「戦闘機」にまつわる記事

地上最速の乗り物はどれだ? F1・バイク・戦闘機などのドラッグレースで栄冠を勝ち取ったのはまさかの…

飛行機、車、バイク……いずれも現代人にとって欠かすことの出来ない乗り物だ。では、そのうち地上で最も速い乗り物はいったいどれなのか──?

全てを比べることは難しいが、今回は数ある乗り物の中から「戦闘機 vs 旅客機 vs F1 vs バイク vs EV vs スポーツカー」がスピードを競う大迫力のドラッグレースをご覧に入れたい。レースにエントリーしたマシンは次の通りだ!

続きを全部読む

本日12/24の17時頃から北米「宇宙防衛司令部」がサンタの追跡を開始! アプリで位置情報も確認出来るぞ!!

突然だが、「NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)」というアメリカとカナダの防衛組織が、クリスマスにサンタを追跡していることをご存じだろうか? しかもこのイベント、今から60年前に始まったという。 

さらに今年2015年は、なんとアプリでサンタの位置を公開するというのだ。さっそくアプリをインストールしてみたので、NORADの詳細とあわせてご紹介しよう。

続きを全部読む

【動画あり】戦闘機用の技術を応用したスマホ車載スタンド「HUDWAY Glass」が話題

スマホが普及した現代社会では、車を運転している最中に電話やメールがくるのは当たり前。でも、そこで画面に目をやると、前方から視界が逸(そ)れてしまい、超キケンだということは誰もが知っていることだろう。

「それじゃあ、カーナビを見るのも危ないんじゃない?」と思った方がいたとしたら、まさに正解。とにかく、運転時は前方に視界を置くのがマストなのである。そこで今回は、運転中の視線に関する危険を回避する為に開発された、話題のアイテムをご紹介したい。

続きを全部読む

【時速1600km】拳銃の弾丸よりも速い車「ブラッドハウンド」の動画が公開される / お値段たったの18億円!

突然だが、「スーパーソニック」この言葉の響き、イケてると思うのは筆者だけだろうか? 直訳すると『超音速』だなんて、響きだけじゃなくて意味もイケてるじゃねえかッ!! 

今まさに、そんな「スーパーソニック」な話題が世界を賑わせている。な、なんと……最高時速1600kmものスピードを誇る「世界最速の車」が開発されたというのだ! その速さは、拳銃の弾丸以上というのだから驚くしかない。

続きを全部読む

【コラム】まるで生きているかのようなパンツ「ピョン吉」のロングバージョン『ピョン吉長(なが)』は部屋着として最強! ただしひとつだけ弱点がある

遠い昔、通称「ピョン吉」こと、フィット感が最高すぎる “まるで生きているかのようなパンツ” を紹介した。その後もバリバリと着用し続けているが、ヨレる気配は一切なし。むしろ尻への締め付けはパワーアップしている今日このごろだ。このパンツは確実に生きている。いや……成長している!!

そんなピョン吉の兄貴分にあたるのが、通称「ピョン吉長(ぴょんきちなが)」である。ピョン吉よりもロング丈なので、今の季節にはもってこい! ということで今回は、ピョン吉長の最高な点と、唯一の弱点をお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【衝撃動画】見ているだけで恐ろしい! エアーショーで見せたF-16の超低空飛行があまりにスリリング!!

戦闘機によるアクロバット飛行などを間近で見られるイベントがエアーショーだ。イベントの性質上、見ているだけでヒヤヒヤする技が繰り広げられるのだが、そのなかでも「いくらなんでもヒヤヒヤさせすぎだ」という一幕が話題になっているので紹介しよう。

どこがどうヒヤヒヤものなのかと言うと、戦闘機の高度が低すぎるのである。「あと数メートルで人に衝突するぞ!」というレベル。スリルもエアーショーの楽しみの1つとはいえ、あまりにスリリングだ! YouTube の動画「Turkish F16 Really low landing at Waddington airshow 2014」で確認してほしい。

続きを全部読む

【衝撃クルマ動画】日本の軽トラに「戦闘機用ターボジェットエンジン」を搭載して走るとこうなる

ここ最近、軽トラがアツい! 小回りのきくコンパクトな車体、想像以上のパワフルな走り、積載能力もハンパなくて、なによりカタチが愛らしい。日本のみならず、世界中でも大人気なことは、以前「日本の軽トラを改造すると劇的にクールだと海外で再評価」という記事でもお伝えした。

そんな世界が注目する軽トラに、戦闘機用のターボジェットエンジンを搭載したらどうなるのか? その答えは、動画「Rolls Royce Viper 102 – Daihatsu HiJet run」を見ればよく分かるぞ。

続きを全部読む

中国河南省洛陽市で新型消防車が公開された。消防車の荷台には巨大な筒が備え付けられている。実はこれは、中国消防が誇る新兵器「ウォーター・バズーカ」である! その名の通り、発射口からすさまじい勢いの水を発射させ、消火活動を行うのである。バズーカ砲の旋回可能範囲は360度。強力な消防車両の登場に消防官たちも、驚いているという。

続きを全部読む