大型スマホを操作するのに便利なグッズ「指のび~る」が海外メディアで注目の的!

2014年9月19日に発売されて以来、たった3日間で1000万台以上を販売したという iPhone6 と iPhone6 Plus。今までの iPhone との大きな違いは、なんといっても大きさだろう。厚さは薄くなったものの、画面が4インチ(約10センチ)だった iPhone5 に比べ、iPhone 6 は4.7インチ(約12センチ)と格段に大きくなっている。

そんな大型化が進むスマホに付いて回る悩みは、片手でタッチパネルを操作しにくいということだ。そこで、スクリーンの奥まで指が届かないという人のために開発された日本の商品、「指のび~る」が海外で話題となっているので紹介したい。

続きを全部読む