「技術」にまつわる記事

13世紀の建設方法で中世の城を復元するプロジェクトが壮大すぎる! 20年前に始まり6年後に完成予定

建築技術が進歩した現在では、ブルドーザーやクレーンを使用してラクラクと作業を進められる。しかし、そんな便利な重機や技術が存在しなかった時代は、全て手作業でコツコツと建設工事が行われていたのだ。

そんな、13世紀当時の建築方法で中世の城を復元するプロジェクトが、「壮大すぎる!」の一言に尽きるので紹介したいと思う。20年前に始まり6年後に完成する予定の城を見たら、ロマンを感じずにはいられないはずである!

続きを全部読む

言葉を話さない自閉症の少年が「最新技術を使ってコミュニケーションを取る」動画に感動! テクノロジーの在り方を考えるきっかけに

新しい技術が次々に登場する現代は便利になる一方で、ロボットの導入で人間が職を失ったり、ハッキングで個人情報が盗まれたりなど一長一短である。

そんななか、言葉を話さない自閉症の少年が、最新技術を使ってコミュニケーションを取る動画「Dillan’s Voice」が公開され、感動を呼んでいる。不可能を可能にしてしまう技術を目の当たりにすると、テクノロジーの在り方や長所を深く考えさせられてしまうに違いない。

続きを全部読む

【超絶動画】金属に浮かんだ文字が一瞬で消えるッ!! 新潟県の金型会社の技術がスゴすぎてマジでビビる

日本の職人の技術は、優れていると言われている。しかしどれほど優れているのか、テレビ番組などで紹介されると良くわかるのだけど、過剰な演出なんじゃないの? と疑いたくなる時がある。

本当にスゴイものは説明がなくても伝わるはず。最近ネット上であるクリエイターが、新潟県燕三条の職人さんの技術を、たった6秒で伝える動画を公開し、話題になっている。その動画を見ると、金属に浮かび上がった文字が消えてしまうのだ! 何コレ、どうなってんの!?

続きを全部読む

日産が開発した「手を叩けば自動で定位置に戻る椅子」が海外で話題! その技術に海外ネットユーザーから感嘆の声が!!

手を叩くだけで、電気を付けたり消したりできる照明が登場した時は驚いたものだ。次々と新しいテクノロジーが開発されるなか、海外でも人気が高い日本の自動車メーカー日産が「手を叩けば自動で定位置に戻る椅子」を開発した。

そのハイクオリティな技術に、海外ネットユーザーから感嘆の声が挙がっているので紹介したい。ビックリするほどおりこうさんな椅子は、動画「INTELLIGENT PARKING CHAIR / Inspired by NISSAN」で確認できるぞ!

続きを全部読む

30年前『未来に発明されるもの』を予言し的中させた科学者が「錠剤を飲んで言語や文学作品を学習できるようになる」と予言!

医療や科学、コンピューター技術といい、あらゆる分野で目覚しい発展を遂げている現代において、これから何が発明・開発されてもおかしくなさそうだ。そんななか、1980年代から “タッチパネル入力” といった数々の未来の発明について予言し、的中させてきた科学者が「30年後に実現するかもしれない驚きの発明」について語り、話題を呼んでいるのだ。

続きを全部読む

【神業動画】世界に散らばる7人の達人たち / マッサージ達人・パン達人・靴磨き達人など

素人には真似できない卓越した技術を持つエキスパート、それが「達人」だ。熟練した技の数々は見る者を魅了し、尊敬の念すら抱かせる。世界には、そんな様々な技術を持った達人たちが多く存在する。

そこで今回は、「世界に散らばる7人の達人動画」をご紹介したい。どの達人たちもそれぞれに熟練した技を披露しており、その華麗な技術はついつい見入ってしまうほどである。神業ともいえる彼らの腕前をとくとご覧いただきたい。

続きを全部読む

スマホを水没してしまう人に朗報! 驚異の防水技術が次世代機に搭載されるかも

携帯電話やスマートフォンを水没させてしまった経験はないだろうか。うっかり手が滑って、取り返しのつかないことになったという人も少なくないはず。そんな方に喜ばしいニュースが舞い込んできた。

先ごろアメリカで開催されていた世界最大級の家電トレードショー「2012 International CES」で、とある企業の防水技術が注目を集めたそうだ。その技術とは、端末のデザインを一切崩すことなく、水没しても機能を損なわない画期的な防水技術だ。この技術にサムスン電子の会長は驚きを隠しきれず、アップル社はすでに協議に入っているという。

続きを全部読む

まるで本物! ロボットが飛翔する姿が美しい

「鳥のように空を飛んでみたい…。」そう思ったことのある人は多いのではないだろうか。美しく優雅に悠々と飛んでいる鳥を思い浮かべ、この動画をご覧いただきたい。一見すると鳥が実に美しく飛んでいるのだが、この鳥は本物でもなくCGでもない。

続きを全部読む