ついに……! 「コンドームの擬人化プロジェクト」が始まったようだ!! 現在、そのキャラ絵の募集が開始したところ。そんな擬人化コンドームのコンセプトは「正しい性教育を教えてくれるイケメンお兄さん2人組」である!

続きを全部読む

【マジかよ】ミッキーマウスが子供に悪影響だって!? 研究者が「動物キャラは子供の頭を悪くする」と主張して物議

ディズニーの “ミッキー・マウス” に、『ピーターラビットのおはなし』の “ピーターラビット” 、ディック・ブルーナの “ミッフィーちゃん” 。これら動物が人間のように振舞うお話は小さな子供も大好き! パパママのなかには、好んで絵本やアニメをお子さんに見せている人も多いのではないだろうか?

その「動物キャラクター」について、ある研究者が衝撃的な主張をして物議を醸している。なんと「動物キャラが登場する作品は子供に間違った知識を与える」、つまりおバカさんになるかもしれないというのだ。どういうこと!?

続きを全部読む

【ニャンコ クオリティ】会社に擬人化した猫がいたらこうなるって動画

以前、ロケットニュース24では「犬と猫をイケメン擬人化したらこうなる」という動画を紹介した。全力で愛情表現をするワンコと、あくまでツンデレ・マイペースなニャンコの特徴が擬人化したことで、より面白いと話題になったが、今、新たな擬人化動画が人気を集めている。

それは、擬人化した猫が同僚だったらどうなるかを描いたもの。会社に来たニャンコ様はどんな表情を見せてくれるのだろうか? さっそく動画「Things Cats Do That’d Be Creepy If You Did Them」で確認だ!

続きを全部読む

中国ネットユーザーによる「書体擬人化」がカッコよすぎ!!  しかも妙に書体の歴史が勉強できる件

電車に、艦隊に、国家と、あらゆるものが擬人化されている。止まらない擬人化ムーブメントだが、最近、中国ネットユーザーによる「書体の擬人化」のクオリティがハンパないとインターネット上で話題になっている。

なにがどうすごいのかと言うと……その水墨画風の美しいイラスト!! さらに各書体の特徴もバッチリ押さえられており、書体同士の人間関係から妙に歴史に詳しくなれちゃうというのだ! 

続きを全部読む

擬人化萌えに国境はない! 台湾女子が描いた中国各省の擬人化イラストが可愛くてハイレベルだと話題に

オタク文化に国境なし! 「擬人化萌え」は世界共通ッ!! 以前、ロケットニュース24では中国の各省をイケメン擬人化したイラストに中国腐女子が萌えている件をお伝えしたが、再び中国各省の擬人化イラストがネットを賑わせている。

話題のイラストでは、各省の特徴がよくとらえられ、しかも絵柄はとってもキュート。今すぐフィギュア化したくなるほどの完成度の高さなのである。

続きを全部読む

犬と猫をイケメン擬人化! 両者の違いがよーくわかる動画が話題に / ネットの声「可愛い!」「萌えた」

犬と猫。両者はペットとして絶大な人気を誇る。だが、両者の性格は両極端。先日、そのことがよくわかる動画「Cat-Friend vs Dog-Friend」が公開された。

この動画はただの犬猫比較ではない。なんとイケメン達がリアル擬人化。“犬男子” と “猫男子”、そして “飼い主である人間男子” の絡みがまた面白いと話題になっている。

続きを全部読む

もしもワンコがテレビ局関係者だったら

動物は一見表情がないようにも見えるが、よく観察すると実は意外と表情豊かであることは動物と接したことがある方はよくご存知だろう。無邪気にくるくる表情を変える姿はとても可愛いものだが、海外であまりにも表情豊かすぎるワンコたちを思わずテレビ局関係者風に擬人化してしまった写真が話題となっている。

続きを全部読む

中国人腐女子のイマジネーションがハンパねぇぇぇぇ!!  /  中国各省をイケメン化、しかもめちゃ勉強になる

腐女子とは、ボーイズラブをこよなく愛する乙女達のことである。日本のアニメ文化が伝わると同時に中華圏にも伝わった腐女子文化。すっかり現地に根付いているようだ。

今回、中国腐女子の皆様が暴走気味なのは、画像掲示板。中国の各省・地域のイケメンキャラ化が行われカップリングに二次創作と異常に盛り上がっている。

続きを全部読む

中国人が描いた擬人化地図「地図娘」  /  世界各国版もあるアルよ~

いっとき日本でもモノの擬人化・萌え化が流行ったが、先日中国で世界各国の地図の擬人化イラストがネット上で紹介された。

当初は線画のみの発表だったが、「これは面白い」と次々と絵師たちが名乗りを上げ、画像掲示板には美麗イラストの数々が発表され話題となっている。

続きを全部読む