「彫刻」にまつわる記事

「ホラーだ」と騒がれたクリスティアーノ・ロナウドの銅像 → 制作者が1年越しにリベンジしたらこうなった!

世界中で絶大な人気を誇り、プロサッカー選手としての才能だけでなく、完璧なルックスで女性ファンを虜(とりこ)にしているクリスティアーノ・ロナウド。そんな彼の故郷であるポルトガル・マデイラ島の空港は、2017年3月に「マデイラ・クリスティアーノ・ロナウド空港」に改名され、その記念にロナウドの銅像が制作された。

ところが、出来栄えが酷すぎたことで、海外では「コラ祭り」が勃発するほど騒然。評判はとにかく散々だった。あれから1年……なんと銅像を作ったアーティストが再び制作にトライした結果がお披露目となった。

続きを全部読む

【世界初】サントリーが「氷の3D彫刻」でウィスキー・オン・ザ・ロックを華麗に演出! 氷でできた金閣寺の精巧さにビックリするぞ!

お酒が大好きな人は、自宅で晩酌する時にお酒の味が薄くならないように、溶けるのが遅い大きめの氷で飲んでいるかもしれない。お酒になくてはならない存在の氷だが、最後には溶けてしまうものなので、サイズは気にしても形まで心を配る人は多くなさそうだ。

だが、サントリーが公開した動画「SUNTORY WHISKY 3D on the Rock」では、コンピューター制御の切削工具で氷を削った金閣寺が、ウィスキー・オン・ザ・ロックを華麗に演出!! こちらの動画については過去にも紹介したが、そのあまりにも繊細で美しい出来栄えが海外で大きな話題を集めているのだ!

続きを全部読む

時空が歪んでいるみたい! 誰もが3度見せずにはいられない摩訶不思議な「ぐにゃぐにゃ」キャビネットを発見ッ!

「おや? わたし眩暈でもしているのかしら、この家具、なんだか歪んで見えるんだけど…….」

いえいえ、決してあなたがどうかしてしまったわけではありません。イタリアの建築家、そしてアーティストであるフェルチオ・ラビアーニ氏が手掛けた1台のキャビネットは、そもそもこういう形状。まるで時空が歪んでしまったかのようなかたちをしているのです!

続きを全部読む

ぎょえぇ、こっちこないでぇ~!! 巨大蜘蛛のように動き回るレゴの「歩く家」がキモ怖すぎる!

一見、レゴでできた巨大な家らしきもの。スチームパンク風のその家には、誰もが驚くであろう、ある秘密があるのですが……。

ご紹介するのはデザイナー、ジェイソン・アレマン氏によって制作された、レゴでできた「歩く家」! そうです、この子、リモコンひとつで歩いちゃうスンゴイヤツなんです!

続きを全部読む

ぎゃーっ! こ、こ、こっち見ないでーっ! 緻密過ぎる木の彫刻がリアルすぎてちょっぴり恐怖

誰もいないはずなのに、なぜだか視線を感じる……。

振り返るとそこには、まるで魂が宿っているかのようなリアルすぎる木の彫刻が! ぎゃーっ! こっち見ないでーっ!

こちらを手掛けたのは、イタリアの彫刻家Nino Orlandiさん。驚くべきことに独学で彫刻を学んできたという彼の作品には、繊細さ緻密さ、そしてリアルさが共存しており、見る者の心を必ずや鷲掴みにしてしまう力があります。

続きを全部読む

本当に生きてるみたい! 「空想の生き物」に命を吹き込んだ彫刻品がくそカッコエエ!!

夢を見させてくれるある彫刻品が、海外のネット上で話題になっている。

アラスカの彫刻家Wood-Splitter-Leeさんが作ったその話題の作品とは、ズバリ! 空想の生き物をかたどった彫刻品である! 鮮やかな青い毛に包まれ、巨大な角をかかげる生き物や、炎のような美しい赤毛を持つ生き物など、その姿にはさまざまなファンタジーと夢が詰まっている。そしてなによりカッコイイ!

続きを全部読む

巨大な砂の彫刻世界大会/凄腕のプロが作りだすアート作品がスゴイ!

砂を使って様々なモノを創りだす第25回サンドアート(砂の彫刻)世界大会が、アメリカのワシントン州で開催されています。期間は8月18日~9月5日。5日の本日は、いよいよ優勝者が選出されるのですが、その前に去年の優秀作品をおさらいしておきましょう!

続きを全部読む