「成績」にまつわる記事

【実話】通信簿がオール1だった私でも何とかなった理由 / 母が語りかけ続けた「魔法の言葉」とは

あなたは「オール1の通信簿」を見たことがあるだろうか? 私、P.K.サンジュンは……ある。というか、小学校2年生まで私の通知表はずっと “オール1” であった。お恥ずかしながら当時はオール1の意味もあまりわかっておらず、ただヘラヘラしながら通知表を母に手渡していたように思う。

あれから約30年──。現在ではライターとして文字にまつわる仕事をしているが、おそらくあの頃の私や周囲の人に「大丈夫、サンジュンは何とかなる。普通に仕事してるよ」と告げたところで誰も信じないハズだ。ただ1人、母を除いては──。

続きを全部読む

数学が苦手な息子がまさかの好成績で父歓喜! ハンパなく喜ぶ姿に「最高の父親」だと絶賛の嵐が起きる

あなたに関することで、あなたの父親が今まででいちばん喜んでくれたことは何だろうか。生まれた瞬間、父の日にあげたプレゼント、就職、結婚……。それぞれに父親が泣いて喜んでくれた経験があるだろうが、イギリス人のある少年にとっては学校の成績がそのひとつだったようだ。

動画『Loving Dad Has Heartwarming Hysterics Over Son’s Report Card』に、とらえられているのは、息子の数学の成績表を受け取った父親の姿。数学が苦手な我が子が、まさかの好成績を収めたことを知った瞬間の彼の反応に、いま海外では「最高の父親」だと絶賛の嵐が巻き起こっているのだ。

続きを全部読む

定期試験が楽しみになる!? 結果発表をスクラッチカード式にした大学

定期試験、特に期末試験は気が重い。試験期間が終わったからと言ってまだ解放されることはない。試験に受かれば天国、落としたら休み返上の補習が待っている。「まぁ落ちることはないだろう」と思っていてもやはり緊張は残るものである。

海外ではそんな学生の心理的負担を減らそうという試みが始まっている。試験結果の発表をスクラッチカード式に、プレッシャーではなくワクワク感を楽しんでもらおうというのだ。

続きを全部読む

諦めちゃダメ! IQは10代以降でも大きく変わることが判明

これまで子どもの頃のIQ(知能指数)は、生涯を通してあまり変わらないと考えられてきた。しかしロンドンの研究機関が行った調査によると、10代後半でもIQは大きく変化するという。

現在、入学時にIQテストを行い、結果をその後の学力の予想基準としたり、クラス編成を行っている中学校もある。この調査結果を受けて、そういった制度も今後撤廃されていくかも知れない。

続きを全部読む