現役エンジニアが『情報オリンピック』の過去問題に挑戦! 解答できたらどこでも通用するスーパーエンジニアになれるらしい

1989年にブルガリアで第1回が開催された、『国際情報オリンピック(International Olympiad in Informatics, IOI)』。これは高校生までの生徒を対象に数理情報科学の問題解決能力をもつ生徒を見出し、その能力の育成を助け、また、各国の選手・教育者同士の国際交流を図ることを目的として催される大会である。

そしてその国際情報オリンピックに出場する選手を決めるのが、日本情報オリンピック(Japanese Olympiad in Informatics, JOI)だ。ここで国際情報オリンピックに派遣される、日本代表選手が決められている。

続きを全部読む