「後書き」にまつわる記事

【黒歴史】『うしおととら』藤田和日郎先生の意外な過去が判明 / あるいは、人生の数奇さについて

文豪のマンガバージョンである漫豪。マンガ家を描いたアニメ『かくしごと』の造語だが、そこに例として不二多勝日郎(ふじた かつひろ)というキャラが登場する。これ思いっきり、藤田和日郎(ふじた かずひろ)先生やん

『うしおととら』や『からくりサーカス』などのヒットを飛ばし、現在も少年サンデーで『双亡亭壊すべし』を連載している藤田先生。すっかりダークファンタジーの巨匠だが、そんな藤田先生の意外な過去が判明したためお伝えしたい。

続きを全部読む

【衝撃】サラリーマン金太郎の本宮ひろ志先生が “大人買いしたもの” がヤバイ

マンガ界に大御所は数いるが1つの系譜を持つのが本宮ひろ志先生だ。『サラリーマン金太郎』や『俺の空』などの自身のヒットはもちろん、『男塾』の宮下あきら先生や『聖闘士星矢』の車田正美先生、『まじかる☆タルるートくん』の江川達也先生なども、元は本宮先生のアシスタントだという。

まさに木の幹。しかも、ドッシリした大樹である。そんな本宮ひろ志先生が大人買いしたものがヤバかった

続きを全部読む

【コラム】今週のヤングジャンプ後書きに見る本宮ひろ志先生の「圧倒的男らしさ」

マンガ雑誌の主役は言うまでもなくマンガだ。ただ、作者が自身の言葉で綴っている後書きも結構面白い。たまに意外なことが書かれていたりすることもあるからだ。

逆に、作風からイメージする通りの後書きだったらそれはそれでテンションが上がる。私(中澤)は、今週のヤングジャンプ2020年28号の本宮ひろ志先生の後書きに笑ってしまった。

続きを全部読む

『ワンピース』尾田栄一郎先生が戦闘を描く時に参照しているサイトとは? 尾田先生「本当に重宝してます」

迫力の戦闘シーンが見せ場の1つであるマンガ『ワンピース』。私(中澤)は、読み切り「ロマンスドーン」が少年ジャンプに掲載された時、リアルタイム読者だったが、戦闘コマの視点のダイナミックさに衝撃を受けたことを覚えている。素人の中学生がそんな感想を抱くくらいだから相当新しかったのではないだろうか。

そんなワンピースも連載23年目。登場キャラも多く、バトルはより壮大に複雑化して戦争みたいになっている。こういった戦闘が始まった時に尾田先生が重宝しているサイトがあるのだとか

続きを全部読む